FC2ブログ

映画「君の名は。」・・・タイムスリップものの傑作

正直言って見に行くのは気恥ずかしくて迷ったのだが、どうしても実際に見て解決しないといけないと思って見に行った。
何を解決するのかというと、一般の人気の高さと、業界筋や評論家などからの執拗なネガティブな批評との落差の謎である。一体どちらが正しいのかを自分で確認する必要を感じた。こんな状況なんて今まで見たことがない。興行収入で肩を並べようとしている「アナ雪」なんて業界を挙げての大持ち上げ祭りみたいになってのとはえらい違いである。ちなみにそれは見てない(笑)。どうせディズニーなんてただのハッピーエンドだろうと思ったし。違ってたら失礼。しかし見る気はない(笑)。

で、見た結果はというと、大満足だった。これは傑作だと思う。まあ、普段はアニメどころか普通の映画でさえあまり見ないから、信用性はないが(笑)。アニメで言えば、ナウシカと並ぶか、あるいはそれ以上の傑作。日本映画全体でも、相当なレベルだろうと思う。ま、あまり見てはいないが(笑)。

アニメについては、ジブリものとかは普通レベルで見ている。ナウシカ以外は面白くなかった。千と千尋とか、ラピュタとか、紅の豚とか、ハウルとか、何が面白いのかさっぱり分からない。中身が空っぽの箱を綺麗な紙で包んだ感じ。言いたいことが見えない。「もののけ姫」だけはちょっとおもしろいかなとは思ったが。あの製鉄の一族の挿話が邪魔。あれをカットしてくれるといいと思うが。そもそもあの映画は、自然やその中にいるであろう神々への恐怖、それらの脅威、怒りに怯えて暮らしていた人間が、それに立ち向かい遂にはダイダラボッチを倒して克服し、自然がただの自然として眼前に現れる、という世界観を描こうとしたのだろうと思うが、そうだとすると、既に自然を利用していた製鉄の一族の存在は矛盾するのではないのか。あの集団の存在はストーリー的に必要性があるのか。宮崎監督の個人的な好みあるいは性癖で入れたようjな気がするが。宮崎駿って人は、女性をトップにした親和的な仲睦まじい集団をやたらに描く。どの作品にもそんなのがある。またそれかい、って感じになる(笑)。なんだか見てて恥ずかしいんだけど。母系社会への回帰願望なのかしらん。

この映画はストーリー的にかなりよく練られてるし、絵がいい。さすがにこれでネタバレは出来ないが(笑)、よくできたタイムスリップものだ。なにかこの映画に理屈上の、あるいは論理的な欠点があると論難する向きもあるようだけど、タイムスリップものなんてそもそも因果関係が狂ってるんだから、無い方がおかしい(笑)。それはあえて言わないだけである。「ターミネーター」だって、一体じゃなくて数体、それも時間差を置いて派遣してお互い連絡を取り合えば、まず獲物を殺すのはわけはないだろう。しかし、それをやったらドラマにならない(笑)。また、そんな事をあげつらったら、大概のSFものやファンタジーものはなんだって文句が言える。スーパーマンとか、あんなものが存在するわけはないし(笑)、その存在を仮定したら、なんだってできる。どんなドラマなのか、見る気もないから知らないが、そっちを批判すればいいだろうに。私はSFものは好きで小説も映画もよく親しんできたつもりだが、この映画に関しては先が読めなかった。数分先も結末も全く読めない状態で最後の方までいった。

映像的にはこれは文句なしの綺麗さである。都市の交通状況とか田舎の森の美しさ、川の流れ、神楽の演舞、どれもこれも極めて詳細にリアリティ豊かに描かれている。それを見るだけでも金を払う価値はあるのではないか。どうやってあそこまで細かく描けたのか不思議な気もする。また海外でも売れてるようだが、日本文化の紹介という意味でも相当にいい。神楽、縁日の屋台、組紐他。

☆ なぜ映画界はネガティブな反応をするのか

これに対して、映画界側が批難してるのは一体何なんだろう。
むしろ喜ぶべきだし、盛り上げるべきだろうに。

高橋秀樹[放送作家/日本放送作家協会・常務理事]って人が言ってる事など、言い掛かりとしか言いようがない。→ ソース・・・ネタバレあり
主人公の父親の職業がどうだこうだとか、そんなもん、作る人の勝手でしょとしか言いようのないものだ。しかもこれはストーリーに組み込まれていて、実際利用されている。あまり詳しくは書けないが(笑)。
3:11とも全く関係ないと思うのだが。これは彗星のある特性の話。

こちらもちょっと問題あるだろう。
東京国際映画祭ディレクターが語る因縁付け。 → ソース

>アニメに限らず、外国の作品に対する関心が下がっていることに、僕は大きな危機感を抱いているんですが、その原因のひとつとして考えられるのは、情報が多すぎて逆に届きにくいという皮肉な状況になっているからではないかと。10年前は年間500〜600本だったのが、いまは1200〜1300本近い作品が公開されています。

これは喜ぶべき事としか思えないんだが(笑)。何が問題なんだか。それにネットが発達してるんだから、宣伝面では昔よりはるかに状況はいいはずだが。この作品自体、口コミなどでヒットしたらしい。良くは知らないが。

>『君の名は。』がものすごくヒットしたのも、そうした状況に依るところもあったのでは。

意味不明としか言いようがない。作品数が多いから、特定の作品に客が集まった???????
理解できません。他にいい映画があると思うのなら、そのファンがそれを広めればいいだけ。

>“女子高生とタイムスリップ”はもう十分なんじゃないかなと、個人的には思っています。

十分だと思うなら、作家がもう作らなければいいだけの話。それをそういう作品がヒットしてる時に言うってのは、侮辱だろう、表向きの言葉は違っても。

ジョーズがヒットしてるときに、もうサメが人間を襲う話は十分だと言うのか。
スターウォーズがヒットしてる時に、宇宙ものはもう十分だと言うのか。
そんな事を言う人はいないだろう。
そこにもっと表現の分野があると思えば更に作ればいいし、無いと思うのなら他に向かえばいいだけのはなし。

なんなんだろう、こういう発言は。
こういう論難の元にあるものが何なのか、その謎は解けていないが。


☆ 余談


引用してたら気分が悪くなったので、全然関係ない話ではあるが、彗星にまつわるあるマンガの事で口直し。
はるか昔、私が子供の頃読んだ少女マンガの話(笑)。購読してたわけではないが(笑)、たまたま読んだ。

南の島に、対立する2つの部族がいた。オセアニアの群島みたいなところだった。
主人公は片方の部族のお姫様とその護衛隊長。もちろん二人は恋仲。
敵の部族と戦争をする事になり、二人は、負けた場合に落ち合う場所を決めて戦いに臨む。
そして敗れて、お姫様たちの一行は、先にその場所に逃れて他の人が来るのを待っている。そこは大陸の一部のような土地だった。
しかし、護衛隊長はいつまで経ってもやって来ない。
もう亡くなったのだろうと思い、これからどこか新しい土地を探して自分たちの国を作ろうと決める。
どちらに行こうかと考えてる時に、空に大きな彗星が現れる。その彗星の向かう方向に行こうと決めて、ジャングルの中に入っていく。
しばらく経ってから、護衛隊長が命からがら逃れてくる。お姫様たちはどこにいったのか現地の人に聞くが、誰も知らない。ただ、ある人が、彗星の向かう方向に行こう、と話していたのを聞いていた。しかし、その彗星はもう消えていた。

途方にくれていると、現地の長老が、昔自分は子供の頃、同じ彗星を見たと言う。その頃の老人も昔見たと言っていた。だから、あと何十年かしたら、その彗星がまた来るだろうという(ハレー彗星ですね)。それで、護衛隊長はその彗星が来るのを待つ(待ってないで探せというツッコミは無し)。
待っている間に、大きな丸い水晶をどこからか探してきて、お姫様の等身大の姿を彫る。
そして、白髪の老人になった頃、その彗星がやってきて、老人はその彗星の向かう方向に、杖を突きながらジャングルの中に入っていく。

まあ、ツッコミどころは幾つもあるが(笑)、問題はそこじゃない。感情なんて理屈じゃないからね。二人は出会ったのだろうか、どんな出会いをしたのだろうか、と子供の頃の私は想像したものだった。ちなみにタイトルは「水晶の天使」みたいな感じだった。作者は分からない。ちょっと探したけれど。

マンガというのは、単行本になったのは残っていても、雑誌の読み切りのようなものは、もうほとんどすたれていっている状況だろう。これ以外にも忘れられないものは幾つもあって、もう一度見たいと思っても叶わない状態だ。こういうのを集めて、各作品ごとに電子化してもらえたら、いつでも見れる。それで麻生内閣の時に、マンガ・アニメ博物館というのを作ろうとした。それに糞メディアの連中が猛然と批難を浴びせて潰した。こいつらはまとめて処刑でもすべきだろう。今の日本人はそういったマンガの影響を受けて育ったのだ。それを残すのは日本人にとっても、またそういった文化を尊重してくれる外国の人にとっても必要な事だ。早く作って、消えかけている雑誌類を収集して欲しい。


スポンサーサイト



テーマ : アニメ
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kifuru

Author:kifuru
FC2ブログへようこそ!
元のHPは"kifuruの長文系ページ"、http://kiyo-furu.com (政治詩文関係)と ”kifuruの写真音楽系ページ http://www.kiyo-furu.sakura.ne.jp/(写真音楽関係)に移転しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR