FC2ブログ

またもメディアの捏造ー麻生発言

メディアによる麻生発言のねじまげ

共同通信は、麻生氏の発言を次のように配信した、

> 麻生太郎副総理は21日午前の社会保障制度改革国民会議で、高齢者などの終末期医療に関し「いいかげん死にたいと思っても『生きられますから』なんて生かされたんじゃかなわない。しかも政府の金で(高額医療を)やってもらっていると思うと寝覚めが悪い。さっさと死ねるようにしてもらわないと」と述べた。

これだけ見ると、まるで、「いいかげん死にたいと思っても」、とか「さっさと死ねるようにしてもらわないと」などの文の主語は、一般の高齢者であるかのように見える。

しかし、麻生氏の話の全体は、そうではなくて、これの主語は自分なのだ。
NHKその他から話を構成すると、麻生氏の話は、

「私は遺書を書いて『そういうこと(延命治療)はしてもらう必要はない、さっさと死ぬんだから』と渡してある。そういうことができないと、なかなか死ねない。「いいかげん死にてえな」と思っても、とにかく生きられるからといって生かされちゃかなわない。しかもその金は政府のお金でやってもらってるなんて思うと、ますます目覚めが悪い。さっさと死ねるようにしてもらうとか、いろんなことを考えないと。これ一つの話だけじゃなくて総合的なことを考えないと、この種の話は解決することはないんだと…」

といった事になる。
いかにも麻生氏らしい、キッパリとした人生観の見られる発言だ。しかし、上の共同の配信では、高齢者は金の無駄だからさっさと死ね、と言ってるかのように見える(笑)

大体、一般の高齢者について、「さっさと死ねるようにしてもらわないと」なんて発言をするような人が、この世にいるのか(笑)。それは政治家以前に人間失格だろう。それをあたかも大臣が発したかのようにいう。よく見た光景ではある。民主政権以前の自民政権時代に。

例えば、「女は子供を産む機械」発言。本人が、「これは喩えでいうんですけど」と断ってるにも拘わらず、そこを省いて、女とはそういうものだ、などと断定したかのように報道された。で、大臣退任。

また「神の国」発言。あれも、神道関係者のあつまりで、日本の八百万の神、という昔からの伝統をその場に応じて持ち出しただけなのに、政教分離や主権在民に反するなどと言って叩かれた。

民主政権以前は、これも許された部分もある。政権与党の横暴を制御する手段としての意味がない訳じゃない、という面はあった。

しかし、こんな連中が民主政権に対してはどうだったのか。ろくに批判しなかったのだ。

小沢の4億円疑惑については、遠慮がちに質問しただけで、小沢の「質問は一回だけ」という勝手な宣言に屈してまともに追求しなかった。松岡大臣の数百万?の「還元水」問題については、事務所まで押しかけて自殺に追い込んだというのに。

あるいは、鳩山の十数億にのぼる脱税疑惑についても「信じられないかもしれませんが、ほんとに知らなかったんですよ、テヘ」なんて発言をそのまま通してしまった。

日本のメディアは、事実を報道するのが仕事だ、という事を忘れているらしい。愚民を自分たちの思いのまま誘導するのが仕事だと思いこんでいるようだ。








スポンサーサイト



テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kifuru

Author:kifuru
FC2ブログへようこそ!
元のHPは"kifuruの長文系ページ"、http://kiyo-furu.com (政治詩文関係)と ”kifuruの写真音楽系ページ http://www.kiyo-furu.sakura.ne.jp/(写真音楽関係)に移転しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR