FC2ブログ

「縄文-1万年の美の鼓動」展

今日行ってきたけど、大変だった。
上野駅を出たときは、あれ雨かな、という程度だったのだが、そこから公園を通って、平成館に行くまでに、土砂降りに変わっていた。結構距離があるし。稲光が凄まじく、ピカ・・・・バリバリドキューンって感じで荒れ狂っていた。傘は持っていってないし、もうびしょ濡れ。モギリの人や、イヤホンを貸してくれる人は半笑い。晴れて暑かったのが涼しくなったのは良かったが。

中身は相当充実してた。まあ、どうせ雨だしゆっくり見ていこうって感じで行ったせいもあるが、ゆうに2時間以上かかった。見終わったのが5時直前で、もう館が閉まるってことで、慌てて、いくつかお土産品なんかを買って出た。

20160323.jpgまあ、大体は知ってるものが多かったのだが、それでもやはりいろいろと考えさせられた。特に”縄文の女神”とか。

このフォルムは何なんだろう。古代の遺物のヒトガタのものてのは、不思議な感に打たれるものが多いが、これもその一つ。特に腰から足にかけて。あのラインは何なんだ。シュメールとか古代中国のものなんか、何を考えてこんなものを作ったのかと思うものが多い。現代の抽象主義の作家のものかとも思ってしまう。



また一方では、妙に具象的な作りのものもある。例の、遮光器土偶とか。


800px-青森県つがる市木造亀ヶ岡出土_遮光器土偶-2

実はこれには若干の思い出があって、もう2,30年前になるのか、東北とかを車で行ってて(例のキリストの墓とか(笑))、青森の博物館でこれのレプリカを売ってるのをみた。化粧箱いれて1万円。ううん、どうしようかなあ、と思って、まあ自分には関係ないしと思って外にでて走ってて、やっぱり買おうと引き返して買った思い出。その頃は、ネットなんかないし、そこで買わないともう手に入らないかもしれないと思った。買わずに後悔よりは、買って後悔。今も飾っている。

実はその時、怖い思い出が。道を走ってたらある場所でなにか林の中にへこんだおかしな場所があった。なんだろうと入ってみたら、あたり一面、小さめの地蔵さんみたなのが、ズラッと並んでいた。結構広い、林の中の空き地だった。いわゆる、水子供養の場所だったらしい。誰もいないし、ただ自分だけがその場にいて、ほんとにぞっとした。私はそういったものは関心無いんだが、あのときの事を思い出すと今でも戦慄が走る。入り口とかなんにも書いてないのに、中に入るとそういうのが三段ぐらいになって、広場の中央部を向いてズラッとならんでいた。写真を撮るのが趣味な自分も撮らずに退散。何だか何か起こりそうな気がして(笑)。しかし、あんなものは他では見たこと無いんだけど。津軽半島の付け根あたりだったかな。ちょっと気になって検索してみたが、あれは見つからない。流石に写真に撮るのは勇気が必要だし、何にも掲示がなかったから、気が付かないのかも。近辺に寺とか無かったし。

続く





スポンサーサイト

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kifuru

Author:kifuru
FC2ブログへようこそ!
元のHPは"kifuruの長文系ページ"、http://kiyo-furu.com (政治詩文関係)と ”kifuruの写真音楽系ページ http://www.kiyo-furu.sakura.ne.jp/(写真音楽関係)に移転しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR