赤軍合唱団が復活していた

あの悲劇的な黒海での事故で多数の団員を失った赤軍合唱団が復活していた。→ ページ

色んなのを見てたら間違えて古い映像をアップしていた。差し替え。




5:03 「聖なるバイカル」、いい曲だなあ。24:41 「悲しき天使」として知られる「長い道」、34:10 「カリンカ」だけど、前この曲を歌ってた人は亡くなったのかな。信じられないくらい声を伸ばして受けてたんだが。48:50 「カチューシャ」の前奏を聞くと、前のページで見た女の子が出てくるんじゃないかと思ってしまう。50:47 モスクワ郊外の夕べ、53:20 「別れ」これもいい曲だなあ。ま「ともしび」と同様、戦地に赴く際の別れの歌。


Part1の25:51と、part2の29:25に出てくるのは、Gavvaさん。かなり年をとってるが声はしっかりしている
若い頃の動画


これも多分そうではないかな。違うかもしれないが(笑)。78年のものらしい。


上のはセルビアで行われたコンサートなんだが、しきりにロシアとセルビアとの友好が強調される。まあ、スラブ民族の感覚は日本人とは違う、という事を認めないといけないと思う。陸地が果てしなく、また障害物もなく続いてるわけで、常に他民族との軋轢にさらされていた。モンゴルには支配されたし。生存を図るには結束が必要だった。ロシアに何度も出てくる独裁者的なリーダーはそれに不可欠なものだったのだろう。甘い対応をしてると異民族に付け込まれる。日本などのように海の障壁で守られていれば、そうキリキリすることもないわけだが、大陸ではそうもいかない。戦いや団結にかけるエネルギーが、日本などからみて違和感があるのは、やむを得ない事なのだろう。西欧のような民主主義を要求するのは無理なのではないか。異端的な集団が内部にいれば危機を招く。その辺りを欧米は見てないように思える。


事故の直後辺りに作られた動画で、演奏などのシーンの写真なのだが、亡くなった人は灰色になる。ちょっとばかりショックなもの。


翌1月に行われた葬儀。



私はこの動画の1:11辺りで頭を振りながら楽しそうに歌ってるおっさんがどうなったの知りたいのだがよく分からん。

スポンサーサイト

テーマ : 音楽を楽しもう!
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kifuru

Author:kifuru
FC2ブログへようこそ!
元のHPは"kifuruの長文系ページ"、http://kiyo-furu.com (政治詩文関係)と ”kifuruの写真音楽系ページ http://www.kiyo-furu.sakura.ne.jp/(写真音楽関係)に移転しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR