FC2ブログ

ヤードバーズ ストロールオン/Stroll on by Yardbirds

ヤードバーズ ストロールオン

ミケランジェロ・アントニオーニの映画「欲望」で印象的に使われている曲。私は以前、車を運転中この曲だけを延々と聞いて居たことがあるぐらい、好きな曲である。飽きっぽい私であるが(笑)、この曲は飽きなかった。なんと言ってもあのベースラインがいい。ジェフベックとジミーペイジという後の大物ギタリストによる、ツインギター時代の演奏。

映画では、主人公が地下のライブ会場に偶然入ると、ヤードバーズがこの曲を演奏している。本人は興味が無かったが、好奇心の赴くままに人混みをかき分けて前の方にいく。そのうち、ジェフベックが使ってるアンプが雑音を出し初めてベックがいらつき、ギターをアンプに叩きつけたりする。隣ではジミーペイジがにやにや笑いながら演奏している。

ついに切れたジェフベックが、ギターを破壊して残骸を観客の方になげこむ。ファン達は争って取り合うのだが、何の興味もない主人公が強引に奪い取り、それを持って外に逃げる。そしてしばらく歩いたところで、ポイッと放り投げる。通りがかった人が、何だろうと思って取り上げるが、ガラクタなので投げ捨てる。ファンにとっては宝のようなものでも、他の人にとってはゴミに過ぎないわけで、価値や意味の不安定さ、現実の不確実さをテーマとするこの映画らしいシーンであった。



このシーンを見ていつも思うのは、ジェフベックのあのパフォーマンスは、地でやってるのか、演技なのかということである(笑)。勿論映画なのだから、演技には違いないわけだが、どうも演技してるようにも見えない(笑)。周りのスタッフの動きも自然で、本当の演奏会のシーンのように見えてしまう。しかし、よくこういう映画のテーマにそったシーンを考えつく、あるいは見つけてくるものだと、監督には感心してしまう。

この曲には有名な元歌の、Train kept a-rollin' があってヤードバーズも演奏している。ボーカルのキースレルフが吹くハモニカで汽笛を表してるものだが、私にとっては、シンプルなストロールオンの方が良い。映画に使うにあたって、版権の問題で歌詞を変えたようだ。


この曲は彼らが演奏する以前には、ロカビリー時代にヒットしている。ジョニーバーネットトリオが演奏していて、CDも出ている(私も持っている)。1分10秒辺りなどに、あのベースラインが部分的に出てきて興味深い。



古きよき時代のアメリカで、まさに絶頂期、1950年代後半。昔のアメリカ映画や映像には今のようなデブはいない。


さらに、この曲を作ったTiny Bradshaw が、1951年に発表したレコードがある。ジャンプブルースというジャンルで、リズムアンドブルースや ロックンロールの大元にあたるらしい。



これには、あのベースラインは無い(と思う)。


ヤードバーズ以降は、エアロスミスとかいくつものグループがやるわけだが、私はあまり興味ない。今風なロックでやる曲でもないと思う。


ある日、20年ほど前になるのか、商店街を歩いていた時だったか、スピーカーから突然このベースラインが聞こえてきて、あれあの曲やるのかと思っていたら、いきなり日本語の歌詞が流れてきたのに驚いた。なんだあ、これはあ、としばし呆然と聞いていたものだった。シーナ&ロケッツのレモンティーという曲だと知ったのは、大分後。



これはこれで中々良い。かなり卑猥な歌詞のようではあるが(笑)。
以上

(追記2/9)
今日テレビを見てたら、オリックス銀行のCMがあって、ヤードバーズらしい演奏で I'm a man の序奏部をバックに使っていた。ハモニカの入った奴。ただ、演奏はそっくりだったが、音質が違う気がしたので、別のグループかもしれない。

(追記、2015/2/15)
シーナさんが昨日14日にガンで亡くなったらしい。特にファンと言うわけでもなかったが驚いた。最近は、ジョニーウインター、ジャックブルースとかつてのロックスターがよく亡くなってる。もうそういう年代になったということだろう。ご冥福を)
 
スポンサーサイト



テーマ : 今日の1曲
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

連絡を取ってのですか。それは知らなかった。一応ちゃんとやってたのですね(笑)。
勝手にやってるものとばかり。
かつてのロックでは割りと普通に人のを利用してたみたいですからね。
ツェッペリンの「天国への階段」だったかはあまりにそっくりで裁判になったとかって話ですが。
色々と知識のすり合わせができるのが、ネットの良いところでもあります。

No title

このシーン、懐かしいです。ストロールオンに元曲が有ったのはしらなかった。
鮎川氏いわく「自分たちのレコードに入れたかったんでヤードバーズ側に連絡取ったんだけど、OKが来なかったから勝手にレモンティーってタイトル付けて吹き込んだ。特に何も言って来ないよ(笑)」だとか。
元曲が有るならあっちもあまりうるさくは言えないだろうなあ。そういう時代でしたね。
プロフィール

kifuru

Author:kifuru
FC2ブログへようこそ!
元のHPは"kifuruの長文系ページ"、http://kiyo-furu.com (政治詩文関係)と ”kifuruの写真音楽系ページ http://www.kiyo-furu.sakura.ne.jp/(写真音楽関係)に移転しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR