FC2ブログ

珈琲焙煎日記 ネパール ヒマラヤンスノー・カスキ

ネパール ヒマラヤンスノー・カスキ 180グラム シティーロースト辺り

ネパールの中部にある2番目に大きな都市、ポカラ市周辺がカスキ地域。ここからはエベレストなどの絶景が見れるらしい。珍しい豆なので買ったが、1930年代から栽培してるとか。ここの豆は白っぽく小さい。えらく均一に焼けるのが印象的な豆。途中経過も含め、不思議なくらいムラ焼けしない。十分乾燥させてるからだろうか。

ネパールについてちょっと調べてみたが、不思議な国である。エベレストを含む高地などがあって面積も大したことはなさそうなのに、人口が3000万近くもある。インド側は肥沃な平原になってて農業が盛んだとか。何十もの民族で構成されていて、宗教も言語も各種入り乱れていて複雑らしい。その上カースト制度さえある。民族は意外な事にかなりの割合でコーカソイド、つまり白人系。北インドに接しているのだから当たり前と言えば当たり前なんだが、チベットなどと同じかと思ってた。ちなみにチベット族はモンゴロイド。あの登山で有名なシェルパも、職業名かと思いきや、少数民族の名称だとか(人口15万)。こちらはチベット系らしいが。

政治的にもこの間まで王国だったのが、内戦、内紛などで廃止、しかも後を継いだのがそれまで抗争しあっていた、共産党毛沢東主義派だとかマルクスレーニン主義派だとかいう、過去の亡霊のような名称を持つ集団。それも日本の共産党のような小数派なんかじゃなくて、第1党、第3党を占めたりするぐらい多数の議員が選ばれている。しかしどこも過半数は取れず今でも安定政権は出来ていない模様。いくつかの国・民族の境界にあり、また過去の各種王朝の影響も受けてるせいなのか、混沌としている。ヨーロッパで言えば、旧ユーゴみたいなものか。あそこは、1つの国、2つの文字、3つの宗教、4つの言語、5つの民族、6つの共和国と言われていたが、それより複雑な印象。釈迦の出生地でもある。

ま、関係無いことはおいといて(笑)、珈琲の味わいは割と普通のマイルドコーヒー。やや苦みが強く、香りに何かエキゾチックなものが多少ある。藁かキャラメルみたいな良く分からないアロマ。

nepal-r-DSC01560.jpg nepal-n-DSC01557.jpg 














ここで一句
雪解けの 水養(ひだ)したる 沃野かな

スポンサーサイト



テーマ : 料理
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kifuru

Author:kifuru
FC2ブログへようこそ!
元のHPは"kifuruの長文系ページ"、http://kiyo-furu.com (政治詩文関係)と ”kifuruの写真音楽系ページ http://www.kiyo-furu.sakura.ne.jp/(写真音楽関係)に移転しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR