FC2ブログ

珈琲焙煎日記 ハイチ ブルーパインフォレスト

ハイチ ブルーパインフォレスト 130グラム ハイロースト辺り

ハイチは森林面積2%以下、岩山ばかりの国らしい。よく同じイスパニョーラ島の東半分にあるドミニカ共和国の緑の多いのと比較される。僅かな森林には固有種のイスパニョーラパインという松が生えているらしい。最貧国の一つでもあり、しかも最近の地震によって20万人も死んだとか、悲惨な国である。コーヒーはここの南東県にある、Belle-Anse や Thiotteという町の周辺で取れるらしい。標高1000m前後辺りとか。

かつて18世紀後半には世界のコーヒー生産量の半分を産するほどだったらしいが、販売価格の低迷やブラジルなど新興国に押されたりして低下していったとか。燃料用にも伐採されたらしい。そして最近、フェアトレードポリシーの元に再出発をしてるとか。色々探してたら、コーヒー生産者紹介のビデオが見つかった。 日本の名前も出てくる。

ここは特異な国で、スペインによって元々の原住民が全滅させられた後に、アフリカから連れて来られた黒人ばかりになったとか。たしか、ハンチントンの「文明の衝突」でも、ここだけ周辺国と違い、黒人文化の国となっていた(ブードゥー教がその一例)。島の西半分がフランスの支配を受けてハイチとなり(だから、読み方はハイチじゃなくて、アイティ)、東半分はスペインがそのまま領有していた。フランス革命に刺激されて奴隷だった黒人が反乱を起こして、1804年に独立したが、その後の歴史は、この辺りの国らしく、混乱してて良く分からない(笑)。

全体の95%を占める黒人を、残りの5%である、白人と黒人の混血が支配する構造だとか。ドミニカ共和国もこれに近いのだが、まだ白人などの割合が一定数あるらしい。ハイチでは独立後白人は虐殺された。まあ、日本人がイメージする地域の歴史なんてものとは全くの異次元の歴史を持っているというわけだ。20世紀後半にはデュバリエ親子が世界最悪レベルの独裁体制を敷いていたことで有名で、その頃の秘密警察の名前、トントンマクートというのがよくテレビなんかで言われたものだった。この言葉は、お父さんの麻袋(人さらい)という意味で、ブードゥー教を背景に残虐な殺人をしたらしい。なんだか実態と裏腹なのんびりしたイメージの言葉で良く覚えている。

しかし、余りにも異世界すぎて、なにを言えば良いのか分からない(笑)。従軍慰安婦として強制連行されたから賠償金払え、なんて騒いでる東アジアが天国に見える(笑)。しかも70年も前の事で、全くの捏造話ときている(笑)。まあただ、賠償金寄こせじゃなくて、必死に働いて貧困から脱しようと頑張ってるんだから、もっとハイチコーヒーを飲むようにしようか、って事ぐらいか。

で、コーヒーの話。とにかく独特な香りと酸味が特徴。苦みはほとんど感じない。軟口蓋から鼻孔にかけての香りが強い。一言で言うと、口腔内の上半分で味わってるような感じ。

haiti-n-DSC01752.jpghaiti-r-DSC01754.jpg













ここで一句

松落ち葉 島の香りを 伝えしか  



マラウイ チャニア・ゲイシャ種 フルシティ 200グラム
マラウイについては知ってる事は何も無い(笑)。この豆のことだけ。

 
スポンサーサイト



テーマ : 料理
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kifuru

Author:kifuru
FC2ブログへようこそ!
元のHPは"kifuruの長文系ページ"、http://kiyo-furu.com (政治詩文関係)と ”kifuruの写真音楽系ページ http://www.kiyo-furu.sakura.ne.jp/(写真音楽関係)に移転しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR