FC2ブログ

BABYMETALの新譜のCDとDVD視聴

一言で言うと、濃厚なポタージュスープ、カロリー高すぎ(笑)

■CD 初回生産限定盤
1. Road of Resistance
2. KARATE
3. あわだまフィーバー
4. ヤバッ!
5. Amore - 蒼星 -
6. META!メタ太郎
7.シンコペーション
8. GJ!
9. Sis. Anger
10. NO RAIN, NO RAINBOW
11. Tales of The Destinies
12. THE ONE


■DVD 初回生産限定盤のみ収録
「TOKYO METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2015 (2015.5.24)」
1. メギツネ
2. いいね!
3. Catch me if you can
4. ヘドバンギャー!!
5. Road of Resistance
6. ギミチョコ!!
7. イジメ、ダメ、ゼッタイ


CDのみ一度聞いてざっと評価
1-A,2-A,3-A,4-A、5-B、6-B、7-S、8-B、9-A(歌詞が(笑))、10-A、11-B,12-B

ま、時間が経てばまた変わるんだろうけど。
今までの曲では、iine、とか、キャッチミーなんて、理解するのに何ヶ月も掛かったし。

11はちょっと理解できない所に行ってる(笑)。面白いのは面白いが。遊びすぎかなあ。
6は、ウルトラセブンなんかのテレビ番組の主題歌にケルト風旋律が絡んでる。
12は多少違和感のある歌、英語歌詞もあるが、旋律がスーに合わないかなあ。
7は超絶的。シンコペーションというより、変拍子かなあ。リズムが良くつかめないが。5拍子か、3+3+2拍子があるような気が。
これは振り付けが期待。踊れるのかとも思うが(笑)。メロディーも歌詞もスーに合ってるなあ。
今までの曲でも最高クラス。

(3/31追記)
2,3,4は更に良くなってる印象。レギュラー曲として使っていけるのでは。
5は、狙いを少しはずしてる感じがある。悪夢のロンドも微妙にそんな感じはあるが、それより外れてる印象。まあ、実演を聞かないとわからないが。
6は主旋律がどうもダメ(笑)。イメージがあっちに行ってしまう。ケルト風旋律にバイキング風(笑)バックが付く辺りはいいんだが。別の旋律に差し替えてくれんかなあ(笑)。ひょっとしたら、ツェッペリンの「移民の歌」みたいになったかもしれないような気が。
7は、「熱い鼓動、高まった衝動~」の部分のリズムが良くわからない。全体は4拍子なんだけど、その辺りが変わってる。まさにシンコペーションでリズムがずれてるだけなのかもしれないが。しかし、スピード感はあるし、非常に気持ちいい。これを目の前でみたら、心臓がどうなるか心配(笑)。中森明菜の歌に何か似たようなのがあったような気が。よく知らないけど。何十回でも聞けそうな感じ。外国人の子供のリアクション映像がみたいところ(笑)。
8は音楽はいいけどね、まあ、BBM用の曲かな。
9はなんともはや(笑)。音楽もいいけど。
10は前から好きな曲。というか歌唱がいいんだろうなあ。
11,12はちょっとだめ(笑)。私の範疇じゃないな、今のところ。

redditという外国のj掲示板があるが、そこでもbabymetalについて色々と書かれている。
https://www.reddit.com/user/gocchisama という人の評価では、7と10は、10段階で11らしい(笑)。ちょっと似てる。

7は"I was K.O the first seconds. This track is beyond epic. From the instrumentals, the chorus, the melody, the pace, there's no time to breath. I think it's better than IDZ."(最初の数秒でノックアウトされた。この曲は最高レベルなんてもんじゃない。バンド演奏もコーラスもメロディーもリズムも息をする間もない。イジメダメよりも良いと思うー試訳)。ちなみに、欧米版ではこの曲はないのだが、どこかで聞いたらしい。

10については、This sadness wrapping Suzuka heart, screaming her hopelessness in the red night, this is what i love the most.(「赤い夜」でのスーの心を包む悲しみ、絶望の叫び、これこそ私が最も愛するものだ)。この曲は今までに「赤い夜」を含め2回しか扱われていない。

(4/2追記)
EU盤も買ってしまった(笑)・
7が"from dusk till dawn"(夕方から明け方まで)に差し替えられてるのと、12が全編英語歌詞。あとは、ミキシングなんかが違うらしい。
"from dusk till dawn"については、ウーンと唸ってしまう曲。ちょっと今までのものとは全く違う。夜の静謐さを感じさせる演奏をバックに、変調されたスーの遠くの叫びのような声が時折聞こえる、といった不思議な曲。伸ばしてるだけの部分が多く、一体これは何を狙ったものなのかわからない。こういう曲があってもいいのだが、babymetalの歌としてみると奇妙。インストルメンタル曲として聞けばいいのか知らん。

かなり高い音域を使っていて、上のEとかD♭でずっと伸ばしてる。D♭はス-の常用の音域だからいいのだが、Eが問題。通常のステージでは出していないと思う。一応ドキモとかIDZとかだったか、最初の叫びにはあるのだが、録音音源らしい。悪夢のロンドではD#があるが、これも録音。ベビメタではないソロで歌った「落し物」では出してる。また「翼をください」では裏声でFだったか出してた。これはどうするのだろうか。ただ、最近はスーは高域が伸びてる印象があるので、ひょっとしたら出すのかもしれないが。最後のコールとか、途中の掛け声で、GあるいはG#があった気がする。


The One の驚くべきカバー by Kenneth Widra

言葉が無い(笑)。カバーを超えてる(笑)

関係ないけどもう一つ

世の中、知らない世界がある。



スポンサーサイト



テーマ : 女性アーティスト
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kifuru

Author:kifuru
FC2ブログへようこそ!
元のHPは"kifuruの長文系ページ"、http://kiyo-furu.com (政治詩文関係)と ”kifuruの写真音楽系ページ http://www.kiyo-furu.sakura.ne.jp/(写真音楽関係)に移転しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR