FC2ブログ

カスバの女、恨み節

”カスバの女”、1955年の歌らしい

歌詞の内容からして外人部隊とかの洋画からとったのかと思ってたが、関係ないらしい。作曲者なんかがかってに歌詞をいじって付けたとか。まあ、色々と歌詞には突っ込み所はある。
まず、カスバには、特に特殊な意味ないとか。単なる街区の意味とか。
アルジェリアを”地の果て”とか言うのもちょっとなんだかなあ。地中海の向こうで、ずっとフランスが植民地にしてたところだし。しかし、まあ、ものを思わせる歌詞ではあって、なかなかいいなあ。

55年にはほんと売れなかったらしい。60年代に各社共作でうれたとか。

キム・ヨンジャはうまいなあ。

しかし、高音がきついなあ。

日本代表か。



”恨み節”は1973年。

かっちょいいなあ(笑)。

この歌では、ブルガリアのこのひとは外せない。

ブルガリアは、ブルガリアンボイスって言葉があるように、歌い方が独特なようだ。遊牧民族のようだが、アジアンテイストが入っているのか。いままでも何度か取り上げたが。コブシが見られるようだ。
日本人が歌うのとほとんど変わらない。

十代らしい。アルメニア出身のロシアン。



スポンサーサイト



テーマ : 女性アーティスト
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kifuru

Author:kifuru
FC2ブログへようこそ!
元のHPは"kifuruの長文系ページ"、http://kiyo-furu.com (政治詩文関係)と ”kifuruの写真音楽系ページ http://www.kiyo-furu.sakura.ne.jp/(写真音楽関係)に移転しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR