FC2ブログ

最初のアメリカ人は、アボリジニーだった?

信じられない話ではあるが。→ ページ

fc2blog_2018101202093228a.jpg
>Australian Aborigines, together with indigenous populations in New Guinea and the Andaman Islands, are thought to be descended from one of the earliest groups of modern humans to migrate out of Africa around 60,000 years ago.
オーストラリアのアボリジニは、ニューギニアやアンダマン諸島現地人と同じく、約6万年前にアフリカから移動した、現生人類の最も初期のグループの一つの系統から出たと言われている。

They are thought to have been a sea faring people who were able to hop between the islands that extend from Asia to Australia.
彼らは海上居留民で、アジアからオーストラリアに広がっている諸島間を飛び越えて移動できたと考えられている。

The new findings suggest their descendants may have ranged far further and could have crossed the vast ocean expanse between Australia and south America.
新しい知見は、それらの子孫はもっと遥かに遠くまで広がっていた事、そしてオーストラリアと南アメリカの間の広大な大洋を超えた可能性があることを示している。

However, the researchers say they could have also travelled across ice sheets to the north.
しかしながら、研究者たちは、彼らが北の氷床を渡ったかもしれないとも言う。

Professor David Reich, a geneticist at Harvard Medical School who led the study, said: 'It's incredibly surprising.
この研究を指導したハーバードメディカルスクールのデビッドライヒ教授は、”これは信じがたいほどに驚くべきことだ”という。

'There's a strong working model in archaeology and genetics, of which I have been a proponent, that most Native Americans today extend from a single pulse of expansion south of the ice sheetsf—and that's wrong.
考古学と遺伝子学には強力なワーキングモデルがあり、私もその提案者であったのだが、今日のほとんどのネイティブ・アメリカンは、氷床から南方への展開のたった一度の脈動から広がったと考えられて来たーそれは間違ってたのだ。

'We missed something very important in the original data.
もとのデータで何か重大なミスをしていたのかもしれない。

About 2 per cent of the ancestry of Amazonians today comes from this Australasian lineage that's not present in the same way elsewhere in the Americas.'
こんにちのアマゾンの人々の先祖の約2%がオーストラリアの系統から来ている。そしてそれはアメリカの他の場所では同じ形では残っていない。



要するに、ヘーリング陸橋は1万4千年前から溶けはじめ、1万2千年前から、ユーラシア大陸の人や動物が流入し始めた。しかし、南米には4万年から5万年まえの、人間の頭蓋骨や石器がある。モンゴロイドは9千年から7千年前にjは両大陸を制覇した。しかし、南米の最南端のフエゴ島にはアボリジニは残っていた、ということらしい。


これとか → サイト
>Native Americans living in the Amazon bear an unexpected genetic connection to indigenous people in Australasia, suggesting a previously unknown wave of migration to the Americas thousands of years ago, a new study has found.

>アマゾンに住んでいるネイティブ・アメリカンは、オーストラリアの土着の人々と意外な遺伝子的関係を持っている事が、最新の研究でわかった。それは数千年も前に、未発見のアメリカへの移動の波がすでにあったということを示唆している。

>In the ensuing millennia, the ancestral group has disappeared.
>その後数千年の間に、その先祖のグループは姿を消してしまった。


(追記13日)
面白い話だなあ。本当なら、色んな影響があるだろう。
まず、アボリジニの評価。一部地域に残ってた遅れた種族というイメージから、人類の先陣を切って世界に広がっていった先覚者という事になる。それも太平洋を横切った、最初の人たちという事に。これは、ポリネシアンにさえ出来なかった事なのだが。

かつてコン・ティキ号漂流記というのが読まれたが、これは南アメリカの方からポリネシアに出向くという実験だった。多分、学術的評価はされなかったのではないかと思うが、やっぱり直接的な交渉はあったという事になる。

あとアンダマン諸島人のこと。実は日本人にとって大きな話になるが、Y染色体ハプログループが、日本人、チベット人、アンダマン諸島人は共通してるらしい。Dという遺伝子でこれらに限られるとか。もしかしてアマゾンにもいるかも。アマゾンのグループの中には、まだ文明と接してない部族がいるはず。ぜひ調べてほしいと思う。

スポンサーサイト

テーマ : 人権
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kifuru

Author:kifuru
FC2ブログへようこそ!
元のHPは"kifuruの長文系ページ"、http://kiyo-furu.com (政治詩文関係)と ”kifuruの写真音楽系ページ http://www.kiyo-furu.sakura.ne.jp/(写真音楽関係)に移転しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR