FC2ブログ

「中国はナチスと同じ」、比・アキノ大統領言明

来日中のフィリピンのベニグノ・アキノ(Benigno Aquino)大統領は3日、都内で開かれた国際交流会議「アジアの未来(Future of Asia)」で、

>中国の動向と米国の戦略について聴衆から質問を受けたアキノ氏は「もし力の空白が生じ、大国の米国が『関心がない』といえば、他の国の野心を食い止めるものはない」と述べた上で、第二次大戦前にナチス・ドイツの領土拡張を阻止する動きがなかったことを指摘した。ロイター通信などが伝えた。
>フィリピンのアキノ大統領「日本の皆さん、中国が今やってることはナチス・ドイツと何も変わりませんよね?」

→ ソース 

公然と侵略するようすはまさにそのまま(笑)
しかし、ナチスは、オーストリアやズデーテン地方など、同胞の住む場所を併合した。しかし、中国は違う。明らかに他の民族の領域や、いまだかつて中国の領土ではなかった所を侵略し、今もしていいる。ナチスよりはるかに悪質である。
だから、むしろ、
「中国は今までの中国と同じ、いつものような侵略国家だ」という方が正しい(笑)。

これに対し、中国は、
「でたらめな発言に非常に驚くとともに、強烈な不満と反対を表明する」と強く反発した。その上で「挑発を停止し、2国間の対話を通した解決という正しい道に戻ることを警告する」と訴えた。
 華副局長は「1970年代以降、武力で中国の南沙諸島の一部を不法占拠したのはフィリピンだ」と批判し、フィリピンが領有権問題の仲裁手続きを申し立てたことなどを非難。「自国の利益のため域外国と結託し、事態をかき回し、中国を攻撃しているのもフィリピンだ」と反論した。(2015/06/03-20:58)
 → ソース
ま、いつものような面白くもない、何の意味もない反応だな。
あまりに主観的で、何か精神に問題があるのではないかとしか思えない。
2国での解決を強調するのも力の差を背景にしてるのは明らかだし、そもそも第三者が入ってきたら不利になることを意識してるからだろう。第三者の介在を嫌うのは、一般の人間関係でも要注意。
もうこんなおかしな国家はいい加減この世から抹消して欲しいものだ。韓国もだが(笑)。

一方で、アキノ大統領は、5日、
>自衛隊の航空機や艦艇が補給のためにフィリピンの基地を利用できるよう日本側と協議を開始する用意があると表明した。
→ ソース

ま、これしかないだろう。日米が南シナ海方面に出張るしかない。その責任があるし、これで中国の動きも止められる。
この件に関しては、海空の戦力だけで戦いは終り、また、その戦力は比較にならないほどに日米の側が圧倒している。中国は実際は抵抗しないと思う。負けると分かってる戦いを彼らはしないだろう。弱い相手、非武装の相手としか戦わないのが彼ら。兵士が逃げ出すはず。
その後、中国内で何が起こるかは知らないが。

中国は今後も国際法など無視するだろう。裕福になればそれなりの行動を取るというのは、彼らに関する限り大間違い。そもそもが東洋的専制国家という土壌から出てきている。人治国家で法治の概念が無いというのはよく言われるが、これは国際間でも同様だろう。強くなればなるほどその素性が出てくる。

欧米と日本だけ特徴的に法治や民主主義のシステムが出来ているのは多分理由がある。
一つは、封建制度があったこと、もう一つはモンゴルの圧制を免れた事じゃないかと思う。これは関係してるのかもしれないが。
よく、封建主義的だとか、ご恩と奉公なんて言葉が悪いイメージで語られるが、これこそが、法治主義の根底をなす重大な概念だろうと思うのだが。ご恩と奉公なんて今の会社勤めだって、それが元だろう(笑)。

領地にこだわること、その権利をなんらかの形で認めること、これがあったからこそ、法治主義や人権、民主主義が発展したのだろうと思う。


スポンサーサイト



テーマ : 軍事・安全保障・国防・戦争
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kifuru

Author:kifuru
FC2ブログへようこそ!
元のHPは"kifuruの長文系ページ"、http://kiyo-furu.com (政治詩文関係)と ”kifuruの写真音楽系ページ http://www.kiyo-furu.sakura.ne.jp/(写真音楽関係)に移転しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR