FC2ブログ

駆逐艦「雷」の英兵救出が知られたのはいつなのか

今は有名になった駆逐艦「雷」の英兵救助の物語だが、ちょっとばかり疑問がある。それは、90年代になってj初めて日本人が知ったと、大概の記録でなってるのだが、私は以前から知っていた、と思う(笑)。

ちょっとはっきりとは覚えてないのだが、70年代じゃなかったのかなあ。当時戦記物の月刊雑誌だった「丸」でよんだ。特に感動物として読んだのではなく、たんなる1ストーリーとして読んだ。私は読みながら、こんな話は普通にあったのかなあと思っていた。おそらく、こういう「普通にあったのかなあ」という感想が根拠になるのではないのか。もし、サムエルフォール氏の本から来たものだだったなら、そんな風に思うはずはないから。それなりにありえないことが起きたと受け取ったはず。

実は以前「映画「永遠の0」で描かれた特攻」という文を書いたときもこのエピソードを書いていた。その時点では、サムエルフォール卿の事は知らなかった。ごく普通の認識として書いた。他の、ハワイ攻撃で被弾して基地に突っ込んだ航空機、あるいは、珊瑚海海戦で、燃料切れで帰れなくなるのを知ってて味方機を敵空母まで誘導した偵察機と同様に、一つのこの大戦における常識として。そしてその時点では、どちらかというと、否定的であった。危険すぎるから。自分がその立場なら、多分その手はとらない。帰り道を見失った味方機でも放置して帰るのがこの時期の作法だったのだ。

もちろん、外れてる可能性はある。そこから来たj話を取り違えてる可能性。しかし、60年代70年代というのは、実は戦中の人はかなりいたのだ。だからどこかに知ってた人はいたのかも。まあ、「雷」は工藤中佐が交代したあと。撃沈され全員なくなったらしいが。

、以前のページ → ページ







スポンサーサイト



テーマ : 軍事・安全保障・国防・戦争
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kifuru

Author:kifuru
FC2ブログへようこそ!
元のHPは"kifuruの長文系ページ"、http://kiyo-furu.com (政治詩文関係)と ”kifuruの写真音楽系ページ http://www.kiyo-furu.sakura.ne.jp/(写真音楽関係)に移転しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR