FC2ブログ

飛騨高山、白川郷、富山城、立山からの北アルペンルートツアー

なんだか盛り沢山のツアーに行ってきて疲れた。よくあんなものを企画するものだ。ま、面白かったけど、体の弱い人にはお勧めできない。写真を大量に撮ってて、とてもここでは出せないので、HPにアップする予定。

☆ 飛騨高山

まあ、あまりおもしろくなかった。景観保存地区はあって、確かに建物は保存されてるのだが、どこもみんな飲食店やお土産物屋になってて、ちょっと風情がなあ。狭いし。以前行った倉敷の方が良かったかな。

町並みよりは、たまたま入ったうどん屋で、ずっと石原裕次郎の歌が掛かってたのには笑った。ラジオ放送だと思うんだけど、延々と裕次郎ばかりやってて、いい加減他のに変えろと思ったが。あと公衆便所が和式だったのとか(笑)。別にバカにするわけじゃないが、久しぶりでちょっとびっくり。確か表示も「公衆便所」。ま、いいけどね(笑)。

高山から白川郷に行く際には、幾つものトンネルをとおるんだが、多分30はあったかな。その後白川郷から富山方面に抜けるときもいくつものトンネルを通る。白川についたら、どういうわけが耳の中で音がしていて、何か虫が入ったのかと思ったが、見てもらっても何もなく、多分、標高差のせいで気圧が変わったせいなのだろう。海抜500mぐらいで大した高度はないのだが不思議。

☆ 白川郷

ここは確かに良かったな。しかし、外人の多いこと。日本人は少数派。言葉を聞いてると、中国人とフランス人かな多いのは。そう言えば以前中仙道のある宿場町に行った時、フランス人の若者のグループが、中仙道の宿場町を一つ一つ巡っていると言ってて驚いた事があったが。外人が見て何が面白いんだろう(笑)。城をめぐる旅なら分かるが。世界には色んな事に興味を持つ人がいるんだなあ。

あと、あの地区の保存は住民が自発的に始めたものらしい。誰に言われるまでもなく。それは感心だなあ。その価値を分かってたってこと。村民全員で修理したり新築、保存したりしてるらしい。しかもそれで生活してるわけで、大変だろうなあ。

☆ 富山城

ルートに入ってるわけではなかったが、空いた時間で行ってきた、しかも夜。再建された城だが、なんだか控えめな作りで好感(笑)。広い堀や石垣も一定程度残っていた。

ちなみに、富山県というのは、非常に安定した住みやすい県らしい。国公立大学への進学率トップ、持ち家比率もトップ、生活保護受給者や離婚率は全国最低、幸福度がトップ3とか。実際、夜に飲み屋街に行ったり市内電車にのったり人気の少ない富山城公園にいったりしたが、穏やかで安心できたし、電車の運転手さんとか受付のひとなどの人当たりはどこも良かった。電車に乗ってる高校生はみんな必死に勉強してるし。本来の日本てのはこういうものじゃなかったか、なんて思わせる。

私はほとんどこの辺りの県とは縁がないが。日本海側の本州でまともに行ったのは青森県、秋田県と島根県、ぐらいかな。以前、北陸道を爆走したことはあるが(笑)。高速道路でUターンしたりとか結構まずいことをやってた。能登半島とか津軽半島では事故の一瞬手前までいった。あとコンマ数秒判断が遅れてたらこの世にはいなかったかもしれない。

☆ アルペンルート

これはかなり大変だった。歩いて縦走するわけではなくて、乗り物を各種使うのだが、その乗り降りとか階段や斜面の昇り降りだけでも大変。やはり外国人が多くて乗り物も混んでるし。家に帰ったあとまで動悸が続いていた。あれは事前に健康チェックとか必要じゃないかなあ(笑)。とても大変だったんだが。

雪の大谷ウオークとかは、まあこんなものかなんて感じで、事前の情報が有り過ぎてそんなに感動はしない。黒4ダムもこんなもんですかねえ、みたいな感じ。まあ、作るのに難儀したのは確かにそうだろうとは思ったが。一番驚いたのは、雪による反射で異様に明るかったこと。普通写真を取る時に、一番明るいのは、晴れた日の日向で、数値で言うと15,室内で7とか8,になるんだが、15を2ぐらい超えてたような気が。とにかく驚いた。こんな雪山なんて初めてで全然予想してなかった。とにかく明るく目に悪そうで片目を瞑ったりしていた(笑)。ゴーグルとか必須だな。青森で発掘された縄文土器にも眼鏡のようなものを付けたのがあるが、まあ納得。

スポンサーサイト



テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kifuru

Author:kifuru
FC2ブログへようこそ!
元のHPは"kifuruの長文系ページ"、http://kiyo-furu.com (政治詩文関係)と ”kifuruの写真音楽系ページ http://www.kiyo-furu.sakura.ne.jp/(写真音楽関係)に移転しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR