FC2ブログ

なぜこれほどに犯罪者が擁護されるのか・・・日弁連が死刑廃止を提言

ふざけんなとしか思えない。故意の殺人犯は原則死刑にすべきだろう。そうでないといわゆる「鉄砲玉」の存在を認める事になるし、論理的、倫理的におかしい。人の命を奪ったものが、一生を全うするのを許してはならない。よほど被害者側に落ち度がないかぎり。麻薬・覚醒剤関連も大勢の人生を台無しにしてるのだから死刑が相当だと思うが、なんで甘いんだろうか。

→ 魚拓
>代替刑として仮釈放の可能性がない終身刑の導入などを検討すべきだとしている。

なんでこんな連中を社会が負担して養わないといけないのか。金も人員も場所も必要になるのだが。

>「国際社会では死刑廃止が大勢となっている」

すぐこれだ。適当なところだけ国際社会を持ち出す。集団的自衛権も国際社会では当たり前なんだが、賛成したのかね。他国では当たり前のスパイ罪だってこの世の終わりのように反対するくせに。

理念やイデオロギーに従いたがる人間は絶えない。本来の感情を無視して。中には、元日弁連副会長の岡村勲のように、自分の妻が殺された途端に死刑賛成派に鞍替えしのたものいるのに。身内を殺されるまで分からないとは、どういう想像力の無さなのか。一体それまで人生を通して主張してきたのは何だったのか。せめて嘘でもいいから主張を通せと言いたくなる。この程度の「軽い」信念しかないのに、なぜ偉そうに死刑廃止を主張するのか。社会の側が負う負担をなぜ無視するのか。今の弁護士会の人達も家族を殺されたら転向するんだろうに。

もういい加減、欧州初の綺麗事は拒否すべきだろう。最近酷い。EUそのものが偽善と夢想の上に成り立っていて崩壊しかけてるのに、この手の偽善の押し付けはやめない。この「国際社会」そのものが、欧米など一部の国のものだし、そういった国では平気で容疑者を射殺しているのだが。日本だとテロリストを射殺した警官が殺人罪で告発されるという逆さまな事態が起きてる。容疑者の射殺も国際標準で認めるべきだろう(笑)。ま、笑い事じゃないが。社会ってのは一定のバランスの上に立っている。裁判で死刑がダメなら、裁判に掛けるまえに殺す。それで帳尻があう。多分、冤罪で死刑になった人より、逮捕前に間違って殺された人の方が、おそらく、何千倍、何万倍と多いはず。欧米ではだが。

欧州が偽善の発信地であるのに加えて、日本にそれを有難がる連中が一定数いる。そしてその両地域の社会規範の落差というものが考慮されていない。容疑者の射殺もそうだが、差別問題などもそう。欧米で、世界の他国もだが、差別は直接殺傷事件につながっている。日本では、せいぜい、「Japanese only」 の垂れ幕を掲げたり、スピーカーで、「祖国に帰れ」というぐらいだ(笑)。こういうのを見て、この手の連中は、国際基準ではこんな発言は許されないとか、まるで正義の使者のようにいうのだが、国際的には差別で普通に殺人が起きてるのだが、どういう認識能力をしてるんだろうか。日本国内で差別による殺人事件というのはほとんど聞かない。関東大震災であったというが、あれは実際に暴動が起きて、陸軍の一個小隊が鎮圧にいって逆にやられたりしたという。実相は中々掴めないが、戦後の混乱した時期に、日本中の駅前の一等地が在日に占領されてパチンコ屋ができてるのを見れば、あったと思った方が整合的だ。その間20数年だから、両方に関わった人も多いだろう。似たような行動をとったはず。

欧州がこの手の偽善を世界に押し付けてるのは、私見ではあるが、戦後植民地が独立して支配権が消滅してしまったからだろうと思ってる。アフリカ諸国が独立する60年代が主張の切り替わりの時期になっている。それ以前は死刑をやっていたし。植民地の代わりに、理念で世界を支配したいのだ。プライドの維持が根底にある理由だろう。一般市民レベルでは死刑に賛成したり、難民移民を拒絶する人たちは相当数いるようだし。問題はこの手の偽善に夢をみる日本その他にいる偽善者、自覚しない偽善者である。完全に自分たちが正しいと思ってるから手におえない。白人様が仰ってるのだから、その通りにすべきだと思ってる。

こういったものはフランス革命以降のキリスト教に発するイデオロギーであって、日本などがそれを丸呑みすべきものではない。万人が平等といっても、それは白人種のなかの、平民や王侯貴族の話であって、最初から有色人種は数に入っていない。フランス革命の後、19世紀、20世紀に渡って散々アフリカや新大陸で他民族を虐殺してきたのがこの連中だ。なんで日本の進歩派(笑)とか人権派はこういう事実を無視するのだろうか。多分、統合して考えられないんだろうと思うけど。

少なくとも、この手の社会規範、伝統、刑罰などに関する事は、特定の集団や議員だけで決めるのではなく、国民投票で決めるべきだ。理念ではなくて感情(と理性)で。理念など作られたものでしかない。人間の活動の根底にある感情(+理性)が優先されなければならない。憲法改正などより遥かに重大な問題だと思う。そもそも、殺人犯なんて、日本だと確か、10万人に一人のレベルだったと思う。そんなものは処刑すればいい話。生かしておいて何の役に立つのか。デメリットしかないと思うが。

冤罪がどうとか言うが、それは人間がやることなんだから、一定数の間違いは出る。それは認めるべきだろう。宝くじは毎年当選者がでるが、冤罪なんて何十年に一人のレベル。それにかつては確かにそれはあったが、近年は、鑑定の方法が細かくなってあまり起きないのではないか。DNA検査とかで。それに各地の監視カメラで防げると思うが。すくなくとも、この人は犯人ではない、ぐらいの鑑定はできるだろう。そもそも冤罪ってのは司法の問題ではないか。裁判所に責任がある(笑)。それを社会全体に負担させるべきではない。冤罪がまるでシステムのせいであるかのように言うのは責任逃れだろう。司法関係者がその冤罪の責任を取ればいい。

この司法の問題ってのは色々とあるんだが、彼らはそれを自覚していない。弁護士なんか犯罪者の権利を守るのが絶対の正義だと思いこんでてそこから一歩も出ない。あれは何なんだろう。まあ、理解できなくはないが、殆どが実際に犯罪を犯してるのは間違いないのだが、異様に擁護する。ドラエモンが助けてくれると思っていたとかの容疑者の言葉をそのまま信じたり(笑)。冤罪が認められて釈放された人間が再度犯罪を犯したりとか。むしろ、有罪の決め手が不十分にしか持てない状況が続いてるのが問題だと思うが。国内全ての通りや、交差点に監視カメラを置くとか本気で考えてもいいのではないか。あるいは駅や空港で出入りする人間の全ての顔写真を撮って、誰であるかを特定するとか。今じゃコンピューターで瞬時に出来るだろう。私はそんな事をされても全然構わない。気にしない人の方が圧倒的に多いと思う。嫌がる人は何か裏があるはず(笑)。

もう一つはおなじみのサヨクイデオロギー。共産党辺りから、一定の工作員が司法界には入っているのだろう。教育界、メディア界同様。かつて裁判官の任官拒否問題というのがあって、その理由が、青年法律家協会に所属しているということだった。今もあるかどうかは知らないが、明らかにサヨク的な主張をしていた。今もその手の思想が残ってるのだろう。革命の同士を死刑などにはさせたくないのだ(笑)。共産主義など19世紀の遺物なんだが、いつまでも信じてる人がいる。何とかならないのだろうか。あるSFで、イデオロギーに嵌った人、あるいは嵌まる傾向のある人から人間としての権利を剥奪する、という世界が描かれたのがあったが、将来はそういう検査が出来るようになって欲しいと思う(笑)。


※ 「犯罪者は殺せ」 支持率91%

→ 魚拓

麻薬関係者を射殺していっている、フィリピンのドゥテルテ大統領の支持率が異様に高い。これは当たり前なのだ。だれもが犯罪を憎んでいる。それに関わりたくはないし、被害者になるのは冗談じゃないと思ってる。この手の犯罪者はこの世から消えろと思ってる。それが普通の感情だ。

しかし、人権派、進歩派からみるとそれは間違いらしい(笑)。は? なんで君らが正邪を決める権限があるの? 誰の意見が正しい、間違いだって、決める権利があるの? それは単に、フランス革命以降の人権を信仰してるだけのことでしょ? そうではなく、歴史の神様とか、人権の絶対神から、何か委託を受けたのかね?

しかし、こんな疑問には彼らは答えない。なぜなら、彼らは信仰してるものが絶対に正しいと信じてるからだ。それは科学ではなくて、信仰でしかない。そのような理念があるのは認めるとしても、それが「正しい」と思うのは主観でしかない。

しかしこんな事を言っても、彼らは受け入れないのだ。ここに問題がある。その地の民衆が支持してるものを理念によって否定する。その理念が正しいという証拠は? それがこの時代に適用されなければならないと思う根拠は? 戦国時代とかはどうだったのかな? 16世紀のボリビアのポトシ銀鉱山では、800万人が奴隷労働で死んだらしい。800人じゃなくて、800万人。それは仕様がなかったのかな。今はそのときとは違うのかね? インドネシアのアチェ地方の反乱では、オランダは10万人殺したらしい(20世紀初め)。それって、フランスの人権宣言以降ではなかったのか? お友達の共産主義者は20世紀で一億人殺している。ナチなど比較にならない数なんだが、この手の連中にとっては何の問題でもないらしい。60年代までのオーストラリアのアボリジニ、アメリカの黒人、インディアン、今現在のカナダのエスキモー、みんな虐殺されてる。なのになぜ、偽善的な要求をするのだ?

理想は理想でもいい。しかし、それがこの時代に適用されるべきという根拠はなんなのだ? 麻薬、覚醒剤犯罪者をその場で殺す。裁判などにかけない。それがダメだって根拠は? そんな根拠があるのかね? 法手続きに則っていないと言うんだろうけど、それは西洋のものであって、それが絶対に正しいという保証などないし、地球上全部に適用さないといけないなんて理由はない。ムスリムは拒否するだろうし、お仲間の中国じゃ無視されてるのに(笑)。理念など全てその時その時にでっち上げられたものであって、永遠に正しいという保証などないのだ。共産主義国家が破綻したように。

進歩しないといけない、という強迫観念があるのではないか。今と違った未来が来るべきだろ思ってるのだろう。しかし、その未来が理想とはまるで違って、ポル・ポトのカンボジアのような未来だとしたらどうなのか。そんな未来を信奉するのか。
20世紀は実験の時代だった。とんでもない社会体制が試行され失敗した。その事を反省しないといけない。人間にはDNAという縛りがある。理想を夢見ても人間はDNAに支配されている。理念が支配できないのは、何度も言うが、共産主義国家の破綻を見ればわかる。共産国は農業の失敗がもとになって混乱する事が多い。それは当然。植物のDNAは理念やイデオロギーの支配は受けないから(笑)。あるいはEUの混乱でもいいが。人間は動物なのだ。神が作ったものではない。その認識が欠落してる。






続く
スポンサーサイト



テーマ : 刑事司法
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kifuru

Author:kifuru
FC2ブログへようこそ!
元のHPは"kifuruの長文系ページ"、http://kiyo-furu.com (政治詩文関係)と ”kifuruの写真音楽系ページ http://www.kiyo-furu.sakura.ne.jp/(写真音楽関係)に移転しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR