FC2ブログ

アラブと朝鮮の奇妙な類似・・・現代史において

最近思ったのだが、中東のアラブと朝鮮は色々と似ている点がある。民族の内実ではなくて、外形的な歴史で。

1.アラブはトルコ領から第一次大戦後、英仏の支配(国際連盟の委任統治)を経て独立、朝鮮は日本領から第二次大戦後、米ソの支配を経て独立

2.独立は自力でのものではなく、他国に援助されてのものだった

3.他の植民地のように収奪や奴隷扱い、虐殺などの対象となっていない

4.にも拘らず、旧宗主国への恨みが大きい

5.国内サヨクがしきりに持ち上げ、その恨みを当然のものとしている


現代史を見ててイラツクことの双璧かもしれない。とにかくサヨクによる歪曲が酷すぎるわけだが。なんでそこまで持ち上げるのか、擁護しないといけないのかと。アラブも朝鮮も、遅れていた民族としては極めて厚遇されている。他の民族が虐殺され奴隷扱いされてる時に全く真逆の待遇を受けている。なのに文句ばかりを言い続ける。

アラブに関してはよくイギリスの二枚舌外交の被害者であったかのような言い方をされるが、仮にイギリスが独立をさせてないならそれは言えるだろうが、フランスと共にちゃんとあの辺り一体を独立させたのだ。文句を言われる筋合いはない。前にも書いたが(→ ページ)、3つの宣言・条約に関して特に矛盾もないようだ。イスラエルを独立させたのは戦後の国連だし、英仏やユダヤ人が勝手に占領して独立したのではない。イギリスもその建国の約束はしていない。この辺りはものすごく歪められているようだ。そもそも英仏は中東支配においてなんの利益もえていない。それどころか、後にスエズ運河をエジプトに奪われてる。何の企みもなく一方的な独立援助をしただけである。

二枚舌というなら、20世紀始め、フィリピンで起きたアメリカとスペインの間の戦いで、アメリカはフィリピンの独立軍に独立の約束をしてスペインを攻撃させていながら、アメリカの勝利後はその約束を反故にし、独立軍の掃討をして、20万も殺したらしい。こちらこそが二枚舌だろう。なんで中東に関していうのか、全く不当な言い掛かりである。

朝鮮半島も、日本によって学校4千校を作ってもらい、女子にも教育の機会が与えられ、奴隷制を廃止され、道路水道病院などの近代国家としての基礎が築かれている。それまで汚れた川で洗濯したり飲水にしたりといった不衛生な状況から大きく脱して(W.バードの「朝鮮紀行」参照)、人口も2倍に増えてる。虐殺とは真逆だ。日本風氏名を強制されたなんてまったくのウソで、単に日本人のふりができて中国なんかで大きな態度が取れたというメリットしかない。今もやってるが(笑)。朝鮮名のまま、日本陸軍の将軍になった人さえいるのに。

かつて、日本は朝鮮に良い事もした、なんて発言をして大臣を止めさせられた人がいたが、可哀想な話だ。日本は朝鮮に良いことしかしてないのだが(笑)。強制連行なんて真っ赤な嘘だし。全てが、募集と応募でしかないのは、彼らの書いた「朝鮮人強制連行の記録」という本を見ても明らかだ。原文がそうなんだけど、なぜか強制連行だって事にしてる。

2.の自力での独立ができなかったのが、却ってそういう方向にねじれた原因かもしれない。ベトナムやインドネシアのように何年もの戦いの後の独立ならば、満足できたのだろう。しかし、彼らはそれをやろうとはしていない。常に強者に屈服していた。

3.に関しては説明の必要もない。大規模な虐殺は起きていない。むしろ、朝鮮戦争の時期に韓国政府が済州島などで自国民に対して起こしている。戦後朝鮮人が日本に来たのもその影響が大きい。これについては、いわゆる軍艦島で奴隷労働をさせられたなんて話を日本政府が飲んだのはまずかっただろう。たかが世界遺産のために譲歩してしまった。慰安婦問題と同じミスだろう。

上のフィリピンの虐殺と同じ頃、インドネシアにおいても、オランダに従わなかったアチェ地方に対して、オランダ軍は10万規模の虐殺をしている。こういった事は当時世界中であったのであって、良いことではないが、普通であった。しかしアラブも朝鮮もそれはされていない。

4に関しては、まあ、民度が低いからって事と、恨みをぶつける相手が他にいないからだろうか(笑)。

問題は5である。
戦後サヨクは歴史を徹底的に歪曲した。中東に関しては、おそらく戦後のアラブ諸国がソ連側についたので、イスラエルや欧米を貶める必要があったのだろう。朝鮮に関しては言うまでもない。ちなみに、80年代までは韓国は悪魔のようにみなされたが、90年代になったらいきなり好転している(笑)。89年に社会党と韓国政府との間に相互交流が行われ関係が変わった。これはおそらく慰安婦問題での共闘のためだろう。HPの「なぜ慰安婦強制という捏造がおこなわれたのか」のページ参照。

サヨくの捏造は主に80年代が多かった。慰安婦、731舞台、靖国神社問題、サハリン在住朝鮮人問題他。
しかし、戦後直ぐに行われたものもある。
それはGHQの日本人洗脳工作の尻馬に乗って行われた。(GHQの洗脳工作については、江藤淳氏の3部作がある)

例えば、「日本は竹槍でB29を落とそうとした」とか。当時そんなことを考えた日本人などいるわけがない。たったの一人もいないはず。何しろ、戦闘機でさえ登って行くのが難しい高度を取っていたのだ。これは、毎日新聞1944年2/22の新名丈夫記者が書いたコラム「竹槍では間に合わぬ飛行機だ、海洋航空隊だ」というコラムのタイトルのを逆手にとったものだろう。このコラムは、タイトルどおり、損耗の激しい海軍機をもっとつくれ、海洋の戦いで雌雄を決せよ、といった内容のものであって、タイトルはいわゆるレトリックであって、読者の目を引くたのものである。当時航空機の予算は陸軍と海軍で折半されていたので、もっと海軍機を増産せよといった内容である。このためにこの記者は陸軍に睨まれ、懲罰召集をされている。後に海軍に救われて報道班員になっている。

しかしまあ、こんな事はちょっと考えれば分かることなのになんでこんなものを信じたのだろうか。竹槍では模型の飛行機でさえ多分おとせない。紙飛行機だって無理かもしれない(笑)。しかし、サヨク連中は信じてたらしい。ちなみに、この記事が書かれた直前に、日本の連合艦隊が長年本拠地にしていたトラック島を失い、6月にはB29による初空襲が行われている。ミッドウエー以上の致命的な敗戦を喫するマリアナ沖海戦も6月。

もう一つ、朝鮮戦争に中国が参戦した理由として、「国連軍が中朝国境に迫ったから中国は参戦した」なんて説明をしているがこれもウソである。中国は国連軍が38度線を越えた時点で、参戦を決定している。
金日成は戦争前にスターリンや毛沢東にあい、戦争への協力を要請した。しかし、どちらからもいい返事はもらえず、スターリンからは反対された。しかし当時韓国には数百人の米軍しかいなかったので勝てるとみて攻め込んだが逆襲されて押し返された。そして、国連軍が38度線を越えた時点で、毛沢東は参戦を決断、部隊を北朝鮮領内に進入させはじめた。道路は使わず山中を夜間に進軍という形で南下していき、北上する米軍をやりすごして、背後に周り包囲するという作戦をとった。最初の衝突は長津湖で起きたが(場所は、→ 長津湖)、北朝鮮の中部と行っていい場所である。ここであの米軍第1海兵師団の撤退戦が行われている。とにかく、戦後サヨクというのは、社会主義国の擁護をし続け、敵対勢力は貶め続けた。それが一つの政治勢力としてやったのならまだいいのだが、メデイアを支配していたために、それが真実であるかのように広まってしまった。今後は全てを否定していく必要がある。

スポンサーサイト



テーマ : 歴史
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kifuru

Author:kifuru
FC2ブログへようこそ!
元のHPは"kifuruの長文系ページ"、http://kiyo-furu.com (政治詩文関係)と ”kifuruの写真音楽系ページ http://www.kiyo-furu.sakura.ne.jp/(写真音楽関係)に移転しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR