FC2ブログ

KERRANGの演奏会評の訳と写真-BABYMETALのウエンブリー公演

某所で拾ってきた(笑)。評価は、最高の5。評文は、雑誌の文章なのに、えらく難しい(笑)。主語がはっきりしないのとか、続き具合の良くわからない文があるが、大体こんなものかということで。(画像からのテキスト化は自作)

JAPANESE KAWAII-METAL PIONEERS ABSOLUTLY CRUSH
WEMBLEY. THE METAL RESISTANCE STARTS HERE!

日本のKawaiiメタルパイオニアがウエンブリーを完全に制圧
メタルレジスタンスは今始まった!

THE TIME has come to start taking BABYMETAL seriously.Tonight,the Japanese teenage trio confidently steer clear of any suggestion that their hyperactive mix of roaring speed metal and cavity-creating J-pop might be little more than a fad, with a relentlessly engaging and emotionally-charged hour-and-a-half spectacle.
BABYMETAL を真摯に受け止めるべき時は来た。今夜、日本の十代のトリオが、騒々しいスピードメタルと虫歯を作るような甘い
JPOPの過激な混合が、ただの気まぐれ程度のものでしかないだろうといういかなる示唆をも取り除いた、容赦なく惹きつけ、感動に満ちた1時間半の壮観なショーで。

The band's day-old sophomore record,Metal Resistance,fuels the heart of what is essentially a production-packed space opera;one which takes an already frenzied Wembley by the scruff of  the neck so expertly that it hints that BABYMETAL's journey is only just beginning.
前日発売の2枚めのレコード、メタルレジスタンスは、本質的には制作物として作られたものでしかないスペース・オペラのハートに火をつけた。それは既に熱狂していたウエンブリーの首筋をあまりに巧妙に捕まえたので、BABYMETALの旅はまだ始まったばかりだと暗示する。

The evening starts as the girls arrive from beneath the stage into the centre of a magic circle to the  rallying sounds of BABYMETAL DEATH.
その夕べは、BABYMETAL DEATHの奮い起こすようなサウンドに合わせて、少女たちがスタージ下から魔法円の中心に現れながら始まる。

Behind them the stage is cast as towering,weathered temple ruins; ahead of them the crowd - which tonight can see you stood next to a pumped-up metalhead or costumed kawaii kid - are shoving their Fox God horns skywards. It's rapturous.
彼女たちの後ろには、ステージはそびえ立つ古い寺院の遺跡が配置され、前では観客がFox Godの角を空に向けて突き上げてる、興奮したメタルヘッドやKawaiiコスチュームのお子どもたちの隣に立っている君らを見る。熱狂的な情景だ。

From here onwards,the room is plunged into the alternate realm of BABYMETAL. Giant screens tell the animated story of the Metal Resistance Episode IV: Reincarnation - a precariously not-unlike Star Wars fantasy that weaves together tonigh's songs into one grandiose odyssey.
ここから先、その場はBABYMETALの別の王国へと投げ込まれる。巨大なスクリーンはMetal Resistance Episode IV:輪廻転生の
アニメの物語を映している、今宵の歌を偉大な物語へと共に縫い合わせる、スターウオーズに似ていなくもない危なっかしファ
ンタジー物語を。

This narrative not only allows some humour to creep into the set (especially from BABYMETAL's very own Darth Vader rip-off,Death Vader), but it also binds together the pick'n'mix nature of the group's musical styles.
この語りは、いくらかのユーモアを舞台に忍び込ませるだけでなく(とりわけ、Darth VaderからのBABYMETALらしいパクリであ
るDeath Vader)、このグループの音楽スタイルの詰め合わせ的な特徴を舞台に与えている。

It means the fluorescence of Doki Doki Morning's cheerleader pep can run into the power-ballad Amore (sung solo by SU-METAL)without disharmony.
それは、ドキドキモーニングのチアリーダーの元気さを表す蛍光色から、パワーバラッドのAmore(スーメタルのソロ)まで、 不調和などを感じさせずに到達する事を意味する。

Elsewhere,the group's backing instrumentalists,clad in zombie Hallowe'en get-up, are given the chance to take centre stage on the skeleton-thuddering Catch Me If You Can.
他方では、このグループのバッキング奏者たちは、ハロウイーンのソンビー衣装に身を包み、骸骨が轟き鳴らすようなCatch Me If You Canではセンターステージを取る機会が与えられる。
(thuddering が不明なので、thundering と解釈)

Every detail is pulled taut like elastic,down to the girls' choreographed dancing,which sees them play dead halfway through the pop euphoria of KARATE or sway like possessed rag dolls during Megitsune.
あらゆるディテールは少女たちの振り付けられたダンスに至るまで、輪ゴムのように張りつめられ、KARATEのポップな多幸感の半ばで死を演じさせたりもし、MEGITSUNEの演奏の間、狂った人形のように体を揺らす

The heightened drama of the performance allows the group to connect with their audience in a way that transcends the obvious language barriers,and the room revels in a space so free of pretention.
高揚したパフォーマンスのドラマは、明らかな言語の障壁を越えるある手段で、グループが聴衆と結びつき、そして気取りなどから自由になった空間でその場が浮かれ騒ぐのを許す

An added dose of poignancy lands squarely when a live stream of fans in Japan watching the show is fed into the room - and again when the girls close in English."We are going back to Japan. But remember, we're always on your side,"says SU-METAL. Going on tonight, for 12OOO fans,the feeling is mutual.
このショーを見ている日本のファンのライブストリームがその場にもたらされた時、劇薬の一滴が明らかに投じられる。そして、スーメタルが「私達は日本に帰ります。だけど、忘れないで、私達はいつもあなたたちの側にいるから」と英語でアナウンスして少女たちが最後を締めた時にも再び。今宵を過ごした12000のファンたちにとって、その感情は共通のものなのだ.

SFpP39R.jpg

4iq0dzz.jpg
気合の入り方が尋常じゃない(笑)。

スポンサーサイト



テーマ : 女性アーティスト
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kifuru

Author:kifuru
FC2ブログへようこそ!
元のHPは"kifuruの長文系ページ"、http://kiyo-furu.com (政治詩文関係)と ”kifuruの写真音楽系ページ http://www.kiyo-furu.sakura.ne.jp/(写真音楽関係)に移転しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR