FC2ブログ

祝!安保法案参院委員会可決ー信じがたい暴力で反対する民主党(性暴力、ダイブ)


やっと参院委員会で可決された
散々書いてるが、世界中の国が行使している当たり前の内容。相手が守ってくれるなら、自分も相手を守りましょうという当たり前の事。しかし内容的に不十分で、はるかに他国に及ばないが。今回のは日本が危険な時のみという強い制限がある。ドイツなんか軍隊の移動は自由で、自国の安全に関係あれば、世界の何処にでも出兵できる形になっている。
ま、最初だからしょうがない。


1:31辺り、中央壁際で、自民党の大沼瑞穂参院議員(36)が、民主党の津田弥太郎参院議員(63)に後ろから羽交い締めされ倒されるシーンらしい。後ろ向きに引きずられてる。別の女性議員(三原 じゅん子議員?)が助けるために駆け寄ってる。1:55辺りに服を直しながら左手に逃げて行く大沼議員がいる。2:01辺りでピンクの服の女性議員が左の方を動いてるが、心配して立ち上がってた模様。

その大沼議員を引きずるシーン、→ こちら。酷い、もろ暴行。
あるいは、→ こちら。酷すぎ。犯罪だろう。

その直前のシーンの画像。                                        津田議員ご尊顔
015a0818.jpga19ca338291bb2ca5da69e87d79dd95a.jpg
前の座席のメガネの議員は、大沼議員と同期の山下雄平議員らしい。
後ろから迫られたので縋り付いていたようだ。その掴んでた右手を無理やり剥がしてるのが動画で分かる。
また、向こう側にいる女性議員は、三原議員ではなくて、吉川有美議員らしい。
ちょっと信じられない暴行シーンである。






これが分かりやすいか

向かって右に立っているメガネの議員は見てて知らん振りしてるように見える。他の男性議員は山下議員を含め、状況がよくわかってないのか。まさかこんな所でそんな行為が行われるとは信じられないし、この時は決議がされたかどうかで、委員会室は大騒動になっていた状況。みんなそちらに注視している。やはり女性の危機察知の能力は敏感なようだ。

これも酷い → 映像、あるいはこちら
吉川議員が大沼議員を助けようと引き合っている状況。白い服を着た女性議員が二人して大沼議員を助けようとしている。左側が吉川、背中を向けているもう一人の議員は不明(三原議員?)。津田と大沼二人は床に倒れた状況か。津田がかなり強く大沼議員を引っ張ってるのだろう。男性議員は周りに何人もいるのにあまり手伝っていない。まあ審議の最中とは言え、ちょっとおかしい。

テレ朝のまとめ動画



一番上のビデオの4:01辺り、危険なダイブをする民主党小西議員

そのダイブの瞬間の拡大映像


あるいは、ダイブのシーンは、→ こちら

ヒゲの隊長こと、佐藤議員の反撃が素晴らしい(笑)
鴻池委員長に向かってダイブ攻撃する小西を、佐藤氏が守るという、まさに集団的自衛権の模範的事例(笑)。

こんな暴力的な連中が、平和だの、子供の未来だの、わけの分からない事を言っている。
米国との同盟や軍事的連帯が強固になれば、むしろ平和に貢献する。中国が手をだすのは更に難しくなる。弱い相手にしか攻撃しない民族性だし。フィリピンなんかまさにそれでやられている。ところが世の中には、武装しないほうが平和になるとかいう馬鹿げた信念を固持する奇妙な連中がいる。チベットという明らかな反例があるにも関わらず。あるいは古く遡れば、第三次ポエニ戦争。

また、一国だけで他国に立ち向かうのが現実的ではないのも分かりきった話。とりわけ現代では核ミサイルの脅威がある以上個別的に守るのは難しい。だから欧州その他、みんな同盟で安全を確保している。欧州のどの一国も、ロシアと個別に向かい合う事はできないだろう。それが世界の現実。どんなに立派な思想を持っていようと、現実社会ではそれに合わせた判断が必要だ。自分個人だけに関わる話ではないのだから。自分らの理想を社会に押し付けるのはやめてほしい。そもそもが狂った思想だし。

集団的自衛権がそんなに嫌なら、国民皆兵にでもするのか。スイスは実際にそうしてる。集団的自衛権を行使していないために、自国だけで守らなければならず、徴兵制どころか、国民皆兵で毎年軍事訓練がある。それが望みなんだろうか。

ま、頭がおかしいか、さもなければ、中国辺りの手先なんだろうけど。

ちなみに、これをまだ戦争法案だとか言ってる連中がいるが、一体何を考え、何を見てるんだろうか。
全く方向性は違うのに。
これは、「自衛権」に関わるものであって、「攻撃権」ではない(笑)。しかもひどく抑制されたものだ。
次の3つの条件によってあまり発動はできない。

(1)わが国または他国に対する武力攻撃が発生し、わが国の存立が脅かされ、国民の生命、自由および幸福追求の権利が根底から覆されるおそれがある
(2)他に適当な手段がない
(3)必要最小限度の実力行使にとどまる-という場合に限定する。

しかも、事前の国会承認がいるとか。

これほど厳格にする必要はないとは思うが、こういう事になっている。歯止めやチェック機関がないとかいう人がいるが、そんなものは集団的だろうと、個別的だろうと、そもそも最初から無い。政府を信じる以外にはないのだ。それを選んだのは自分らだし。
これを無視して、あるいは知りながら、わざと戦争法案だと煽ってる連中がいる。ほんとに害悪でしかない連中。

9/19 2:18
成立!
目出度い!
やっと日本も普通の国

(19追記)
各国も関係している
豪州 → NHKサイト
米国 → TBS
フィリピン → 産経
イギリス → NHKサイト
台湾 → 産経

反対は当然、中国 (笑) → 時事。国内サヨクの司令部だからね。
スポンサーサイト



テーマ : 軍事・安全保障・国防・戦争
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kifuru

Author:kifuru
FC2ブログへようこそ!
元のHPは"kifuruの長文系ページ"、http://kiyo-furu.com (政治詩文関係)と ”kifuruの写真音楽系ページ http://www.kiyo-furu.sakura.ne.jp/(写真音楽関係)に移転しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR