声楽レッスンの記録、デュパルク歌曲集(5)

Henri Duparc, "12songs"(international Music Company)より

前回の復習
Soupir(ためいき)・・・かなりいい曲。臨時記号多めで調性不安定だが。
La Vie Anterieure(前世)・・・比較的歌いやすい曲だが、微妙。詩はボードレール。

新曲
La Vague et la Closhe(波と鐘)・・・ううむ、非常にわかりやすい所が部分的にはあるのだが、長いしリズムが面倒。4分の3拍子と8分の9拍子が交代するのはいいんだが、その中に頻繁に2連符が入るのがわずらわしい。3拍子を2拍で打てなんて、音楽的嫌がらせの定番みたいなもんで、まあ、なんとなく歌うしかない。あまり魅力的でもないので、適当に切り上げ。

これでこの曲集は終わって、これに入ってない曲を原調の曲集で拾う。どの曲も高めだが。
Henri Duparc, "Complete Songs for Voice and Piano"(Dover publications,Inc)より

Au pays ou se fait la guerre(戦いのある国へ)・・・これは簡明でいて、非常に美しい曲。戦地にいる恋人を思う。
Romance de Mignon(ミニョンのロマンス)・・なんだか明るい曲(笑)。こういうのも珍しい。

Au pays ou se fait la guerre


同じひとで、Romance de Mignon。同じフランス人のせいか、声がデュパルクの曲のイメージに合ってる。


男声でSoupir。ピアノのプーランクって、あのプーランクか。


スポンサーサイト

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kifuru

Author:kifuru
FC2ブログへようこそ!
元のHPは"kifuruの長文系ページ"、http://kiyo-furu.com (政治詩文関係)と ”kifuruの写真音楽系ページ http://www.kiyo-furu.sakura.ne.jp/(写真音楽関係)に移転しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR