声楽レッスンの記録ーヴォルフ

ヴォルフ「歌曲選集1」より
 メーリケの詩による歌曲集
  ある結婚式-Bei einer Trauung
・・・これは分かりやすい。若干シューマン風味の佳曲。

フランツ・クラスのが良かったかな。




  問わず語り-Selbstgestandnis・・・音取りは楽だが、奇妙な変なメロディー。
  あばよ-Abshied・・・かなり変わった曲ではあるが、なかなか面白い感じもする。
     前半は非常に半音階的で、約半数の音符に臨時記号がある。途中から印象的な旋律が出てきて、
     伴奏は8分の6に変わる(歌唱部は4分の2のまま)。更に後半は歌唱部も8分の6。
     6拍の内の1拍目と6拍目が休符という変わった旋律が出る。
     終わりの方は共に8分の3拍子になり、なんだか、メリーゴーラウンドみたいになる(笑)。
     四分音符1個に16分音符二つの組み合わせ。ターラララーラ、みたいな感じ。
     実に不思議な曲。しかし、面白いと言えば面白い。何度も歌ってしまった。

同じくフランツ・クラス


スポンサーサイト

テーマ : クラシック音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kifuru

Author:kifuru
FC2ブログへようこそ!
元のHPは"kifuruの長文系ページ"、http://kiyo-furu.com (政治詩文関係)と ”kifuruの写真音楽系ページ http://www.kiyo-furu.sakura.ne.jp/(写真音楽関係)に移転しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR