FC2ブログ

木曽路、3日ほどの(3)

3.妻籠宿

翌日、南木曽(なぎそ)駅からバスで妻籠(つまご)宿へ。ここはそんなに規模は大きくないが、なかなかまとまってた。
まあ、一番思い出深いのは、蕎麦が美味かったこと(笑)。まじで美味かった。人が並んでる店があったので私も何気なく並んだのだが、美味かったなあ。蕎麦の香りをあれほどかいだことはなかったかな。私は旅行に行くと、蕎麦が食いたく成る。理由はわからない。うどんは嫌いではないのだが、旅先では食いたくない。なんでかなあなんて思ってたら、某TV番組である言葉を聞いた。

”うどんは空腹を満たすもの、蕎麦は心を満たすもの”。うーん(笑)。出来過ぎ(笑)。

しかし確かにこれに近い感覚はあるのだ。そばを食うまでにはかなりの人手をかけたはず。まあ、うどんもそうだろうけど、なんだか掛け方が違う気が。人手が恋しくなるのかしらん。旅先で蕎麦が食いたくなる、この理由はなんなんだろう。まあ、とにかくここに限らず蕎麦は良かった。

妻籠宿、本陣。最近になって復元されたもの。島崎藤村の実家だったとか(間違い、藤村の母の生家。藤村は隣の馬籠宿生まれ)。
tumaDSC03313.jpg

脇本陣。いろんな資料があった。
tumaDSC03308.jpg

その内部
tumaDSC03321.jpg

併設された資料館にあった、林ゆふ、の絵。藤村の初恋の人。
tumaDSC03325.jpg
まだあげ初めし前髪の
林檎のもとに見えしとき
前にさしたる花櫛の
花ある君と思ひけり

やさしく白き手をのべて
林檎をわれにあたへしは
薄紅の秋の実に
人こひ初めしはじめなり

tumaDSC03319.jpg

tumaDSC03310.jpg

tumaDSC03307.jpg

スポンサーサイト



テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kifuru

Author:kifuru
FC2ブログへようこそ!
元のHPは"kifuruの長文系ページ"、http://kiyo-furu.com (政治詩文関係)と ”kifuruの写真音楽系ページ http://www.kiyo-furu.sakura.ne.jp/(写真音楽関係)に移転しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR