FC2ブログ

L.ウラッハの芸術ークラリネットの達人の全集

はるか前から期待していたものがやっと出た。
ウイーンフィルのかつてのクラリネットの首席の11枚組BOX。Scribendum Argento SC802
曲目は
CD 1
モーツァルト:クラリネット五重奏曲イ長調, K.581
モーツァルト:クラリネット協奏曲イ長調, K.622

CD 2
モーツァルト:クラリネット五重奏曲イ長調, K.581
モーツァルト:クラリネット協奏曲イ長調, K.622

CD 3
モーツァルト:5つのディヴェルティメント変ロ長調, K.439b (Anh.229)

CD4
モーツァルト:セレナード第10番変ロ長調, K.361 (370a) "グラン・パルティータ"
モーツァルト:セレナード第11番変ホ長調, K.375

CD5
モーツァルト:セレナード第10番変ロ長調, K.361 (370a) "グラン・パルティータ"
モーツァルト:セレナード第12番 ハ短調, K.388 (384a) "ナハトムジーク"

CD 6
ベートーヴェン:八重奏曲変ホ長調 Op.103
モーツァルト:協奏交響曲変ホ長調, K.297b, Anh.C14.01
ベートーヴェン:ロンド変ホ長調, WoO25
ハイドン:八重奏曲ヘ長調 Hob.II:F7

CD 7
シューベルト:八重奏曲へ長調, Op.166, D.803
リヒャルト・シュトラウス:セレナード変ホ長調, Op.7(管楽器のための)

CD 8
ベートーヴェン:七重奏曲変ホ長調, Op.20
ベートーヴェン:モーツァルト「ドン・ジョバンニ」の「お手をどうぞ」の主題による12の変奏曲ハ長調WoO28

CD 9
ブラームス:クラリネット・ソナタ第1番ヘ短調, Op.120-1
ブラームス:クラリネット・ソナタ第2番変ホ長調, Op.120-2
シューマン:おとぎ話, Op.132
メンデルスゾーン:演奏会用小品第1番へ短調, Op.113
メンデルスゾーン:演奏会用小品第2番ニ短調, Op.114

CD 10
ブラームス:クラリネット三重奏曲イ短調, Op.114
ブラームス:クラリネット五重奏曲ロ短調, Op.115

CD 11
グリンカ:悲愴三重奏曲ニ短調
リムスキー=コルサコフ:五重奏曲変ロ長調
リヒャルト・シュトラウス:組曲変ロ長調, Op.4(13管楽器のための)


ほとんどがつて出ていた、Westminster のものだが、2と4はEMI原盤。2の協奏曲はカラヤン指揮。

ウラッハは、私にとっては、ベスト3に入る演奏家。他を上げるなら、ピアニストのリパッティ、歌手のフラグスタートか。フルトベングラーとかは、オケや時期によって出来具合が上下しているようにみえるし、オケの音が十分には録音されていない。リパッティは、cdのボックス・セットは2種かったし、レコード時代から何度も買ってる。フラグスタートは、各種集めている所。

他にもホルストフスキー、シャリアピン、ベーム、リリンク、イブリーギトリス、グールド、パレナン四重奏団、ギレリスとか、色々好きな演奏家はいるが、この3人は別格。

ウラッハは、ブラームスの5重奏曲が絶品。他の演奏とは違う。まるで別の曲のように。実際楽譜をみてると、曲想、強弱などの指定が市販されている楽譜とはかなり違う。それがブラームスの指定したものかどうかは知らないが。響きの良さ、ふくよかさを味わうには、モーツァルトがなんと言っても素晴らしい。映画「シューャンクの空」で流されるアリアがあるが、あれを思わせるすばらしい曲。

続く
スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kifuru

Author:kifuru
FC2ブログへようこそ!
元のHPは"kifuruの長文系ページ"、http://kiyo-furu.com (政治詩文関係)と ”kifuruの写真音楽系ページ http://www.kiyo-furu.sakura.ne.jp/(写真音楽関係)に移転しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR