FC2ブログ

民主党議員が、衆議院委員長に暴力、長妻氏は暴力を正当化

>衆院厚生労働委員会の渡辺博道委員長(自民)は12日、委員会室に入る際に民主党議員に阻止され、全治2週間の頸椎(けいつい)捻挫と診断されたことを明らかにした。
>渡辺氏は、民主党議員に首を絞められ、携帯電話を紛失したと主張。「暴力で思いを成し遂げようとしたのはあるまじきことだ」と批判した。 
→ ソース

ひどい話(笑)。

メンバーは
山井和則(京都6区)と、
あとの二人は分からないが、厚生労働委員会所属の民主議員は、他に
理事 西村 智奈美
委員 阿部 知子
委員 小川 淳也
委員 大西 健介
委員 岡本 充功
委員 中島 克仁

この中の誰かか。委員会所属議員とは限らないが。

この暴力騒ぎは民主の方針だったらしく指示書が出てるとか → ソース
この映像の1:20辺りにある、指示書
150612183631.jpg

「昼休みに入る場合は、委員長を静かに退席させる」
「再入室を阻む ⇔ 一気通貫でやる可能性あり」

「採択時 委員長にとびかるのは厚労委メンバーのみ」(笑)
「プラカード掲げて叫ぶ」

などと書いてある。
このメモを書いたのは、理事の西村 智奈美(新潟1区、比例区復活当選)らしい。

サヨクってのは、自論が絶対に正しいと思い込んでるからね。
多数決の原則に従う気はない。
各地の「市民団体」なども同様。
自分らの意見を押し付けることしか考えない。

※長妻氏、暴力を正当化 → ソース

またトンでもないことを(笑)

>「数の力でほとんど議論なしに採決するときに野党がお行儀よく座り、『不十分だが、いいか』と見過ごし、法律をドンドン通すことが国益にかなうのか」と述べ、暴力による妨害を正当化した。
>民主党議員が委員室前に30人以上陣取り、労働者派遣法改正案の審議をやめさせるため渡辺氏の入室を阻止しようとした。渡辺氏は激しくもみ合った際に首などを負傷し、全治2週間の診断を受けた。
>民主党議員は審議が始まった後も委員室内で着席せずにやじを飛ばし、同党の質問時間になっても質問を拒否した。


自分らが多数派だったときは何をしたんだかねえ(笑)
あきれてものも言えない。
麻生内閣時、参院で多数派を取った小沢民主は何をしたのか。
リーマン危機を乗り切る為の補正予算案を全て否決、やむなく民主が出した案を丸呑みしたのすら否決(キチガイじみてる)、日銀総裁人事では20回以上否決したと思う。
小沢の頭の中には日本のことなカケラもなかった。嫌がらせだけ。あるいは中国の意に沿おうとしたのか、信じられない対応を取っていた。勿論これは小沢だけの問題ではない。民主党の議員がそれを実行したのだ。一体どういういい訳をする気なのか。
政権を取ったあとには、強行採決を10回以上やってたと思う。

好き勝手にやっておいて、よくも言えるものだ。しかもそういった「数の暴力」をマスコミは全く批判しなかった。

続く
スポンサーサイト



テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kifuru

Author:kifuru
FC2ブログへようこそ!
元のHPは"kifuruの長文系ページ"、http://kiyo-furu.com (政治詩文関係)と ”kifuruの写真音楽系ページ http://www.kiyo-furu.sakura.ne.jp/(写真音楽関係)に移転しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR