FC2ブログ

参院選の結果

参院選結果について

今回はほとんど各種世論調査の予測通りで、まあ、見てて面白いものとは言えなかったが、与党の勝利、弱小野党の壊滅的敗北、いわゆる第3極の伸び悩みと内部混乱と、まあ良い結果ではあった。

取りあえず、安倍首相はやりたいようにやって欲しい。その方向が現状の日本にとってベストとしか言えない。TPPや増税など微妙な問題もあるし、改憲や対中韓の問題については、妨害勢力が最後の抵抗をしてくるだろうが、戦後日本からの真の脱却の為には、軋轢はやむを得ない。

米軍が日本の手足を縛るために作った意図があからさまな九条を、宝のごとく信奉する連中が未だにいるのは、おかしな事ではある。信じてる善男善女?には悪意はないのかもしれないが、それをリードしてる連中は間違いないく、日本周辺諸国の意向を受けている。かつて社会党やべ平連にソ連辺りから金が出てたって話もあるし、実際にサヨク政治家達がスパイとして使われてたという記録がソ連崩壊後表面化している。

また、サヨクマスコミも、GHQが戦後日本を支配するためにやらせた戦前の日本否定の方針(War Guilt Information Program、江藤淳氏の「閉ざされた言語空間」などの3部作に詳しい)を未だに受け継いだ反日偏向の編集をしている。そして、その方向性に沿った発言をしてくれる中韓のために必死に世論工作をしている。日本が戦った主敵である英米蘭露仏などはもはや何も言ってないのに。やはり上層部、あるいは背後の勢力は、とりわけ中国の指示で動いてるのだろう。オスプレイ反対運動は、その典型である。

たかが輸送機をなんでそこまで反対するのやら(笑)。もしかしたら災害の時に助けてくれるかもしれないじゃないの(笑)。戦闘機や爆撃機ならわからないでもないが。人を殺す軍隊はいらない、とか、軍隊は市民を守らない、とかいつも言ってる言葉にそれらは合致している。しかし、輸送機は違うだろう。尖閣諸島まで沖縄の基地から兵員や物資を空輸できるのが、よほど中国様には都合が悪いらしい。艦船による輸送よりは圧倒的に速く安全だからね。これに比べて、敵地侵攻能力を持つ最新鋭の戦闘機F22が来た時には大した反対運動は起きなかったのに、おかしな話な事だ。踊らされてる連中もいい加減、変に思わないのかね。

最近も、沖縄タイムズが、オスプレイ反対のためにシンポジュームのようなものまでやっている。いかにオスプレイが不要かを、米軍に教えてやっているらしい(笑)。オスプレイの代わりに艦砲射撃だとか(大笑)。大和級でも作るのか。

ま、とにかく、戦後は全く終わっていない。安倍さんに期待するしかない。



※ 参院選でよかった事

1.民主党が急減していること・・・・ま、これは当たり前。詐欺政党は早急に消えて欲しい。

2.生活、みどり、社民などが壊滅したこと・・・・とりわけ、小沢の失墜は、日本にとって何よりのプレゼントだろう。こいつが政治を混乱させたこの20年と日本の失われた20年はほぼ重なる。それに因果関係があるかどうかは分からないが。また、小沢は幾つもの政党を作っては壊したわけだが、政党を作るのにかかったはずの多額の資金はどこから出てたのか。それが湾岸戦争(90年)に日本が出した1兆円からのキックバックが絡んでるかどうか知らない(笑)。(これほど政党を作っては壊しした人は他にいない。あの大金持ちの鳩山でさえ一回だけだ。新党を2回以上作った人がいるのかどうか思いつかない。この事はもっと注目されていいはず。マスコミは反自民の側の勢力に対しては徹底的に甘いから、全く追及しないが。金額的にも小沢と比較にならなかった松岡氏の政治資金問題に対しては自殺にまで追い込んだというのに。)

こいつはかつて奥の院にいて、歴代の首相を顎で使ってたわけだが、それが突然「日本一新」なんてキャッチフレーズで表に飛び出した。自分が作ってきた日本の政治を一新しようとしたのか(笑)。意味不明だ。自衛隊の指揮権を国連に渡すとかも言ったし。ロシア、中国が拒否権を持つ国連に、日本の軍隊を指揮させるとか、どういう思考回路をしてたらそんな発言が出るのやら。

世間は、菅鳩を酷い首相だというし、私も勿論そう思うけど、小沢がやってたらどうなってたか。想像を絶したはず。何しろこいつは、政権を取った途端に、議員140人を引き連れて胡錦涛に参詣にいったのだ。握手会と写真取りに(笑)。また、憲法で認められた請願権に介入する形で、陳情は全て民主党の幹事長(つまり自分)を通せと言ったのだ。ただの私党を窓口にしたのだ。無茶苦茶な話ではないか。あの共産党も憲法違反だと抗議した。目的は利権あさりだろう。岩手は完全に押さえているらしいし。全国に拡げようというわけだ。凄まじい話だ。

こいつはまた、国からの地方交付金を今行われてるような案件ごとに計算して渡すのではなく、地方自治体に一括して渡せとも主張した。この自治体には何十億、こちらには何百万とかって具合だろう。代表戦での主張だったから、総額を決めるのは、首相になったこいつである。自分の利益や中国の利益の為に、好き勝手に決めただろう。地方は完全に支配されただろう。尖閣諸島も間違いなく今の状態にはない。日本はきわどく最悪の事態を交わしたと思う。この民主党代表選で小沢が勝ってた場合の日本は今どうなってるだろうか。菅は菅で、原発事故への介入で東北を悲惨な目に合わせたが、小沢の方が災いは大きかっただろう。

思い出したが、あの代表選の立候補演説を、こいつは、「私には夢がある」という言葉で始めた。あのキング牧師の有名な演説の真似である。恥ずかしいというより情けない気持ちで一杯になった。こんなのが日本の首相になるのかと。キング牧師は、当時人間扱いをされていなかった黒人の一人として、差別の無い社会を、恩讐を乗り越えて築く事を夢見て言ったのだ。虐げられた側からの発言だからこそ意味がある。しかし、こいつは何なのだ。自民党、新進党、民主党と裏で人事と金の実権を握り、表には出ず(大臣も一度しかやらず)、政治的行為や発言で批判される事を免れ続け、国会にはろくに出席せずに、利権と選挙だけの「政治」活動をやってきて、70近くなって「夢」を語るとは。そんなものがあったなら、とっくに出来てたはずだろう。そもそも、こいつが国会の各種委員会で発言したのを聞いた記憶がない。民主党の代表になった時の党首討論ぐらいだ。あの時期の民主党は、政府の足を引っ張る事しか頭に無い、今まで見た中で最悪の野党であった。何しろ、リーマンショック対応の為に自民が出した補正予算案を全て拒否し、やむを得ず民主党の予算案を受け入れて通そうとしたら、それまで拒否した。こんなのをトップに抱いた、当時民主に在籍した連中を許してはならない。

こんな奴の政党にも今回の参院選で、比例区で100万近くの投票があった。衆院選の340万からは激減したとはいえ、まだ入れる人がいるとはね。あの衆院選後の未来の党の醜悪な解散会見で、嘉田を晒し者にしたのを見ていなかったのだろうか。まあ嘉田も相当なもんだが、あんな仕打ちはないだろう。しかしまあ、ミコシは軽くてパーが良い、とはよくぞ言ったものだ。政策などどうでも良いって公然とバラしてる発言ではないか。急に唱えだした反原発も、ただのミコシの付属物に過ぎない。ま、あの時はミコシにもならなかったが。

3.第3極が伸び悩み分裂に向かっていること・・・これも大きな事だと思う。勿論民主党も含んで。是非分解して欲しい(笑)。橋下の不用意な発言や、渡辺の身勝手な行動は有害無益だ。橋下は演説を聴きにいったりしてある程度は期待していたが、あの慰安婦発言はあまりにも不用意だった。韓国との間には賠償問題は、「完全にかつ最終的に」終わってることを意識していないみたいだし、慰安婦問題が80年代になって急に出てきた事の意味が分かっていないような印象を受ける。あれは、日本攻撃のための材料に過ぎない。最初からまともに相手にしてはいけない種類のイシューなのだ。何か良心的な対応を見せることが頭にあるようで、頂けない。リベラル風味、良心的政治家のポーズは危険だ。あれは論外な話なんだから。このブログにも書いているので読んで欲しい。

4.三重や宮城での勝利、とりわけ岡崎トミ子が落ちたこと・・・言うも愚かではあるが。

5.東京選挙区で山本太郎が民主候補を押しだした事(笑)・・・民主が増えるのよりはよほどまし。無所属一人には何もできない。



※ 良くなかった事

1.沖縄で取れなかった事・・・残念ではあった。やはりストレートに自民の主張を言う方がいい。

2.維新が伸び悩んだ事(笑)・・・上とは矛盾するが、やはり右よりの野党は必要。是非分裂して成立して欲しい。

以上


(8/2追記)
沖縄で当選した糸数が、参議院の副議長選で、二重投票したらしい。産経ニュース

なんだか、頭がおかしくなりそうだ(笑)。こんな恥知らずな人間が議員になり、地域の代表のような態度を取り、当選した第一声で「オスプレイ反対」とか言っている。しかも政党助成金などで、一人あたり数千万から億の税金を使っている。もう一人は、社民の又市とか(笑)。なんなのかね、日本のサヨクの腐り様は。よくもあんな公的な、これ以上にない公的な場でこんな事をしようと思うもんだ。もう一人いるらしいが、どうせお仲間だろう。しかしマスコミは全く追及しない。かつて自民党の議員が、隣の議員に投票ボタンを押すように頼まれて押したケースでは、議員辞職にまで追い込んだのに。いつもの事ではあるが。





スポンサーサイト



テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kifuru

Author:kifuru
FC2ブログへようこそ!
元のHPは"kifuruの長文系ページ"、http://kiyo-furu.com (政治詩文関係)と ”kifuruの写真音楽系ページ http://www.kiyo-furu.sakura.ne.jp/(写真音楽関係)に移転しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR