FC2ブログ

詐欺政党民主党を壊滅させる為の選挙

これが今回の選挙(笑)。

具体的な政策は、基本的には、安倍自民に任せておくしかない。今の時代、これが絶対という政策など無い。経済、労働、年金、医療、環境、原発などの問題を含め。脱原発を狂ったように叫んでる集団は、頭を何かに乗っ取られているのだろう。せいぜい、外交防衛関係では、アメリカと結んでおくのが中国とよりはましだろう、円高よりは円安がいいだろう、株安よりは株高がいいだろう、ぐらいのものだ。
彼らの、日本人としての感性を信じるしかないだろう、とりあえずは。国内外の状況を見てハンドルを微妙に切りながら進むしかない。イデオロギーや学説的な固着化した判断は禁物だ。こんな時代、状況の変化に応じて変えていくしかない。安倍さんに関しては、日本人として並以上の判断力があると信じたい。

民主党に関しては、もはや何をやったかやらなかったか、ほとんど国民の意識から消えているように見える。
全部ダメ、ってのが共通認識だから、もうどうでも良くなってる(笑)。
辺野古移設問題で、そういえばあいつがぶち壊したんだなあ、と鳩山を思い出すぐらいか。

民主党が無能だったからマニフェストを守れなかった、という向きも一部にはあるが、あれはただの無能ではない。最初からペテンだった。仕掛けたのは小澤。自分の政治資金疑惑から逃れるために政権を取ろうとした。鳩山と菅を表の顔にして、インチキマニフェストを餌に、マスコミに自民攻撃をさせながら政権を奪った。さすがに、中国の人民解放軍「野戦司令官」を自認しただけのことはある(笑)。しかし、政治は一時のバトルではない。ずっと続くのだ。一年後、鳩山の首相辞任の際、幹事長の辞任も要求された時の鳩が豆鉄砲食らったときのような顔は面白かった。鳩山でこれだけは評価できる。これだけだが(笑)。

当時の3首脳の内、鳩山は議会から去り、小澤は生活の党を結成したがもう消滅寸前、菅は前回比例区で引っかかって当選と、表舞台から姿を消した。
しかし、この3人を支えた議員はまだ大量に残っている。彼らは、鳩山のキ○ガイぶりを知ってたはずだ。小澤の利権収集の手さばきを目の前に見てたのではないか。菅の原発事故時の狂った言動や外国人献金事件のもみ消しを見てたはずだ。それでいて、支えたのだ。そういった議員が未だに何の反省もせず民主に残り、あるいは他党にもぐり込んで生き残りを図っている。彼らを、政界から抹殺しないといけない。

思い出すのも面倒くさいし、マスコミが民主に関しては追求しないから忘れがちになっている。しかし、しっかりと彼らのやった害悪を把握して、今後二度と、日本がこういった詐欺師に政権を渡す事が無いよう気を付けないといけない。


何から書けばいいか迷うが(笑)、普天間基地の移設問題は、多分10ぐらいはあるトップクラスの凶悪な問題の中には入るだろう。
何の根拠も成算も無く、人気取りの為に「最低でも県外」なんて言ったばかりに、それまでの関係者の20年にも渡る膨大な努力が一瞬で無駄になり、どう解決するのか分からない泥沼にはまってしまった。首相が一言「県外」って言えばそうなるもんだと思ってたらしい。彼は細川内閣では官房副長官をやっているのだが、一体何を見てたのか。細川内閣じゃ参考にならなかったのも知れないが(笑)。一方で左翼陣営は活発化し、全国から過激派が集まってきている。
なぜ彼らは辺野古への移転に反対するのか? ジュゴンがいるから?(笑) NO! 海が汚されるから? NO!

答えは簡単だ。辺野古だと周りが海だから米軍機が墜落しても大惨事にならないから。普天間だとなる、間違いなく。そしてそれを米軍基地反対運動にもっていくのが狙い。だから、基地周辺の小学校移設にも反対している。要は、米軍機が小学校に墜落するのを待っているのだ。それで、基地周辺でタコ上げなどして飛行を妨害している。こういうのがサヨクの本質。混乱させて変革を狙う。

こういった過激派に付け込まれる隙を作ってしまった。というより、民主自体がそういった過激派の集合だって話もあるが(笑)、元革マルとか中核、赤軍派などがいるらしい。この前も、安倍首相に革マル派との関係で枝野が追求されていたが(笑)。

それでいて鳩山は自分がやった事の意味がわからず、今ではそういった辺野古反対運動の集会にも出てるらしい。後には県外移設を取り下げて辺野古移転に賛成してたくせに。しかもあちこち外国に行っては、日本の不利益になる事をいってその国に媚びている。なんという無責任なイカレタ政治家だことだ。通常の人間の想定のレベルを超えている。日本人はこんな人間を首相にしたことを忘れてはならない。越王勾践が、肝を嘗めてはその苦味で敗戦の屈辱を思い出したように、いつまでも日本人の恥の記憶として留めなければならない。


しかし、一体この問題をどう処理するのか。法的には進める事は可能のようだが、同様な成田反対運動でも大勢の一般人の死者が出た。反対運動の主体となっている勢力は同じだろう。何が起きるかわからない。直接には関係ないところに住んでいるが、なんだか気が滅入る話だ。


菅直人の原発事故処理の問題はいわずもがな。この件については未だに色々と分からないことが多い。speedyのデータ隠匿だとか、米軍からのホウ酸水提供を蹴ったとか、やたらに現場に介入して混乱させたとか,、海水を注入すると臨界が起こると喚いたとか(笑)。あるいは、ヨウ素剤の配布をしなかったとか、どこまでが確認された情報なのか分からない。当時の議事録とかは無いとかいうが、何かあるはず。官僚が私的に取ったメモとか。あるいは東電が撮ったビデオなどが残っているはず。今後の原発政策の為にも、公開して解明して欲しい。
そのなかで、なぜ菅直人が事故の翌朝現場に行ったのか、の推測をしてみた。このブログ(短縮版)HP(ソース付き)の方で。


小澤の金銭問題もある。これは一般的には大問題には入らないかもしれないが、個人的には大きな問題だと思ってる。またこれは、小澤個人の問題だけではなく、日本のマスコミの問題でもある。

麻生政権の末期、小澤の金銭疑惑が持ち上がった。4億円の不明朗な金の処理の問題だ。これの大きな特徴はマスコミが小澤を全面的に擁護したということである。「国策捜査だ」、「今何故」などとして検索を批判し小澤を擁護した。更には、「検察の説明責任」などという主張までされた。検察が説明責任を負うのは裁判所に対してであって、マスコミや国民に対してではない。そんな説明をしていたら、捜査も裁判も進まなくなる。また、判断を下すのは裁判所であって、マスコミや評論家ではない。いままで、これほどマスコミが捜査に立ち入った例はないのではないか。司法制度への侮辱だろう。

いまだかつて、資金疑惑で政治家がこれほどマスコミによって擁護され検察が批判された例を知らない。同僚の政治家からの批判はあったかもしれないが、あれほどマスコミが擁護したのは見たことがない。一般の刑事事件でも記憶にない。何か特別な捜査ミスとかならあるかもしれないが。田中角栄や金丸が逮捕された時だって、直接的な検察批判は無かった。オウムや過激派の捜査とかでも。

一方で、松岡大臣のせいぜい何百万円とかの「還元水」問題はテレビで徹底的に晒され、事務所への直撃取材などもされて、遂には自殺に追い込まれた。最近では、団扇がどうしたとか、歌舞伎?をバスで見に行ったとか、そういった事で攻撃され大臣を辞任している例がある。

しかも、小澤の場合は、秘書が3人有罪とされたれっきとした犯罪である。それを、小澤本人は自分は知らなかったで押し通した。4億もの金を秘書が勝手に処理するとか、常識的にあり得ない話である。これが自民なら、説明責任、管理責任、任命責任、道義的責任、政治責任と徹底的に攻撃されたはず。しかし、民主に対しては行われなかった。鳩山の16億円遺産問題もだが。「信じられないかもしれませんが、ほんとに知らなかったんですよう」で済ませた。毎月5千万?もの入金があったというのに。一般的に億を超える脱税では逮捕されるのが普通だというが。

この小澤資金問題の記者会見を覚えているが酷いものだった。小澤が勝手に仕切り、記者に質問を言うだけ言わせておいて、「それは裁判中だから答えられません」、で済ませた(笑)。しかも記者一人質問一回とか勝手に決めていたからそれ以上は質問できない(笑)。それに抗議する記者はいなかった。ここまでマスコミが侮辱された例もないのではないか? なぜ誰も抗議しなかったのか。それが問題だ。記者はみんな明らかに萎縮していた。一体なぜか。

多分、裏から手が回っていたのだろう。それしか考えられない。どんな手が使われたのか。マスコミのサヨク贔屓で、上からあまり追求しないようにとの指示もあったのかもしれない。しかし、何らかの金が回っていたのではないか? どんな金か。それは知らないが(笑)。一説には、湾岸戦争で、日本が出した1兆円の協力金のうち、国内の政治家にキックバックされたものがあったらしい。それが関係あるのかどうか知らない(笑)。当時は海部内閣、小澤は幹事長である。関係があるかどうか知りたいものだ、小澤氏の名誉の為にも(笑)。誰か解明して欲しい。

ところで、湾岸戦争は90年である。日本の政界が流動j化し、新党がいくつも作られ、自民が政権の座から降りるのも90年代である。この時期以降、小澤はいくつもの新党を作っている。その金はどこから出たんだろうか? あの鳩山でさえ一度しか作らなかった政党を何度も作っているのだが。それと湾岸戦争協力金は関係あるのだろうか。誰か解明して欲しい(笑)。



続く。
スポンサーサイト



テーマ : 選挙
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kifuru

Author:kifuru
FC2ブログへようこそ!
元のHPは"kifuruの長文系ページ"、http://kiyo-furu.com (政治詩文関係)と ”kifuruの写真音楽系ページ http://www.kiyo-furu.sakura.ne.jp/(写真音楽関係)に移転しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR