FC2ブログ

古式レンズシリーズ(14)・・・鹿島神宮、香取神宮

関東の二大神宮に行ってきた。非常に近接した場所にある大神宮ということで前から不思議に思って興味があった。
かつては、今の印旛沼や霞ヶ浦などは大きな香取海という内海を作っていたらしい。そしてこの2つの神社は、それが海に繋がる水路の両側にあったらしい。
mapjinguu.gif
近世に至るまでこの海はあったのだが、江戸時代に周辺が埋め立てられて、幾つかの沼が残ったとか。
こういった地図を見る限り、この海を挟んで南北の二大勢力が張り合っていたのではないかとしか思えないが、特にそういった言い伝えはないようだ。

共に軍神の性格を持ち、鹿島神宮は建御雷神(タケミカヅチ)を主神として、神武天皇の代に創建と言われている。香取神宮は、経津主大神(フツヌシのオオミカミ)を主神とし、やはり神武天皇の時代の創建と伝えられている。まあ、この辺りはもう想像の彼方であって、真相なんか分からいない気もするが。

全然関係ない話ではあるが、この辺りを旅行すると、土産物屋にやたらに美味そうな変わった食い物があって、つい買ってしまう。大体は海産物、あるいは海産物と野菜などの組み合わせで、酒の肴やオカズに合いそうなもので、お菓子類はあまりない。こういった内海が育んだ食文化なのだろうか。他の地域と比較にならないぐらい目立つのだが。

レンズは、
NIKKOR N・C AUTO 24mm/f2.8
NIKKOR-H AUTO 50mm/f2 

50mmの方は、NEX-5Nにつけたので、75mm相当。60年代から70年台にかけて作られたレンズ。

☆ 鹿島神宮

日本三大楼門の一つらしい。徳川頼房寄進。
kasimaDSC02329.jpg

kasimaDSC02331.jpg

しかし本殿は何気ない佇まい。道の脇の普通の民家並。これは意外だった。
kasimaDSC02866.jpg

参道は短いのだが、本殿の先に伸びている奥参道が長く鬱蒼としている。
kasimaDSC02861.jpg

kasimaDSC02335.jpg
宝物館にあった直刀が凄かった。刀身だけで2m超えていて驚くほど長い。同じ重さのレプリカがあったが、両手でやっと持てるぐらいの重さ。

☆ 香取神宮

こちらの参道はかなり長いが、露店がやたらに出てて、あまり有り難みはない(笑)。
katoriDSC02343.jpg

katoriDSC02345.jpg

楼門、本殿は徳川綱吉によるもので相当美麗なものだった。
katoriDSC02868.jpg

katoriDSC02350.jpg

katoriDSC02874.jpg

宝物殿にあった、戦艦香取の船首の菊の御紋。縦1mはあったかな。
katoriDSC02352.jpg
この船は、大正天皇や皇太子時代の昭和天皇の御召艦としてずっと使われてる。1921年の皇太子時代の昭和天皇の訪欧に際しては、随伴艦を戦艦鹿島として、これに乗って行かれたらしい。やはり、香取のほうが、鹿島より格上なのかね。この名の艦は全部で3つあるらしく写真も飾ってあった。ちなみに撮影禁止の表示はどこにもなし。ま、鎧甲や刀は遠慮して撮らなかったが(笑)。
スポンサーサイト



テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kifuru

Author:kifuru
FC2ブログへようこそ!
元のHPは"kifuruの長文系ページ"、http://kiyo-furu.com (政治詩文関係)と ”kifuruの写真音楽系ページ http://www.kiyo-furu.sakura.ne.jp/(写真音楽関係)に移転しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR