FC2ブログ

北斎とジャポニズム展、ゴッホ展ー巡りゆく日本の夢、

今上野で似たような展覧会をやっている。19世紀欧州におけるジャポニスムを紹介するもので、一つは北斎を中心にしたもの、もう一つはゴッホを中心にしたもの。同時にやらなくてもいいとは思うのだが(笑)、主催が違うから偶然かな。両方見ると、何だか混乱する。他にも運慶展やってるし(これも行った)、例の「怖い絵」展もやってる。こちらはパス。ジェーングレイのはちょっと見たい気もするが。しかし、東京でばかりこんなにやっていいのかね。地方の人が可哀想だろう(笑)。ますます過疎化するなあ。

北斎展 → サイト

北斎の版画や北斎漫画集などからの影響をまとめたもの。あまりに膨大でとても簡単に把握出来るようなものではない。現代において欧米芸術や日常のデザインで普通に見られるものの相当部分が北斎他のジャポニスムの影響を受けてるらしい。例えば、画面中央を斜めに走る線、なんてものはそれまでの西洋絵画には無かったとか。あるいは登場人物のちょっとした仕草とか、野原での花の描写とか。よく言われる、平面的な描写だとか、色合いの鮮やかな対比、縁取り、鳥や虫の描写など以外にも多く有ったらしい。特に構図で影響を受けていたとは知らなかった。

セザンヌのサント・ヴィクトワール山の絵に、こういった北斎の絵(駿州片倉茶園ノ不二)の影響があるなんて言われないと分からない。普通の風景画でしょ、って思ってしまう。遠景に山を配し、近景に木々、中景に目的の風景とか、写真を撮ってても、ま標準的な構図かなあと思うのだが、意外に西洋では無かったらしい。
sasint.jpghoku.jpg














hoku2.jpg

まあ、こんなのがショックだったろうとは想像がつくが。メインの富士山がたった一本の線だし(笑)。中央を荷物が風に吹かれて舞ってるし、こういうのはなかっただろうなあ(笑)。
その他ドガの登場人物の仕草や体勢など、北斎漫画からの影響があるとか。


ゴッホ展g5.jpg → サイト

かなり力の入った展覧会だった。絵は勿論だが、当時の雑誌や手紙、ポスター、展覧会のカタログ、日本人訪問者の芳名録、さらに20世紀初頭のフィルム上映までやっていた。ちょっと浮世絵の展示が多すぎた感はあるが(笑)、まあ充実していた。2時間はゆうにかかったかな。結構疲れた。当時のフランスの雑誌の「パリ・イリュストレ」のジャポニスム特集号の現物があって、大きさに驚いた。A3縦より更に一回り大きい。

左の絵が英泉の花魁の図、それをイリュストレ誌の表紙に載せる時に左右逆になり、それを模写加筆したのが、右のゴッホの絵。周囲の蛙などは他の絵から取ってきたものらしい。

ゴッホは浮世絵を400枚も所持し、手紙にも何度となく日本や浮世絵のことを書いている。自分でも浮世絵の展覧会を主催したこともあったらしい。ジャポニスムって、ほんとにあったんだなあって実感出来る(笑)。ま、私はゴッホはそんなに好きなわけでもないが、なんとなく惹かれるものはある。今回ちょっとおもしろいと思ったのは、死の直前に描かれたこれ、「ポプラ林の中の二人」

g6.jpg

足が消えかけてるし、色々と想像させる。
客は女性が多かったな。男女比が1:9ぐらい。女性に特に受ける要素があるのだろうか。北斎展ではそこまでではなかったけど。

続く
スポンサーサイト



テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kifuru

Author:kifuru
FC2ブログへようこそ!
元のHPは"kifuruの長文系ページ"、http://kiyo-furu.com (政治詩文関係)と ”kifuruの写真音楽系ページ http://www.kiyo-furu.sakura.ne.jp/(写真音楽関係)に移転しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR