FC2ブログ

反日はなぜ存在するのか

都知事選関連の動画を探してたら桜井の少し古いのがでて来た。。
例の望月イソコにちなんで、東京新聞社前でやったものらしい。



”朝日新聞、毎日新聞、東京新聞、最も恥ずべき売国三羽烏”
”70年前に一度戦争に負けただだけで、日本を守ろうとするものはいなくなった”
”日本を激しく罵り、言うことは韓国韓国”

なんて事を言っていて、ま間違ってはいない(笑)

問題はなぜここまでの売国が国内に蔓延ったのかということ。ここまで来てるのは他国にはないだろう。
自分で思ったことを箇条文で書いてくと、

1.ソ連の収容所で、ソ連側についたいわゆるアクティブが、日本側を批判し、自らは批判される事はなく、好待遇を受けた。
2.その後の数年、日本ではこの態度が左翼の基本パターンとなった。またそれが進んだものだというのが当たり前のものと考えられた。日本側は悪に決まっているから。
3.その後朝鮮戦争の勃発でアメリカを始めとする連合国側の態度は変わるのだが、ソ連中国との関係が深い左翼、左翼系メディアは変わることはなかった。
4.80年代以降、ソ連の崩壊、北による拉致発覚などがおきるが、逆に新たな希望、”韓国”が現れた(笑)。80年代前半までは、北が天国なら、南の韓国は地獄のように描かれていたのだが。
5.同時に80年代以降、奇妙な論旨のものが見られるようになった。日露戦争は日本の侵略戦争、といった類のものである。同時に”戦後補償”なんて言葉が作られた。これらは、ある意味、西側の経済的勝利を認めた上でのものであっただろう。
6.2000年以降になると、戦争直後のように日本を批判してくれるのは、もはや韓国(と北朝鮮)ぐらいになった。中国もあまり期待はできない。身に錆がつきすぎてるし。

まあ、ざっとこんな感じかなあ。

細かく言うと、
1.については、やったことは同じである。しかし、相手国側によることによって、自分は追及されず、むしろ追及する側になり、さらに待遇が良くなった。もう、一石二鳥三鳥である。しかも、彼らは一切の謝罪はしない。連中がほっとくわけがない。

2については、日本の一種の弱味であって、外国が先に行ってて、それを追うのが日本。これは、多くの日本人は当然のように感じることだろう。






続く
スポンサーサイト



テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

カスバの女、恨み節

”カスバの女”、1955年の歌らしい

歌詞の内容からして外人部隊とかの洋画からとったのかと思ってたが、関係ないらしい。作曲者なんかがかってに歌詞をいじって付けたとか。まあ、色々と歌詞には突っ込み所はある。
まず、カスバには、特に特殊な意味ないとか。単なる街区の意味とか。
アルジェリアを”地の果て”とか言うのもちょっとなんだかなあ。地中海の向こうで、ずっとフランスが植民地にしてたところだし。しかし、まあ、ものを思わせる歌詞ではあって、なかなかいいなあ。

55年にはほんと売れなかったらしい。60年代に各社共作でうれたとか。

キム・ヨンジャはうまいなあ。

しかし、高音がきついなあ。

日本代表か。



”恨み節”は1973年。

かっちょいいなあ(笑)。

この歌では、ブルガリアのこのひとは外せない。

ブルガリアは、ブルガリアンボイスって言葉があるように、歌い方が独特なようだ。遊牧民族のようだが、アジアンテイストが入っているのか。いままでも何度か取り上げたが。コブシが見られるようだ。
日本人が歌うのとほとんど変わらない。

十代らしい。アルメニア出身のロシアン。



テーマ : 女性アーティスト
ジャンル : 音楽

「中国千人計画」と中共の狙い

有村治子議員の質疑。

麻生の評が面白い。「今日は冴えてましたなあ。参議院の政審局長やられるとこんなに成長されるものかと。成長されなかった人もおりますので」
まあこんな人がいるんだから、安心していいかと。

千人計画ってのは、世界中からトップクラスの学者を集めて、破格の待遇を与えて(月収500万以上)成果を中国がもらおうという計画でる。で、それに参加してるかどうかは秘密にしなきゃいけないとか。

アホな計画である。どんな国も思いつかなかっただろう。こんな事をやってもその国のためにならない。ただ、その時点での政治家に役立つだけだ。 しかし、中国はやれるし、やれた。


中国人ってのはマルクス主義にとって、多分地上で最も都合のいい民族だろう。

1.まず数が多い。どこかでまずいケースがあれば、そく変えられる。文句を言われる事は考えなくていい。
2.それなりにしっかり働く。それが彼らの自慢でもある。
3.基本的に反抗はしない。これは決定的に重要。
4.上の人のアオリに簡単に乗る。50年代以降、社会の風潮は何度も変わっている。でそれは大衆的な問題になっていない。

4は別として、1-3は要するに、「ロボット」であることなのだ。マルクスからポルポトに至るまで、彼らの理想とした民衆はそれだろう。支配する側は全体を使って好きにできる。膨大な金を使って。
これは彼らが一国内でやる限りは問題ない、とりあえず。しかし、国際的に活動しだすと大問題となる。

続く




テーマ : 中国問題
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

kifuru

Author:kifuru
FC2ブログへようこそ!
元のHPは"kifuruの長文系ページ"、http://kiyo-furu.com (政治詩文関係)と ”kifuruの写真音楽系ページ http://www.kiyo-furu.sakura.ne.jp/(写真音楽関係)に移転しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR