FC2ブログ

「ネトウヨ」考(3)・・・日本の野党は既に死んでいる

日本にだけ、サヨクが残ったと書いたが、これは表向きの話である。
すでに、彼らは死んでいる。本人たちが死んでいるのを知らない。死んだのは、2017年10月あたりである。理由は以下の三点。

☆総選挙で候補者を出さない

このころ、選挙があるんで色々やってるんだなと思いながら、あまり気に掛けていなかった。で、あるとき聞いてたら、なんと当時の野党第一党の民進党が、候補者を一人も出さず、全員希望の党の候補者として立候補すると聞いて、あまりの異様さに驚いた。これほど驚いたことは、なかっただろう。少なくとも政治関係で。このブログの395から403辺りで書いている。野党第一党が出来たばかりの政党に乗っかる、というありえない状況であった。

まあ、狙いとしては、のちに民進党に戻れるようにするということなんだろうが、くだらない話である。この話を出したのは、多分小沢、それに前原が乗った。もうこんな事をするだけで、彼らに政治家の資格はない。ま、それ以前に小沢は数々の犯罪行為をやってはいるが。もう思い出すのお恥ずかしい話だ。こんな連中が政治家だって。は、あきれたもんだ。

☆謎のモリカケ騒ぎ

さらにこの頃から、例のモリカケ騒ぎが始まっていた。一体これはなんだったのか。私はさっぱり分からず、自分が馬鹿になったのかと思った。しかし、延々と議論だけが続き、2年近くやって終わった(らしい)。一体何だったのか。何に犯罪性があったのか。なんだか、お友達がどうしたとか言ってたが、お友達かどうかが犯罪や汚職の要件になることはないだろう。大体は金が動いたかどうかだ。しかも、問題にされた内の一人は、反安倍の勢力に担がれてるっていうのに。反安倍になるだけで、メディアの覚えがめでたい(笑)。この件でおかしいのは、問題を追求してた議員が、自信満々だったこと。なにか決定的に安倍政権を追い詰められると信じてたらしい。それが不思議なのだが。

☆枝野の保守本流宣言

当時、枝野がウチラが保守本流だと言っていた。これこそが、彼らがもはや野党ですらない、というはっきりした証拠である。要するに、攻撃の対象が見失われた、あるいは、体勢がどこを向いてるのか分からなくなっているのだ。空中に投げ出された状態。一体なんなのか、ってレベル。まあ、これも当然。もともとが、左翼ってのは、日本攻撃のためにのみ存在した。彼ら自身がそういう方向を信じたのだ。日本では、白人の言うことを絶対視する人たちがいる。しかし、その白人の勢力も共産主義諸国ももはや存在しない(東亜は除く)。今外国に目を向けても、仲間になってくれそうなのは、韓国ぐらい(笑)。まこれは笑い事じゃなくて、実際に野党系の韓国詣では盛んだ。共産党から鳩山まで(笑)。


野党は今後どうするのか。最近じゃ、八ッ場ダムや川の堤防の必要性が再確認されたり、あのデタラメ集団の嘘が暴かれている。とにかく、政権を任せてもどうしようもないのだ。菅直人なんかは、中国のトップとの対談で、ずっとメモを見て話してたし(笑)。なんなのよ、これ。まともにまかせることはできないのだ。日本人はよく見ている。見てないやつもいるが(笑)。まあ、見てるのが一定程度いればいいのだろうけど。


☆サヨクの「構造」

サヨクってのは、どんな人がなり、頭の中はどうなってるのか。まあ、こんなことは他者が分かることではない。あくまで想像の中のこととなる。
まず、日本のサヨクと諸外国のサヨクは違うのだろう、という気がする。多分違う。

以下日本サヨクの特徴

・サヨクは他の日本人を下に見ている。
・サヨクは自分に絶対的な自信がある、あるいはそう見せてる。
・サヨクは白人には抵抗しない。
・サヨクにとっての未来は欧州が進む方向、過去は日本他にある。
・多分だが、脱原発、二酸化炭素問題、LGBT、反捕鯨問題などのいずれか、あるいは全部に賛同している。
・サヨクは実はかなり単純な人たちのようだ。

もう過去のことだし(笑)、どうでもいいッちゃ、どうでもいいんだが。しかし、この連中が戦後の日本史東洋史世界史を歪めてきたのをそのままにするわけにはいかない。ケリを付けて、政界や学会から引っ込んでほしい。それが最低限の義務だろう。

基盤にあるのは、日本が太平洋戦争で負けたという事実。かれらはここから「のみ」出発する。日本は負けた、西洋が勝った。西洋が正しい、と思った。この事の結果として、彼らは、日本の過去に於ける罪を追求するのだ。有名な南京事件、慰安婦問題他。さらにさかのぼって、日清日露まで。

日論戦争なんか、戦争史においても極めてまれな、一方的な勝利である。あらゆる戦いで日本は勝利した。さらにロシアでは、第一次革命と言われる革命騒ぎまで起きた。もうぐたぐただったのだ。そして13年後あの革命が起きる。日本のせいである(笑)。

ところが、この連中にかかると、借金をずっとあとまで返していた、ロシアがその気を出せば負けていた、とかいう。とんでもない話だ。ロシアに可能性は全くない。ロシア艦隊が破れて、どうするのか。日本側に負けはないのだ。






続く
スポンサーサイト



テーマ : 日本を正常な国に戻したい
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kifuru

Author:kifuru
FC2ブログへようこそ!
元のHPは"kifuruの長文系ページ"、http://kiyo-furu.com (政治詩文関係)と ”kifuruの写真音楽系ページ http://www.kiyo-furu.sakura.ne.jp/(写真音楽関係)に移転しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR