FC2ブログ

古式レンズシリーズ(8)・・・白糸の滝、濃溝の滝、大山千枚田

普段使ってないレンズを日に当てようという極く私的な企画だが、雨ばかり。

今回使ったのは
ライカLマウント、Hektor135mm/f4.5 (M42アダプター → NEXアダプター)
Carl Zeiss Jena Flektogon 20mm/f4 (EXAKTAマウント)
Carl Zeiss Jena pancolor 50mm/f1.8 mc (M42マウント)

ライカのヘクトールはヘリコイドが回しにくくなっててあまり使えなかったのだが、棚を見てたら昔買ったアダプターが見つかった。すっかり忘れてたが、レンズの先端部分を外してこれに付ければ、M42マウントになり、それに更にNEX用アダプターを付ければ普通に使えた。といってもあまり使うチャンスはなかったが。1930年代から生産されているレンズ。

Carl Zeiss Jena というのは、ツァイス社がドイツの分断に伴い分割されて、東ドイツの側に出来た会社。上の2つのレンズは共に60年代以降に作られたらしい。あまり使ってないので、個性とかはよく分からない。特に20mmのは適当なフードがなくて使いづらい。ゴム製のを切って作っても、わずかに四隅が隠れてしまう。しょうがないから裸で使ったりしてるが、レンズが心配でなかなか持ち出せない。



富士宮市の白糸の滝。雨とモヤでまともに撮れない。レンズに水滴は付くし悲惨。
saitakirawDSC02010.jpg

saitakirawDSC02575.jpg

saitakirawDSC02581.jpg
幽玄というのか、水墨画の世界のような(笑)。

濃溝の滝、
saisenDSC02016.jpg

saisenDSC02019.jpg
正確には、これは亀岩というらしく、別の所にあるのが濃溝の滝だとか。しかし通称名として定着してしまった。実はこれは人工のアーチらしい。朝晩でないと神秘的な雰囲気(笑)にはならないみたいだ。これは135mmかな。


大山千枚田
saisenDSC02021.jpg

saisenDSC02031.jpg

saisenDSC02027.jpg
ここは、雨水だけを使って育てているらしい。また機械は入らないので全て手作業だとか。土地を分担して所有してくれる人を募集しているらしい。年間で7回、田植えとかの作業をするとか。お金と時間のあるひとはどうぞ。

この時は奇跡的に晴れていた。久しぶりの青空だったような。
青空といえば思いだすのは、中国の将軍、彭徳懐の悲しい話。朝鮮戦争の中共軍司令官となり崩壊しつつあった北朝鮮を支えて国連軍を38度線まで押し返した英雄。しかし、その後大躍進政策を巡って毛沢東を批判したために人民解放軍司令官の座を終われ、しかも紅衛兵に虐待されて壇上で骨折させられ、その後癌を併発したが鎮痛剤の使用も拒否されて血便のなかで放置された。最後に空を見せてくれと頼んだがこれも拒否されて亡くなったという。とんでもない国がこの世には存在している。何カ国も。ナチより遥かに凶悪な集団が支配している。こんな国を国内サヨク共は賞賛してきた。あのての連中を絶対に信用してはいけない。明日は我が身だからね。

ちょっと話がずれたが、このあと都内に帰って、高速のトンネルを出たら、外は土砂降りの雨。ほんとにびっくりした。たどり着いたらいつも雨ふり、なんて歌があったが(笑)。窓の外は雨、雨が降ってる、とか。最近なんだか天気が凄いな。




スポンサーサイト



テーマ : 風景写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kifuru

Author:kifuru
FC2ブログへようこそ!
元のHPは"kifuruの長文系ページ"、http://kiyo-furu.com (政治詩文関係)と ”kifuruの写真音楽系ページ http://www.kiyo-furu.sakura.ne.jp/(写真音楽関係)に移転しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR