FC2ブログ

古式レンズシリーズ(13)・・東尋坊、大晦日の永平寺

国境の長いトンネルを抜けると雪国であった、というのをちょっと体験してきた。
関越道にいくつもあるトンネルを抜けていたら、突然周りが白くなった。一体何なんだと、一瞬戸惑ってしまった(笑)。

saitouDSC02812.jpg

休みを利用して、東尋坊、永平寺、兼六園などに行って来た。
レンズは前回と同じく、
Carl Zeiss Jena Flektogon 20mm/f4 (EXAKTAマウント)
CONTAX Carl Zeiss PlanarT* 50mm F1.4 (ただし、NEX-5Nにつけたので、75mm相当)
Carl Zeiss Jena MC135mmf3.5 (同上で、200mm相当)


フレクトゴンのフードはもう少し補強してなんとか使えるレベルになったかな。

期待していた雪はなく、ずっと雨。最悪に近かったが、まあ取り敢えず見てきたという事で。東尋坊がそもそもなんなのかもよく知らずにいったのだが、溶岩が堆積岩中に入り込み、侵食で堆積岩が削られて溶岩だけが残ったものらしい。大規模な柱状節理があるということで貴重らしい。

saitouDSC02817.jpg
ま、こんな感じで、柱状に割れてるのが並んでる。

saiDSC02819.jpg

saitouDSC02823.jpg

表面はこんな感じで、道らしいものはないから結構危険。手すりもないし。
saitouDSC02284.jpg



saitouDSC02283.jpg

saitouDSC02280.jpg



☆ 大晦日の永平寺

全然知らなかったのだが、今年は初めて、唐門(勅使門)が一般公開されたらしい。天皇家からの勅使などが来る時にしかあけない門らしい。開くのが夜の11時で、その大分前から人が並んでいた。あんまり興味は無かったんだが、一応並んで参拝してきた。
saitouDSC02300.jpg

その先にある山門
saitouDSC02838.jpg

仏殿
saitouDSC02308.jpg

その横にある鐘楼。ゆく年くる年などで使われてるもの。
saitouDSC02310.jpg

こちらは一般の人も衝ける、寂光院の鐘楼。
saitouDSC02296.jpg
なんだかホワイトバランスがよくわからないんで色合いがバラバラだが(笑)。夜用のモードは無かったし。RAWのでも保存してるけど、自分で調整するのも面倒だしねえ。

帰り際には汁物が振る舞われたりして、昔の田舎の大晦日の雰囲気を思い出した。夜中、いろんな家にいっては遊んでたものだった。何が楽しかったのか良くわからないが(笑)。
スポンサーサイト



テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kifuru

Author:kifuru
FC2ブログへようこそ!
元のHPは"kifuruの長文系ページ"、http://kiyo-furu.com (政治詩文関係)と ”kifuruの写真音楽系ページ http://www.kiyo-furu.sakura.ne.jp/(写真音楽関係)に移転しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR