FC2ブログ

韓国の異常事態の底には、「漢字廃止」か?

韓国が今、大変な状態のようだ。
日本が韓国をホワイト国から外すといっただけで、戦争だ、第二の独立だ、五輪ボイコットだ、などと攻撃しまくってる。アホらしいとしかいえない。他のアジア諸国と同じ待遇にするのに、なにを言ってるのか、もはや理解の外。

まあ、こういう反応は連中ならやるだろう。好きにさせればいい。問題は、そういう思考をもたらしているものなんだが。
これって、もしかして、漢字放棄したことに関係があるのでは、というのが私の想像。まあ、もともとそういう民族だったかもしれんが。

韓国は、1970年に漢字使用を廃した。当時10歳だとしたら、今は約60歳。社会の全体が漢字使用の機会を得ていない。これが、何かをもたらすのではないかと思っていたから、丁度自分的にはひょっとしてと思ってしまった。放水と防水、数学における、指数と素数。これらが同じ発音、表記になるらしい。それって、ちょっと問題あるだっろう。その先に考えが進むのか。

以前、列車事故だったかで、説明書にあった放水と防水が読み間違えられたのだろうという推測があった。指数と素数なんて、お互いが絡むケースがよくある。そんな時どうしてるのだろう。英語に直したり、一時的に漢字を使うこともあるのかもしれない。しかし、日本人なら使い分けられても、彼らにできるのか。素の意味がすぐにわかるのか。言葉というのは、箱のようなものだろう。それは他とはっきりと区別がされなくてはいけない。全く外見が同じなら区別のしようがない。

自分がそういう立ち場に置かれたら我慢できない。すべてがひらがなで書かれていて、それらの言葉が区別できない。それで何ができるのか。なあんもできないと思うんだが。自分で考えが進められるのか。もはや客観的な判断なんかできないのでは。誰かが言った言葉を復唱することしか。このコトになんもおかしいと言わないのか? 理解できない。

まあ、いくらんでもこの2つを結びつけるのは性急すぎるとは思うが、以前の韓国がまだましな部類だったからね。軍事独裁政権の方が遥かにマシだった。今のフィリピンみたいなもん。軍人にはリアリズムがある。これが最低限のシバリになっていた。

あと、漢字j廃止した国に、北朝鮮とベトナムがある。北朝鮮は、まあ、なんだか知らんがもともとおかしいから、漢字廃止の影響かどうかはしらない(笑)。48年とか、建国以来から。共産主義という論外なシステムだから、議論の外かな、

ベトナムも戦後から正式に漢字を廃してる。しかし、こちらには、六声という、弁別の手段があるらしい。中国語系統だから声の調子で単語を使い分ける。だから他とは一緒にはできない。

しかし、まあ、戦後の欧米化時によく漢字を守ってくれたものだ。それにはほんとに感謝ではある。
スポンサーサイト



テーマ : 無法国家-韓国
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

ヨーロッパ語は、意外に区別されてるなあ、って感じはしますね。
ギリシャ語系統がいいアクセントになって区別しやすのかもしれません
まあ、それよりも、朝鮮語はどうしてるのか、とても気になるます(笑)。
中国語からの借用語が7割とか言われていて、それを音だけで表しているんだから、ちょっと無理じゃないのかって気がするけど。
自分ならとても絶えられない。自分で意味を考えてなんて事はできない(笑)。面倒だから誰かが言ったことを繰り返すとか。

実際、韓国人は妙なところがあります。
最近の例では、あの旭日旗に対する反感です。
あれ始まったのは2012年だっか、サッカーの試合がキッカケですね。
あれ以来、世界中の日光模様にケチつけてますからね。
私も、ちょうどその頃youtubeでいきなり言われてナンのことかわかりませんでした。
それ以前は全く問題にしてなかったのに、いきなりですからね。
問題にしていなかった事自体を忘れてるらしい。
こういうのは、ちょっと病気のタグいではないでしょうかねえ。

No title

たしか韓国は成人読解力テストでOECD最下位クラスでしたね。アルファベットは表音文字だけど、多くのヨーロッパ語は接頭辞、接尾辞、シラブルにラテン語由来の意味を持たせて、ある種表意文字的な機能も持ってる。漢字語を排したウリマルだけだと、そりゃ馬鹿になるしか無いかなあ。
プロフィール

kifuru

Author:kifuru
FC2ブログへようこそ!
元のHPは"kifuruの長文系ページ"、http://kiyo-furu.com (政治詩文関係)と ”kifuruの写真音楽系ページ http://www.kiyo-furu.sakura.ne.jp/(写真音楽関係)に移転しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR