FC2ブログ

スウェーデンの警官が難民の犯罪を告発・・・・トランプ発言は間違ってはいない

トランプが、スウェーデンでテロが起きたと言ったとか言わなかったとか、報道が混乱してるらしいが、実態はそういうレベルじゃないらしい。もはや社会が崩壊してるような状況だとか。しかもそれは表に出される事はないらしい。

スウェーデンのオレブロ(Örebro)という町で、47年間警察官をやって、重犯罪部署の部長代理を勤めてきた、ピーター・スプリンガーレ氏(Peter Springare)は、警察をやめるにあたって、自分のフェイスブックに犯罪の実態を暴露した。これをネットメディアが報道している。→ ソース、、その魚拓 

>This I have handled Monday-Friday this week: Rape, rape, aggravated rape, assault, rape, extortion, blackmail, abuse of judicial procedure, threats, violence against the police, threat to the police, drug trafficking, aggravated drug offenses, attempted murder, rape again, extortion again and beatings.

>この一週間、私が扱ったのはこれだ。強姦、強姦、傷害を含む強姦、暴行、強姦、強奪、恐喝、司法手続きの乱用、脅迫、警察への暴力、警察への脅迫、薬物密売、傷害を伴う薬物犯罪、殺人未遂、またも強姦、そして強奪、そして暴行

>Suspected perpetrators; Ali Mohamad Mahmod, Mohammed, Mohammed Ali, again, again, again, Christoffer ... huh, it is true. Yes a Swedish name popped into the outskirts of a drug offense, Mohammed Mahmod Ali, again and again.

>容疑者は、アリ・モハメッド、モハメッド、モハメッド、モハメッド・アリ、もう一度、もう一度、もう一度、クリスファー・・・本当。薬物犯罪の所にスウェーデンの名前がくっついてた。モハメッド、マホメッド・アリ、もう一度、もう一度

>Countries represented this week, all crimes: Iraq, Iraq, Turkey, Syria, Afghanistan, Somalia, Somalia, Syria again, Somalia, unknown country, unknown country, Sweden. Half of the suspects, we can not know for sure because they have no valid papers. Which in itself often means that they lie about the nationality and the identity.

>今週出てきた国名は、全部の犯罪で、イラク、イラク、トルコ、シリア、アフガン、ソマリア、ソマリア、、またシリア、ソマリア、不明、不明、スウェーデン。容疑者の半分は正当な書類を持っていないので、確かではない。それは大体は、彼らが国籍や自身についてウソをついている事を意味する。

こういった事を書いたことで、このひとは人種差別主義者だってことで、警察の捜査対象になったとか。


これに付けられたコメントも衝撃的だ。ハラルというのは、もちろんムスリムが食べる事を許可された食事だが、それを学校や病院に強要しているらしい。
デンマークの、Claus Pedersen氏
>Alle food in hospital, kindergarden are all halal, no pork, all meat are halal. If you refuse halal, you are a racist.

>病院や幼稚園の全ての食べ物はハラルであって、豚肉はなく、全ての肉はハラルである。もしハラルを拒否すれば、そいつはレイシストだ。

なんだか笑ってしまうが、そういう現実があるのだ。

トランプの発言に関連して、スウェーデンの女性がアップした動画


実際深刻なようだ。動画を見てて思うのは、暴れているムスリム側に何の躊躇いもないこと。罪悪感が全くないらしい。1:10辺りとか。これじゃもう力で弾圧するしかないだろう。しかし、まあ、そんな元気があるのなら祖国で発揮すればよかったろうに。そこからはあっさり逃げてきておいて、受け入れてくれた国で非武装の市民相手に暴力を振るう。「難民」と言うものの正体を如実に見せてくれている。難民というとなんとなく同情してしまうが、実態はただの卑劣漢である。こういう事をするのは極く一部だという人もいるだろう。しかし、じゃあ、そういう一部を周囲の難民はなぜ制止しないのか。要するに自制、自治というものができない。フランスのテロもブリュッセルのムスリム街のアジトから来たらしい。周囲の難民はしってたはずだ。結局、難民は総体としてこういうテロ、暴力を認めているという事になる。

その直後に表示されるグラフ
rape_sweden_charts.jpg
横軸は85年を基準にしたものか。件数が5倍に増えている。また右側のグラフはスウェーデン人と外国人の内訳。
→ 元のサイト、一見して気分が悪くなるが。レイプしてそれをネットにさらしていた難民らしい。

上の動画への、nbrod3nて人のコメントの一部
>In areas like Malmö we could probably be in need of UN peacekeeping forces.
>マルメのような地域では、おそらく国連の平和維持部隊を必要としている。
(マルメというのは、スウェーデン南部にある3番めに人口が多い都市)

>People do notice and care however but we are so nice in Sweden, too nice, possibly the nicest people on this planet. At least in public that is.
>Behind closed doors, away from journalists and politicians, there is different types of talks, talks of stopping immigration, talks of repatriation and even talks of civil war.

>しかしながら、人々はしっかり認識してるし心配もしている。しかし、私たちはスウェーデンにいてとても心地よい、心地よ過ぎる、おそらくこの惑星では最も心地よく暮らしてる人々だ。少なくとも公的にはそうだ。
>閉じたドアの内側では、ジャーナリストや政治家から離れて、異なった種類の会話が行われている。移民を止める話、本国へ送還する話、そして、内戦の話でさえも。

なんだかトンデモないことになってる。実際内戦は起きると思う。それでしか解決しないだろう。お帰りくださいといって、帰るわけがない。多分帰る場所もない。家も何もないだろう。あっても人が占拠している。文明の利便性のない土地などもはや住む気もないだろうし。しかしながら、ムスリムの側が欧州の国や地域を支配することはまずない。白人がその残虐性を剥き出しにしたら勝てるわけがない(笑)。上の動画の9:10以降、まるでイスラムが世界を征服するような事をいっているが、バカげた勘違いだ。今は欧州の側の配慮に付け込んでるだけ。それすら理解していない。コンスタンチノープルを占領したようにローマを支配する、アメリカも欧州も終わりだとか言ってるが、コンスタンチノープルを占領したのはトルコ民族だろう。同じイスラムとは言え。アラブ系はなんにもできていない。独立でさえ自力ではできなかった。酷く弱い民族だ。しかも宗派争いが酷い。毎日のようにお互いに爆弾テロの応酬ををやっててどうして世界が支配できるのだ。どこの宗派がやるん?(笑)。トルコもかつての力はない。今はEUの側が抑えてるから好きにできてるだけ。もし内戦になったら、大勢のムスリムが殺されるだろう。その責任は、異民族を呼び込んだEUの偽善者にある。


☆CNN日本語版も報道 → ソース

☆現地から詳細な報道(テレビ映像なども含む) → ソース


☆ なぜこうもして「難民」を入れようとするのか

まあ、EUの偽善、多文化共生の理念、そういったものが主体なんだろうけど、別の視点を一つ。
かつて、中東、北アフリカは安定していた。対イスラエル紛争のときでさえ。しかし、カダフィ、フセインを倒したあと、アラブの春だなんとか革命だとか言い始めてから、混乱は始まった。しかも、EU諸国の高福祉制度や移動自由のシェンゲン協定などをネットで知って難民が流入しはじめた。アラブの春なんてのを煽ったのは勿論欧米のリベラリストだ。彼らにその責任がある。そこから目を逸らすために、難民を受け入れるのが先進国の義務だとか言ってるのではないのかな。誤魔化しなのだ。

つまり、民主化を煽ったのも正義であり、難民受け入れの要求も正義なのだ。常に正義の側に立っていたいのだ。そうでないと死んでしまう(笑)。実態としては崩れていても、正義であり続けたい、そういうつまらない心理なんではなかろうか。かつての紛争で難民の欧州受け入れを唱えたことはないはず。今回だけ、こんな事を強調するというのは、ちょっとおかしい。自分たちの失策を誤魔化すのが目的ではないのか。失策してても、常に正義である風を装う、という事なのでは。


続く
スポンサーサイト



テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kifuru

Author:kifuru
FC2ブログへようこそ!
元のHPは"kifuruの長文系ページ"、http://kiyo-furu.com (政治詩文関係)と ”kifuruの写真音楽系ページ http://www.kiyo-furu.sakura.ne.jp/(写真音楽関係)に移転しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR