FC2ブログ

鳥越立候補の裏は何なのか・・・公表されている経緯はおかしい

鳥越がハフィントンポストで、都知事選について振り返っている。→ サイト魚拓
また動画もある。

トンデモ無いことを色々言ってて呆れるのだが、とりあえず、本人などが公表している立候補前後の経緯。

参院選投票日の10日ほど前に、古賀さんから出ないの、という電話があった、が断った。
投票日の10日に改憲勢力が3分の2取ったことで危機感をもった。
11日夜に岡田がやってきて決断した。→ 日テレニュース
12日、立候補表明の記者会見
13日、2時から4候補者揃っての記者会見、 → youtube、その後宇都宮氏辞退 → youtubeyoutube
14日、公示


しかし、須田氏によると、3日の選管の説明会には鳥越関係者が来てたというのだが。→ youtube
30万枚の証紙をもらうらしい。

また東国原氏が6日に、鳥越が立候補を準備してるとバラしてる。 → 魚拓
嘘ではないか。

そして、14日の演説会


つまり、12日と13日の二日間で選挙準備を行って、選挙カーもプラカードも作った事になる。
こういった実務には詳しくないが、これは可能なのだろうか。バックにある写真も、選挙用に撮ったように見える。

一方増田氏は、4日頃から7日頃までに調整を行い、8日に出馬を決断している。→ サイト
14日の公示にはギリギリだったとか。
常識的にはそうだろう。たったの2日であんなに揃うのか。ポスターなどはいつ張られたのだろうか。
これは嘘ではないか。

少し整理してみると、

7月1日頃、古賀氏との間で話し、決断した。しかし、石原氏のように後出しジャンケンをやろうとして隠した。
6日、石田純一立候補表明。これはいわゆる当て馬、あるいは都連レベルの話。

11日、古賀氏と、松原、岡田などが会談 → サイト
>11日早朝、民進都連の松原仁(じん)会長から電話を受け、会ってみると、私を“すぐ”民進候補として擁立したい
その夜、今度は民進の岡田克也代表から帝国ホテルの立派な部屋に呼ばれた。岡田氏は私に「最後まで一緒に選挙を戦ってくれますか?」と聞いてきた。
「友人であるジャーナリストの鳥越俊太郎氏の出馬が取り沙汰されているが、それが事実なら私は彼の応援に回りたい」
私の鳥越支援のひと言に、岡田氏は「その方向で動きます」と答えた。そして、松原氏や共産党の小池晃書記局長に電話し、出馬をやめる意向を伝えた。
「有権者のために上杉、鳥越、宇都宮の3候補が公約を公開で議論する場を設けてほしい」

一方民主都連の、松原氏談 → 魚拓
>告示(7月14日)直前の11日、都連は元経産省官僚の古賀茂明氏(60)を擁立する方針を固めながら、同日夜に鳥越氏が突然の出馬の意向を示したことを受け、翌12日に党本部の主導で古賀氏ではなく鳥越氏を候補者として担がざるを得なくなった経緯がある。
 あらためて、当時の状況を「(候補者選定を一任されていたはずの)都連の流れとは違う流れで決まった内定していた候補者を覆した」

「都連の流れとは違う流れで決まった」これが気になる。党首レベル、それも他党か。11日夜の、岡田の豹変がおかしい。
しかも岡田は応援にはあまり行かなkったようだし、投票日前に代表選にでないと表明した。なんだか妙だ。岡田も乗り気では無かったのか。

ちなみに、岡田の鳥越についての見解(7月21日) → youtube
表情がおかしい。全然支援する気はないような話しぶりだし。
5:50辺り、「鳥越候補を推すに当たって、身体検査しましたか」、との問に、「私特にコメントしません」と答えてる。
これはもちろん、してないのだろうけど、何か怒ってる。そんな事をするような状況ではなかった、押し付けられたのだ、といったニュアンスがあるのではないだろうか。

しかし、すっきりしない。
誰もが嘘を付いてるような。まるで、「羅生門」(笑)

裏を推測してまとめてみると(記号は確実度)

◎ 鳥越は嘘を付いている
○ 古賀は最初からグルで、都連の誘いに乗ったのもポーズ
△ 石田純一は、混乱を演出する為に乗せられた(本命が登場する前の当て馬)
△ 都連・松原は蚊帳の外で事情を知らなかった
△ 岡田は周囲に振り回されてはっきりした意思は持ってなかった
? 筋書きを描いたのは共産党と中国
△ 宇都宮を攻撃して下ろしたのは、共産党周辺の集団
○ 古賀自身は宇都宮を排除する気はなかった
△ 11日夜、民進が鳥越に決めたのを受けて、共産党は12日から宇都宮排除の工作を始めた
? 中国は沖ノ鳥島が岩礁であるという主張を通すために鳥越を希望した
△ 中国にとっては人格や見識などどうでもよく、能力はむしろ無い方が良かった
△ 野党統一候補は、国内サヨクは当初考えてなかった(宇都宮排除は最後の段階で起きたから)
? 統一候補を要求したのは中国
? 8月上旬に始まった尖閣周辺への大漁船団派遣は、鳥越落選への中国の苛立ちの現れ
△ 民進都連は古賀を推す予定だったのだから、鳥越の選挙準備をしたのは共産党



(8/16追記)
関係あるかどうか知らないが。→ 沖ノ鳥島問題

>米紙ワシントン・ポストの15日付無料版に、日本の沖ノ鳥島(東京都小笠原村)について、「島とは認められない」などと主張する意見広告が掲載された。
> 南シナ海のスプラトリー(南沙)諸島などを巡り、オランダ・ハーグの仲裁裁判所が7月に出した判決に反発する在米中国、台湾系の団体が出したものとみられる。
>台湾が実効支配する同諸島最大の「太平島」について、「居住が可能で、国連海洋法条約の島の定義を満たしており、島と認めなかった判決はバカげた政治的茶番で受け入れられない」と主張。

こちらのサイトでは、
>(海洋法条約の)第121条第1項では「島とは、自然に形成された陸地であって、水に囲まれ満潮時においても水面上にあるもの」と定義されている。と同時に、第3項では「人間の居住又は独自の経済的生活を維持することのできない岩は、排他的経済水域又は大陸棚を有しない」とされている。そこで、「人間の居住」を維持できない場合は、それは島ではなく岩ではないか、という1つの解釈が存在する。

島・・・領海も、排他的経済水域も持つ。人間が居住できる。
岩・・・領海のみ持つ。居住できない。
岩礁・・・何も持たない。満潮時に海中に没するもの。

まあ居住できるかどうかは、微妙な話だ。竹島に住んでる人もいるらしいし(笑)。
南沙では、中国は、島でも岩でもない場所(公海)を埋め立てて飛行場を作ってるようなんだが。




続く

スポンサーサイト



テーマ : 選挙
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

そうですね
石原氏が勝ったのも、後出しジャンケンというよりは、存在感がそもそも大きかったからで、
それを有効に利用するために最後に登場したという事だろうと思います。
鳥越じゃ無理でした。ほんとになんであんなのを選んだんだか(笑)。

今回は、小池さんも桜井さんも、潔かったですね。
桜井さんの主張は、今のメディアの嫌がる内容なんで広まらなかったのはしょうがないですが、
これからネットの力が増したらまた違うでしょう。

思い返すと、慰安婦捏造問題や戦後サヨク批判というのは、90年代のパソコン通信の力が大きかったです。
私はそれで色々教えられましたし。
今のネットやSNSの発達はまた別の流れを生むでしょうね。
個人が情報発信できる時代というのは、今までになかったものですから。
ネットというのは、印刷術の発明に匹敵する革命だろうと思います。

No title

めんどくさい、連中ですね。
やはり人の共感を得るのは直球勝負の人だと思います。
今回小池さんが勝利したのも回りくどいことをしなかったからでしょう。
わたしは、都民ではありませんが桜井誠氏を応援したかったです。
かれも直球勝負の人ですが、知名度がなかったことが残念です。
プロフィール

kifuru

Author:kifuru
FC2ブログへようこそ!
元のHPは"kifuruの長文系ページ"、http://kiyo-furu.com (政治詩文関係)と ”kifuruの写真音楽系ページ http://www.kiyo-furu.sakura.ne.jp/(写真音楽関係)に移転しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR