ダークダックス「アンジェリータ」・・・アンツィオ上陸作戦

別のページでアンツィオ上陸作戦の事をちらっと書いたら、この歌を思い出してしまった。
連合軍がイタリア半島のアンツィオに敵前上陸をした時に、親とはぐれた少女を保護した。その子は部隊のマスコットとして可愛がられたのだが、数日後、敵の砲弾に当たって死んでしまったという。この話が、歌にされた。
日本ではダークダックスが歌った。


原曲かな


アンツィオ上陸作戦については映画にもなってるが、それはあまり面白くない。

市庁舎前には、像も立てられた。→ サイト
4474090512110218.jpg
This memorial commemorates Angelita, a young girl found in January 1944 lost and frightened on the beach in the midst of heavy bombing. She was found by S.C. Hayes of the Royal Scots Fusiliers.
少女を見つけたのは、イギリス兵のS.C.ヘイズ

Hayes and his comrades adopted her for a few days but were unable to locate her family.
After some days the men left the child with the Red Cross and just minutes after leaving her, there was an explosion from a shell and Angelita was killed.
赤十字に渡した直後に砲弾によって死んだ。

After the war, S.C. Hayes still attempted to track down her family, but he did not succeed. He and his comrades were no
t even certain that they had got the child's name correct. Because she stayed unknown, she moved into legend in Anzio.
本当の名前は知らなかったと。
On 22 January 1979, this memorial was erected for her, and to commemorate all the innocent victims of war.









しかし、この話はウソかもしれないらしい(笑)。残念な事ではあるが。→ こちらのサイト
But at the name of Angelita, all the veterans I spoke to looked blank. The man who claimed to have discovered her, Christopher Hayes ------ died two years ago. But the story that he reported lives on.
しかし、アンジェリータという名前に対しては、私が話したベテラン兵はみんな、ポカンとした表情をした。
この少女を発見したと言ったクリストファーヘイズは、・・・・二年前(2002年か)に亡くなった。しかし、この物語は生き続けている。

A local historian, Amerigo Salvini, has looked into Mr Hayes's story and believes it is untrue. There are too many variations in detail and improbabilities, he says. "If soldiers found a child they would have handed her over at once to the medical corps," he said.
郷土史家のアメリゴサルビーニは、ヘイズの物語を調べた結果、それが真実ではないと信じてる。細かな所で、あまりにも違いが多く、ありそうにない事柄が多すぎるからだ。彼が言うには「もし兵士が子供を見つけたら、直ぐに衛生部隊に渡しただろう」

そういえば、以前はウィキペディアにもあったと思ったけど、消えてるなあ、英語版も。

ダークダックスはいい歌を色々歌った。その中であまり知られていないが、印象的な曲「消えない顔<銃殺執行兵士の歌>」をアップしているので聞いて欲しい。→ HPのサイト

スポンサーサイト

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フン族やゲルマン諸族の大侵略の効果は小さい

フン族やゲルマン諸族の大侵略は、騎馬軍団の高い機動性と敵の身体を暴力的に侵害する威嚇力に依存していたので、武力に優れた少数の軍団で多数の異民族を一時的に撃破できましたが、その物質的な効果は、歴史に名を遺した割には小さい、というパラドックスになっています...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kifuru

Author:kifuru
FC2ブログへようこそ!
元のHPは"kifuruの長文系ページ"、http://kiyo-furu.com (政治詩文関係)と ”kifuruの写真音楽系ページ http://www.kiyo-furu.sakura.ne.jp/(写真音楽関係)に移転しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR