FC2ブログ

最近のラーメンは、海鮮出汁のアッサリ系なのか、「麺魚」、「とものもと」

かつては豚骨系の濃厚ラーメンが好物だった。環七の土佐っ子とか、小岩の弁慶とか。低血圧の自分が塩分など気にすることはないと食いまくってた(笑)。ついでにうどんも、焼き魚も。しかし、あるときとてつもない数値が出て食うのを辞めた。最近平常値に戻ったので、たまに食ってるのだが、たまたま人に聞いて入った店がどちらも海鮮系あっさり味の上品なスープだった。錦糸町の「真鯛らーめん麺魚」と、船橋の「とものもと」。

麺魚では、普通味のを頼んだが、まるですまし汁をちょっと塩辛くしただけみたいなスープで、麺には柔らかいチャーシュー?が乗ってて美味かった。鯛の出汁とか、昔とはえらく変わったものだなあ。もうこれはラーメンじゃなくて、うどんに近いのではないのかとか思ったが。客さばきも要領よくて感心。以前とは違った大きな店になってて、前もって食券を集めて注文を聞いていくのだが、非常にスムーズに動いていた。昔行った、目黒のとんかつ屋「とんき」の名物おばさんを思い出したが。ま、あれは驚異的ではあった。何十人もの客の注文と順番をしっかり覚えていて。あれが売り物みたいな。

船橋のとものもとで食べたのは、つけ麺。こんなに美味いつけ麺はほんとに初めて。なんだか、高級料理みたいな味で驚いた。ホンビノス貝というので出汁を取ってるらしい。人によっては潮臭く感じるかもしれないが、ものすごく綺麗で透明な色と味わいのあるスープ。ラーメンも遠くに来たものだ。店が見つけにくいもしれないが。こじんまりしてるし、営業時間もかなり短い。調べて行く必要がある。

上手いのは良いんだが、なんだか昔のワクワク感てのはなくなったかな。かつて土佐っ子ラーメンで、一列に並んで番を待ってた時のような(笑)。なにしろ、それまでの東京ラーメンは無茶苦茶まずかった、西日本の人間にとっては。村上龍だったか春樹だったか、こんなラーメンを美味いと思ってる東京人に負けるわけがないと思ったと書いてたが、私は、自分がたまたま入った店が変なのだと思ってた。とにかく喉を通らなかった。東京のラーメンがみんなこんなものだと分かるのに、1年はかかったかな。食えるようになったのはさらにあと。

あるとき大学のクラブの女の子で、東京生まれの人と偶然ラーメン屋に行くことになって、その子が「このラーメン屋、美味いんだ!」といったんだが、私の頭の中はその時、緊張感に満たされていた。残すのはまずい、完食しないといけない、と。確かその時点では食えて無かったと思う。しかし、その店は他と違って醤油ぎとぎとみたいな味でなくてなんとか食えて安心。向こうは何も感じなかっただろうけど、こちらは必死だったのだ。文化の違いというのはやっかいなのだ(笑)。
スポンサーサイト



テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kifuru

Author:kifuru
FC2ブログへようこそ!
元のHPは"kifuruの長文系ページ"、http://kiyo-furu.com (政治詩文関係)と ”kifuruの写真音楽系ページ http://www.kiyo-furu.sakura.ne.jp/(写真音楽関係)に移転しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR