FC2ブログ

なぜ先進国は難民を受け入れないといけないのか

まるで受け入れるのが当たり前という雰囲気が醸し出されているが、奇妙な話である。それは極く近年の特殊な主張なのだが、まるで昔からそうであったあったかのような、先進国なら当たり前のような言われ方をしている。パレスチナ難民は、キャンプに500万人もいるようだが、それについてはキャンプに放置。欧州にこさせようという話はない。アフリカその他の地域での紛争の難民も、欧州に呼ぼうとしたりはしてない。近辺の難民キャンプに入れてる。シリア内戦でも近隣国にキャンプが作られて数百万もいるらしい。本国にも大半の人は残っている(元々の人口は2千万人ほど、その内、国内外への難民になったのは半数ほど。欧州に行ったのは100万程度、割合から言えばかなりの少数派。別に他国に行かなければならないわけではない)。

国連のUNHCRのキャンペーンも、まるで外国に行くしか選択肢がないかのような雰囲気で行われてる。しかし、それは欺瞞である。欧州に行ってるのは、難民の中でも、金持ちの階層であって、業者に金を出せたり、スマフォなどで情報を得られる人たちだ。移動の途中に色んな荷物類を放置しているのを見ても、金があるんだろうと思われる。金の無い人達はキャンプに残るしか選択肢はない。船に乗って逃げ出そうとしている写真が使ってあるが、ああいった船もただで手に入るわけがない。先進国人にとっては粗末な船も、後進国にとってはそうではない。イメージのギャップが利用されている。しかも実際は業者によって小さな船にすし詰め状態で多数押し込められてるのに。実態と異なるイメージが意図的に作られている。一体これはどういう意図なのか。これが分からない。なぜシリア系の難民だけが欧州に向かう方向性になってるのか(同時に、ソマリア、パキスタン、アフガン、アルバニア、さらに北アフリカからも来てはいるが、これらも近年の流れに便乗したものだろう)。しかも関係のない日本にまで受け入れを要求してきている。実際に来ているのは飛行機に乗ってきて大学入学希望の「難民」である。何が難民なんだか。本人達も当たり前のように希望している。なんで施しを受けるのを当然だと考えるのか理解できないが。祖国を平気で捨ててるのもだが。

そして受け入れ先で散々テロを起こしてるのに、この手の機関とかは、未だに表向きは主張を変えていない。つい昨日もフランスでまたテロがあった。もうありすぎて、どのテロがどんなだったか忘れかけているぐらい。→ AFP

>大統領選挙を3日後に控えたフランスの首都パリ(Paris)中心部のシャンゼリゼ(Champs Elysees)通りで20日夜、銃撃があり、警察官1人が死亡、2人が負傷した。警察が明らかにした。イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」が傘下の通信社を通じて犯行声明を出した。実行犯は39歳のフランス人の男と特定された。



☆ なぜ先進国に入れようという雰囲気なのか

まあ、ああいった難民が先進国に来たい気持ちは、それは分かる。福祉や整備された社会インフラが理由だろう。難民キャンプにいるのも東欧諸国に滞在するのも嫌だろう。それは分かる(笑)。問題は、受け入れようという宣伝が異様なことなのだ。なぜ受け入れようとするのか。なぜそれを世界に向けて推進するのか。

それで今までに幾つか、仮説のようなものを書いてきた。

1.欧州のリベラリストがアラブの春を煽って失敗したことを糊塗するために、受け入れを宣伝してるのではないか。失敗に目を向けさせないようにするために、その先に無理に視線を向けさせてるのだ。→ ページ

2.難民を世界に拡散させて混乱させるため。目的は世界の共産化(笑)。→ ページ
まあ、若干無理はあるが。しかし、ゼロではない。何と言っても、ブレイビクのページで見たように、共産主義の亜流のフランクフルト学派がEUを支配してるようだし。

ここでもう一つの仮説。

3.ISISに欧米の国家・社会を破壊して欲しいから。
ま、これも無理があるが。
しかし、今回の難民受け入れ推進と今までのとの違いは、それがシリアだという事。そしてシリアにはISISがいるという事なのだ。彼らは完全な原理主義者であって、気にいらないものはなんでも破壊し、殺戮する。古代の遺跡から、サッカーを観戦していた子供達まで。で、実際、その一派は欧州に入り、あるいは、そうでなくても、その分派を気取る。シリアからの難民には必ずそのシンパがいるだろう。これがパレスチナ難民だったら、受け入れても、破壊活動にははいろうとしないだろうと思う。おとなしく生活するような気がする、今まで通り。しかし、ISISは違う。破壊が期待できる(笑)。

ISISの旗を持ってドイツの警察と戦うムスリム
CO2m5X_VAAA4G_8.jpg

EUの官僚は、国家システムを破壊したいのではないか?
個別の国のシステムが邪魔なのではないか?

その他、

4.多文化共生の無理強い。これをチャンスとみて、無理やりその方向にもって行こうとしている。EUの基本理念の一つだし。

5.なんとなく、ヒューマニスティックで、善人振れるから(笑)。普通にこれかも。



スポンサーサイト



テーマ : 国際政治
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kifuru

Author:kifuru
FC2ブログへようこそ!
元のHPは"kifuruの長文系ページ"、http://kiyo-furu.com (政治詩文関係)と ”kifuruの写真音楽系ページ http://www.kiyo-furu.sakura.ne.jp/(写真音楽関係)に移転しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR