FC2ブログ

「文大統領、信用できない」トランプ大統領は言った(笑)

フランスで開かれているG7で、トランプがはっきりしたことを言ったらしい。「文大統領は信用できない」 、「なんであんな人が大統領になったのか」。→ FNN


trump1.jpg


trump2.jpg

trump3.jpg

大笑い。トランプいいなあ。
この人の良さは、普段の人間性をそのまま大統領に持ち込んでる所だろう。普段の感覚のままなのだ。政治家になったからといって、綺麗事やポリコレといった他では当たり前のような方に走らない。これこそが待たれていたものだろう。政界にはあまりにも嘘が多すぎる。なかには信じ切ってるアホ連中もいる。日本の野党とかメディアとか。

いやあ、なかなか得難い人だと思う。二枚目の写真とか。なんだか、昔の西部劇とか思い出す。こういう本当の感覚でやってほしい。それで間違えることもあるかもしれんが、それはしょうがない。とりあえず、今の所は本質を突いていってる。
スポンサーサイト



テーマ : 無法国家-韓国
ジャンル : 政治・経済

和田浦でツチクジラの解体を見る

ツチクジラ捕獲のシーズンが終わりに近づいている時、丁度タイミングよくいい時間帯で解体が行われたので行ってきた。
和田浦では、前日に取ったクジラを早朝に解体する事が多いのだが、朝の5時からとかが多く、とても間に合わない。何しろ片道3時間はかかる。普通には見れないのだが、今回は、なんと昼の12時開始という絶好のタイミングだった。死んでから、1日近く水に浸けとくのがいいらしく、そういう時間帯になったようだ。

ツチクジラは、歯鯨類の中では、マッコウについで大きい。10mちょっとで体重10トン前後。IWCの捕獲規制の中には入ってないが、日本は国が規制をしていて、年間66頭だったか取っている。和田浦はそのツチクジラの関東唯一の水揚場。

現地には11時頃ついてぶらぶらしてて気がついたのだが、クーラーボックスを持ってきてる人がいて、そういえば、終わったあと、肉類を売ってくれるんだったと気づいた。こちらの頭の中は、カメラと終わったあと行く店の事でいっぱい。そこまで気付かなかった。例えばこのビデオ → youtube 釧路港揚のミンクのようだが。

クジラ肉に関しては、臭いとか癖があるとか言う人がいるが、昔は別として近年はそんな事はないと思う。臭いとか思ったことはまずないな。日本は、3,40年前までは、冷凍技術は十分ではなかった。普通の刺し身も不味く、九州から送ってもらおうかと思ったこともあった。 一般の店でマシな味で食べられるようになったのは、そんなに昔では無いと思う。しかも、ちょうとその頃に捕鯨が禁止となってる。84年だったか。だから、その前の食用時代のイメージが残ってるのだと思う。

ツチクジラは、大して大きいとは思えないし、細身の感じがしたんだけど、腹を割くと凄かったな。肝臓とかの内臓がドバッと出てきて、各種の肉が次々剥ぎ取られて行く。肉だけで、1.5トンとか言う会話が聞こえてくる。1500キロ、1キロを5人で食ったとしても、7500人分はある。クジラ一頭で7村潤うって、ほんとにそうなんだなあ。

ちなみに、捕鯨禁止運動とか論外。牛や豚を平気で殺していて、よくそういう事が言えるものだ。むしろ食うために家畜を飼って殺すほうがはるかに残酷。生きる喜びとか奪っておいて。野生の生き物は、いつかは誰かに殺される。それが野生の掟。人間もその鎖の中の一つに過ぎない。人間が可愛そうだと思って殺さずに放しても、次の瞬間には別の誰かに殺される。彼らはその優しい行為をするのが好きらしいが、馬鹿げた事だ。

終わったあとは、クジラの店ピーマンに。もう一つの店に行こうとしてたんだが、もう疲れ果てていて動けず。道の駅とかいこうともしたんだが。ちなみに、解体時間は、大きなところは1時間で済んだ。あとiは小分けの時間。


  写真集・・・閲覧注意!!!(笑)




wdaDSC03486.jpg

wadaDSC03491.jpg

wadaDSC03494.jpg

wadaDSC03500.jpg

wadaDSC03504.jpg

wadaDSC03507.jpg

wadaDSC03512.jpg


肝臓取り出し
wadaDSC03535.jpgwadaDSC03536.jpgwadaDSC03538.jpgwadaDSC03539.jpg






















wadaDSC03543.jpg

wadaDSC03550.jpg

wadaDSC06364.jpg





テーマ : 動物の写真
ジャンル : 写真

香港警察の無慈悲な攻撃

香港警察、またそこに入りこん出るだろう、中国人民解放軍による凄まじいi攻撃。まこのくらいなら、連中に取っては生ぬるい部類だろうが。しかし、日本じゃニュースにはならんだろうなあ。黒服ってのは、香港では民主派なんだが、そのフリをして入り込んでるらしい。









レ・ミゼラブルより”Do you hear the people sing"

テーマ : 中国問題
ジャンル : 政治・経済

BABYMETAL、台湾公演(8/3)、3人めの子は、岡崎百々子

3人めのメンバーの3人めは、岡崎百々子、漫才師?の博多華丸の娘らしい。さくら学院にいた娘。私は、さくら学院も博多華丸もよく知らないが、今までの3人の中ではちょっと気に入ったな。若干冷たいというか、クールな感じ。体が多少大きいのがナンだが。しかし、存在感はあって、モアが霞んでたな。

正規に放送されたのは最初の3曲で、若干声が正常ではなかったが、最後まで聞けば問題なかった。soundcloudで聞いたが、多分もうない。最初に、メギツネってがきついかな。

セトリは
8月4日(日)Taipei Nangang Exhibition Center
01:メギツネ
02:ギミチョコ!!
03:PA PA YA!!
04:Elevator Girl
05:シャンティ
06:Distortion
07:KARATE
08:Road of Resistance





例の、”祭りだ”、盆踊りシーン
maturi8.jpgsinga5.jpgsionga6.jpgsinga2.jpg































テーマ : BABYMETAL
ジャンル : 音楽

韓国の異常事態の底には、「漢字廃止」か?

韓国が今、大変な状態のようだ。
日本が韓国をホワイト国から外すといっただけで、戦争だ、第二の独立だ、五輪ボイコットだ、などと攻撃しまくってる。アホらしいとしかいえない。他のアジア諸国と同じ待遇にするのに、なにを言ってるのか、もはや理解の外。

まあ、こういう反応は連中ならやるだろう。好きにさせればいい。問題は、そういう思考をもたらしているものなんだが。
これって、もしかして、漢字放棄したことに関係があるのでは、というのが私の想像。まあ、もともとそういう民族だったかもしれんが。

韓国は、1970年に漢字使用を廃した。当時10歳だとしたら、今は約60歳。社会の全体が漢字使用の機会を得ていない。これが、何かをもたらすのではないかと思っていたから、丁度自分的にはひょっとしてと思ってしまった。放水と防水、数学における、指数と素数。これらが同じ発音、表記になるらしい。それって、ちょっと問題あるだっろう。その先に考えが進むのか。

以前、列車事故だったかで、説明書にあった放水と防水が読み間違えられたのだろうという推測があった。指数と素数なんて、お互いが絡むケースがよくある。そんな時どうしてるのだろう。英語に直したり、一時的に漢字を使うこともあるのかもしれない。しかし、日本人なら使い分けられても、彼らにできるのか。素の意味がすぐにわかるのか。言葉というのは、箱のようなものだろう。それは他とはっきりと区別がされなくてはいけない。全く外見が同じなら区別のしようがない。

自分がそういう立ち場に置かれたら我慢できない。すべてがひらがなで書かれていて、それらの言葉が区別できない。それで何ができるのか。なあんもできないと思うんだが。自分で考えが進められるのか。もはや客観的な判断なんかできないのでは。誰かが言った言葉を復唱することしか。このコトになんもおかしいと言わないのか? 理解できない。

まあ、いくらんでもこの2つを結びつけるのは性急すぎるとは思うが、以前の韓国がまだましな部類だったからね。軍事独裁政権の方が遥かにマシだった。今のフィリピンみたいなもん。軍人にはリアリズムがある。これが最低限のシバリになっていた。

あと、漢字j廃止した国に、北朝鮮とベトナムがある。北朝鮮は、まあ、なんだか知らんがもともとおかしいから、漢字廃止の影響かどうかはしらない(笑)。48年とか、建国以来から。共産主義という論外なシステムだから、議論の外かな、

ベトナムも戦後から正式に漢字を廃してる。しかし、こちらには、六声という、弁別の手段があるらしい。中国語系統だから声の調子で単語を使い分ける。だから他とは一緒にはできない。

しかし、まあ、戦後の欧米化時によく漢字を守ってくれたものだ。それにはほんとに感謝ではある。

テーマ : 無法国家-韓国
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

kifuru

Author:kifuru
FC2ブログへようこそ!
元のHPは"kifuruの長文系ページ"、http://kiyo-furu.com (政治詩文関係)と ”kifuruの写真音楽系ページ http://www.kiyo-furu.sakura.ne.jp/(写真音楽関係)に移転しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR