FC2ブログ

日本社会からタブーが消えていくことは良いことだ・・・桜井候補演説

今回の都知事選に、元「在日特権を許さない市民の会」会長の桜井誠氏が立候補している。
決して支持するわけはないが(笑)、この人の演説には客観的に見て、価値ある側面がある。
それは、今までタブーとして語られる事の無かった事を、公衆の面前で言っている事だ。




日本社会には各種のタブーがある。その中には、実は日本人にマイナスになるものであるにもかかわらず、タブーとして発言が抑えられてきたものがある。近年は相当に緩和されてきたが、それでも語られる事のない事がいくらもある。

例えば、かつては、「北朝鮮」という言葉もそうだった。言ってもいいが、その後に必ず、「朝鮮民主主義人民共和国」と添えなければならなかった。
「改憲」もそうである(笑)。ほんとに笑い話としか思えないが、90年代以前は公人は言ったら政治生命が絶たれた。
過去の歴史について、GHQの見解に反する発言。例えば、「日本は朝鮮に良いこともした」といった江藤隆美総務庁長官は辞任に追い込まれた(1995年)。
まあ、「良い事もした」というのは厳密には間違い。「良いことだけをした」というのが正しい(笑)。学校を4500校以上も建て、病院を作り、道路、上下水道を作り、衛生環境を画期的に変えた。人口は2倍に増えた。しかも日韓基本条約の締結にさいし、国家予算の3倍もの賠償金を払い、工業技術まで与えた。韓国が工業国になったのは、ただただ、それのおかげである。それまでは、世界最悪レベルの貧困国だったのだ。キーセン(売春婦)観光でしか金は手に入らなかった。
欧州はその植民地の独立に際しては、資産に対する請求権を保持し金を取った。しかし、日本は権利を放棄したばかりか、逆に金を支払ったのだ。

まあ、こんな事もネットの発達以降では普通に言えるし、また、知られるようになった。それ以前はマスコミとサヨク勢力の言論の支配のもとにあった。

しかし、今でも公には語られない事もある。
桜井市の7つの約束

外国人生活保護の廃止。
4年間で都内の不法残留者の半減。
反日ヘイトスピーチ禁止条例。
総連・民団施設への課税強化。
違法賭博パチンコへの規制。
韓国、韓国学校の建設中止
コンパクトな東京五輪の開催。


とりわけ、

外国人生活保護、不法残留者問題、違法賭博パチンコへの規制。

これは実際重要な問題である。生活保護を受ける外国人など、母国へ返すのが当たり前だし、パチンコが許容されているのは、どうみてもおかしい。しかも、それが、北朝鮮などの核ロケット開発の元手になっているらしい。

仕事のない外国人は入れてはいけないのだ。博打も公然とされるのはおかしい。まあ、隠れてやるのは好きにどうぞ、と思うが、ああも公然とやるのは違法だし、許されてはならない。不法残留者が退去されないどころか、裁判で認められるのもおかしい。可哀想な一例を認めれば、そこを突破口として入ってくるのは目に見えてる。

まあ、こういった事は桜井氏だけの功績ではないが、これほどあからさまに発言して、支持を受けるのは初めてだろう。

石原慎太郎氏や橋下氏にもいくらかはそういった面はあったが、徹底はしていなかった。

部分的には、他の人、例えば片山さつき氏の発言もある。
「日本人が生活保護を受ける場合、本人の経済状態や扶養できる親戚がいるかどうかなど、綿密な調査が行われる。しかし、外国人については、領事館に『本国に親戚がいるかどうか』を問い合わせるだけ。事実上、外国人の方が簡単に生活保護を受けられる仕組みになっている」

まあこれは大きな問題だ。


===アジア諸国と日本との違い===

これははっきりと認識されないといけない。
これをボカすから誤解が生じる。
まるで、異次元のように違っていたし、今でもそうだろう。
人間皆同じといっても、社会のあり方は違う。

かつて、「日本では水と安全はただ」という名言があった。
この事は極めて重大だ。
外国では飲める水はただではない。買わないといけない。外国を旅行してるとペットボトルの水を飲ませてくれ、という子供達が寄ってくる。中央アジアではそれどころか、力で奪いとるものであったろう。

人間は4,5日水が飲めないと死ぬらしい。鉢植えの植物もそんなもんだろう。水さえあれば、たとえ食い物が無くても当面は生きていける事が確定する。しかし、それが無ければ生存は不確定となり、社会や人間関係が不安定化する。日本ではそんな状況とは無縁であった。水道が無くても、ちょっと川を遡れば飲める清流があった。降水量も多かった。日本では水はどこでも飲めた。今でも公園にはただの水がある。水は命の根源である。それがただかどうかなんて文明の成り立ちに関わる。その認識がないのは日本だとやむを得ないとはいえ、世界的に見れば異常だろう。

あの悪名高い「731部隊」も飲料水の確保と疫痢の防御が任務だった。水道などない中国大陸を進軍する際に、どうやって兵士達の飲料水を確保するのか。今の私には想像できない。有名な話に、台湾を占領した国民党軍が、水道の蛇口をみて、それさえあれば水が出てくるものだと思って、蛇口を強奪していった、という話がある。何万もの軍隊の兵士への飲料水の確保は大変な任務だったろう。まさか、後日、化学兵器の専門部隊だとして糾弾されるなんて思いもしなかっただろう。

文明的に、また、風土的にまるで違っていたのだ。

「水」はおそらく「安全」の基盤にあったと思う。
水が確保されていたから、争う必要性は薄れたのだ。もちろん食料や領地の争いはあったが、言葉通り死命を制するものではなかった。とりあえず、生きては行けたのだ。多少は人に譲っても死ぬ事はなかった。それが日本人の生き方の根底にあるのだろうと思う。他人との生存競争が穏和となっていたのだろう。しかし大陸では違う。はっきりと奪い取らないと生きてはいけない。そういった点で日本人は甘かったのだ。そこに付け込まれ、また偽善者が関わる余地が出来、反日勢力に利用される事となった。

続く

スポンサーサイト



テーマ : 選挙
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

そうですね。主張を説明していく際の論理と知識、話の持って行き方、聴衆への煽りとか、かなりのもんだろうと思います。

私は、それほど演説会とかに行っているわけではありませんが、今までで一番上手いと思ったのは、小泉進次郎さんです。この人は、とにかく話が上手い。聴衆を沸かせる。もう舌を巻くというレベルです。
ただし、政治的な主張がなんであったかはあまり印象には残りません。まあ、客寄せパンダとしての役割を果たしてるのでしょうが。

あと安倍さんですね。話が上手いとか下手とかそういうレベルではなくて、誠意と熱情をほとばらしたような演説をします。

他では、橋下氏とか麻生さんとかも聞きましたが、それほどとは思いませんでした。

桜井さんは、完全に政治家としての演説です。行き過ぎると扇動家になるかもしれないというレベルですね。引っ張られますから、若干危ないかもしれませんが(笑)。
しかしほんとに色んな事をよく調べて、言いにくい事もはっきりいいますね。こういう人は日本の政治家には居なかったかなあ。


No title

桜井さん話がじょうずですね。
今回だけって言ってましたが、今回の都知事だめだったとしても、国政とかで出て欲しいですね。
若いので、頑張ってほしいです。
プロフィール

kifuru

Author:kifuru
FC2ブログへようこそ!
元のHPは"kifuruの長文系ページ"、http://kiyo-furu.com (政治詩文関係)と ”kifuruの写真音楽系ページ http://www.kiyo-furu.sakura.ne.jp/(写真音楽関係)に移転しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR