FC2ブログ

BABYMETALーSSAでの公演、銀河帝国、サバトンと

スターウオーズ、過去の戦争の歴史、そしてベビーメタル。興味あるものを3つ上げろと言われたら、これになるかも(笑)。

その3つの要素をすべて揃えた演奏会だった。スターウオーズの音楽をやる”GALACTIC EMPIRE”、過去の戦争の歴史を歌う”SABATON”、そしてベビメタ。10/28、さいたまスーパーアリーナ。1年振り。いやあ、いろいろとあった1年だった。YUIの欠場から脱退、小神の死、もう片方だけで絶句なんだが。なんでこんなに続くんだ? ショックが強すぎるだろう。しかし、時代は動く。止まることはない。

3時ぐらいについて、ぶらぶらビール飲んだりしていた。席はシート席だが結構前の方。いつもの、ちょっと曇った感じの場内。まあ、普段とは違う印象も。なんとなく明るさはないかな。しかし子供たちのコスプレは結構多い。広場では、演奏とダンスも。

最初はGALACTIC EMPIRE。このバンド、いいんだけど、なんだか芸がないな(笑)。特に映像がちょっとねえ。映画元と契約していないのか、全然映像が使えてない。これはちょっとまずいかな。独自の宇宙風の映像なんだけど、何度も同じものを使いまわしするし。この演奏を喜ぶのは、映画との関係においてだからね。コスチュームはパクってるのだが、映像はぱくれないらしい。映画製作者側と協議して、風景とかだけでも使わしてもらえないのかな。人物は別にして。

30分ほど間をあけて、SABATON。これは良かったなあ。
セトリは、
1.Ghost division
2.Winged Hussars
3.Swedish Pagans
4.The Last Stand
5.Carolus Rex
6.Night Witches
7.Primo Victoria
8.Shiroyama
9.To hell and back


1..は、第二次大戦初めのナチのフランス侵攻におけるロンメルの第七戦車師団を歌ったもの。余りに機敏で誰も予測できな所に出現したので、幽霊師団と呼ばれたらしい。確か、逃げてるフランス軍を追い抜いたのではなかったかな(笑)。

カッちょいいなあ(笑)。Born to compete! Never retreat!
youtubeの意見欄見てたら、こんなのが
French Version: (フランスバージョン)とあって
They are the Panzer Elite(彼らは戦車の精鋭)
Born to retreat(生まれついての退却屋)
Never compete(決して争わない)

てのがあって笑ってしまった。これにつけたレスの一つ
i'm french and it's truth (in 1941 and...now)(私jはフランス人だが、それは正しい、1941も、今も)

2.は、1683年、トルコの第二次ウイーン包囲戦。防衛側1万1千、攻撃側16万だったか。60日間閉ざされていた。そこに、呼びかけに応じで参戦してきて1時間でトルコ軍を打ち破った、ポーランドの有翼重武装騎兵(フッサール)の事を描いたもの。参考 → YOUTUBE
背中に翼を背負い(投げ縄対策だとか)、精強なアラブ馬で突撃して敵を粉砕した。16,17世紀では負けた事が無かったらしい。

3.は8世紀のスウェーデンから欧州、地中海、北大西洋に撃ち出ていったバイキングを歌ったもの。

4.は、1527年に、神聖ローマ帝国のカール五世がローマに侵攻した際、法王のクレメンス7世を守ったスイス兵を歌ったもの。187名中142名が戦死したが、無事脱出させることに成功した。

5.スウェーデンのカルロス12世について歌ったもの。1697年わずか14歳で即位して、若さに漬けこんで侵入してくる他国を打ち破り、大北方戦争でロシアやポーランドなどと戦った。

6.ソ連の、女子だけで作られた第46親衛夜間爆撃航空連隊を歌ったもの。旧式機を使い、エンジンを切って滑空しながら、爆弾を落とした。最高速度が、メッサーシュミットの最低飛行速度よりも低かったらしい。

7.ノルマンディー上陸作戦を歌った。

8.もちろん、”城山”。西南戦争を歌った。500人で3万の帝国軍と戦ったと。


9.アメリカの軍人、俳優であるオーディーマーフィーについて歌ったもの。アンツィオ上陸作戦から参加していた。アメリカ兵としては、最多の数の勲章を受賞したが、彼の部隊の他の隊員は全員戦死したとか。また戦争の後遺症である戦闘ストレス反応やそれから逃れるための薬物に苦しんでいたらしい。オフィシャルビデオはそれを表してるのだろう。


世界史の勉強になる(笑)。最後の数曲はいつもコンサートのラストでやってるらしい。彼らのある種の誠実さの現われだろう。


最後はベビーメタル。まあ、スーは良かったと思う。全体の構成は、やむを得ないのだろうけど、ダンスとかは数を出してきて、あまりおもしろくはなかった感。そんなにを見たいと思わないし。歌を中心に大体見れればいいのだが。あとダンスの内容が、あまり意味のないものになったかも。初めの頃の、歌の意味をダンスで別に表すというような側面が絶えて来た感じ。あれが面白かったのだけど。

スーに関しては、音域は上がっている。D#(E♭)を自慢の声にするきかな。
今までは、D♭を最後に伸ばして受けをとってきたけど、音域が上がった雰囲気。まあ、ただエレベーターガールのなかのD#は若干不安定。しかし、多分今後はこれを使うのかも。全体として声が上向きになってる。

しかし、ベビメタの最近のドタバタはなんとかならんかねえ。分岐点は、14年ブリグストンかなあ。あそこで、RoRをやたらに生真面目にやったのが、ちょっと引っかかった。それまでの、”冗談だよ”って感がなくなった。あそこまで真剣にやらんでも良かったと思うが。欧州で受けたので、ちょっと向う行きになったかなあ。



しかし、まあ、サバトンのかっこいいのには参ったな(笑)。周りの人は歌ってたし、日本も捨てたもんじゃない(笑)。国連やEU発のインチキ平和主義なんか、失せてしまえ。



スポンサーサイト

テーマ : 洋楽ロック
ジャンル : 音楽

幕張メッセでのライブ、スーは更に高音程が安定した

ま、行かなかったのだが、音とかを漏れ聞いてる内に今まで気づかなかった事に気づいた。
最近加えられた曲は、一見なんでもなさそうな曲なんだが、かなり高音程を入れてる。それは、D#。Distortion や、エレベーターガールで。何気なく歌ってるから気づかなった。

大体、スーは、Dフラットは普通に出ていて、お得意の音程。大概の曲に入れてる。Dが時たま苦しかったが(特に2014年のアメリカツアー)、この1,2年は曲によっては、Eまで出していた。ロサンゼルスでやった、FDTDが典型だが。東京ドームのときは、Eを一瞬(ま、2瞬だが)出した(TotDで)。しかし、その後は喉をかばってか、裏声に変えた。

しかし、今回、ごく何気なくD#を出している。→ Sound Cloud
何回か出てるが、はっきりしてるのは、10分7秒あたり、「この世界がこわれても」の”も”のところ。かなり伸ばした。
エレベーターガールでは、15分30秒過ぎ、「気をつけください」のあたり。

割と普通に歌として出してる。ま、叫ぶだけなら、もっと上まででるのだが、このあたりが普通に出るってのが凄い。じゃあ、Eも出るだろうし、FDTDも日本人の前で披露して(笑)。

テーマ : 女性アーティスト
ジャンル : 音楽

那須・三本槍岳の紅葉

もう2週間も前になる。ちょうど、台風24号とか25号なんかが来ていて、かなりの風が吹いていた。まあ、25号は日本海を通ったのだが、風は強くて、ロープウエイとかゴンドラは運休したりしていた。ただ、三本槍岳のゴンドラは動いていて、なんとか上に行けた。下は晴れていても、上に行くと雨。結構大変な状況。しかも、紅葉にはまだ若干早かった。

nasuDSC03151.jpg
ゴンドラも時折止まっていて、かなりの数の人が待っていたのだが、どういうわけか、ゴンドラの担当者は、8人乗りなのに、2,3人乗せては動かしてた。まあ、8人はきつくてももっと乗せられたのではないかなあ。

nasuDSC03160.jpg

nasuDSC03166.jpg

nasuDSC03163.jpg

nasuDSC02878.jpg

nasuDSC02868.jpg

nasuDSC02882.jpg

nasuDSC02873.jpg

帰りの車窓から
nasuDSC02898.jpg

テーマ : 風景写真
ジャンル : 写真

YUIMETAL脱退、サヨナラだけが人生ですかね

ま、そんなどうでもいい言葉はいらないが。
しかし、脱退か。それも10月のコンサート直前にして。
チケット売ったあとにね。

いくらなんでも、この一年の運営側のおかしさはあるだろう。
きっと帰ってくるだろうということで、この隠蔽劇は許されていたのだ。
なんの情報を与えることもなく、1年を過ごした。ありえないと思うがね、常識的に。
隠し続けるとか、ちょっと理解できない。
メンバーの側からも言っていいのではなかったのか。

20歳前後の女子が何も言えない、それはおかしいだろう。
私は、あらゆるポリコレは嫌いだが、これはちょっとおかしいと思う。
支配する側のおかしさだ。

ギターの小神の死にもショックはあったが、これも大変だな。
もはや、時代は変わったのだろう。
かつての幸せな時代は無くなったのだ。

ま、しかし、YUIMETALの最後の大阪城公園には行っていた。まあ、それで満足するしかないのか。

テーマ : 女性アーティスト
ジャンル : 音楽

吉田類の”酒場放浪記”と木挽ブルー

この”酒場放浪記”、時々見てる番組。
日本全国の酒場を訪ねては酒や肴を飲み食いしてあるくという、それだけの番組。
他人が酒を呑むのを見るのが何が面白いのか、という問題はあるのだが(笑)、しかし面白いのだ。それはこの人の酒や肴、酒場に対するレスペクトというか、丁寧さが分かるから。この人の飲み食いを見てるとそれだけで、こちらも影響を受ける。食い物は大事にしなきゃいけないんだなあ、とか。あるいは、酒場をやってる人の苦心とか。ここで出て来る肴なんて、ごくありふれたものだ。しかし、それを丁寧に食ってる類さんを見てると、自分が食ってるものをも尊重しないといけないと思ってしまう。

このところ宮崎県を歩いてる事が多いのだが、そのせいか、酒としてやたらに”木挽ブルー”が出てくる。酒場の主人が進めることもあるし、類さんから希望する事もある。前にも書いたが、自分としても好きな焼酎。宮崎県の雲海酒造という所で作っている。

で、ふと近くを歩いていたら、これを売っていて驚いた。全然そんな感じじゃない店なんだが。とても数あるとは思えない店。で、久しぶりに買って飲んだが、やっぱり美味かった。このところ、田苑とか、黒霧島とか、方向性の違うものを飲んだりしていた。僅かに甘く、またスッキリしていて、邪魔な成分がない。焼酎版のスーパードライ。酒はこういうのがいいな。何故か酔う水(笑)。

テーマ : 焼酎
ジャンル : グルメ

最初のアメリカ人は、アボリジニーだった?

信じられない話ではあるが。→ ページ

fc2blog_2018101202093228a.jpg
>Australian Aborigines, together with indigenous populations in New Guinea and the Andaman Islands, are thought to be descended from one of the earliest groups of modern humans to migrate out of Africa around 60,000 years ago.
オーストラリアのアボリジニは、ニューギニアやアンダマン諸島現地人と同じく、約6万年前にアフリカから移動した、現生人類の最も初期のグループの一つの系統から出たと言われている。

They are thought to have been a sea faring people who were able to hop between the islands that extend from Asia to Australia.
彼らは海上居留民で、アジアからオーストラリアに広がっている諸島間を飛び越えて移動できたと考えられている。

The new findings suggest their descendants may have ranged far further and could have crossed the vast ocean expanse between Australia and south America.
新しい知見は、それらの子孫はもっと遥かに遠くまで広がっていた事、そしてオーストラリアと南アメリカの間の広大な大洋を超えた可能性があることを示している。

However, the researchers say they could have also travelled across ice sheets to the north.
しかしながら、研究者たちは、彼らが北の氷床を渡ったかもしれないとも言う。

Professor David Reich, a geneticist at Harvard Medical School who led the study, said: 'It's incredibly surprising.
この研究を指導したハーバードメディカルスクールのデビッドライヒ教授は、”これは信じがたいほどに驚くべきことだ”という。

'There's a strong working model in archaeology and genetics, of which I have been a proponent, that most Native Americans today extend from a single pulse of expansion south of the ice sheetsf—and that's wrong.
考古学と遺伝子学には強力なワーキングモデルがあり、私もその提案者であったのだが、今日のほとんどのネイティブ・アメリカンは、氷床から南方への展開のたった一度の脈動から広がったと考えられて来たーそれは間違ってたのだ。

'We missed something very important in the original data.
もとのデータで何か重大なミスをしていたのかもしれない。

About 2 per cent of the ancestry of Amazonians today comes from this Australasian lineage that's not present in the same way elsewhere in the Americas.'
こんにちのアマゾンの人々の先祖の約2%がオーストラリアの系統から来ている。そしてそれはアメリカの他の場所では同じ形では残っていない。



要するに、ヘーリング陸橋は1万4千年前から溶けはじめ、1万2千年前から、ユーラシア大陸の人や動物が流入し始めた。しかし、南米には4万年から5万年まえの、人間の頭蓋骨や石器がある。モンゴロイドは9千年から7千年前にjは両大陸を制覇した。しかし、南米の最南端のフエゴ島にはアボリジニは残っていた、ということらしい。


これとか → サイト
>Native Americans living in the Amazon bear an unexpected genetic connection to indigenous people in Australasia, suggesting a previously unknown wave of migration to the Americas thousands of years ago, a new study has found.

>アマゾンに住んでいるネイティブ・アメリカンは、オーストラリアの土着の人々と意外な遺伝子的関係を持っている事が、最新の研究でわかった。それは数千年も前に、未発見のアメリカへの移動の波がすでにあったということを示唆している。

>In the ensuing millennia, the ancestral group has disappeared.
>その後数千年の間に、その先祖のグループは姿を消してしまった。


(追記13日)
面白い話だなあ。本当なら、色んな影響があるだろう。
まず、アボリジニの評価。一部地域に残ってた遅れた種族というイメージから、人類の先陣を切って世界に広がっていった先覚者という事になる。それも太平洋を横切った、最初の人たちという事に。これは、ポリネシアンにさえ出来なかった事なのだが。

かつてコン・ティキ号漂流記というのが読まれたが、これは南アメリカの方からポリネシアに出向くという実験だった。多分、学術的評価はされなかったのではないかと思うが、やっぱり直接的な交渉はあったという事になる。

あとアンダマン諸島人のこと。実は日本人にとって大きな話になるが、Y染色体ハプログループが、日本人、チベット人、アンダマン諸島人は共通してるらしい。Dという遺伝子でこれらに限られるとか。もしかしてアマゾンにもいるかも。アマゾンのグループの中には、まだ文明と接してない部族がいるはず。ぜひ調べてほしいと思う。

テーマ : 人権
ジャンル : 政治・経済

人種の「差別」について

人種差別はよくない。
まあ、それはそうだな。どの人種に属してるかによって差別するのはおかしい。
しかし一方で人種間の違いがあるのは事実なのだ。



キリスト教的、あるいは、近代民主主義的作法においては、人種間に差はない。
しかし、これは難しい問題だ。差はないように見えて、差はある。
これは否定しようがない,黒人のライス国務長官には悪いが。

「黒人をいかに訓練しても、アジア人のレベルにはいかない」
「それは生物学の問題」
それはその通りだろう。生物学的な視点が無視されてきた。



人間社会は、これをどうするのか。
どうやって、お互い認め合うのか。

※ Jared Taylor について

ウィキペデイアによれば、1951年に日本で、宣教師の子供として生まれたらしい。16歳まで日本にいて、イエール大学に行き、その後いろいろな職業についたようだ。一般には白人至上主義者とみなされているが、他の右翼と違うのは、アンチユダヤじゃないことらしい。ユダヤ人にも支持者を増やすためだとかいてあるが、そうじゃないだろう。似たような考えを持つ自分から言うと(笑)、それは単に現実主義の現れに過ぎない。普通に考えてユダヤ人を差別する事には何の意味もない。あれは、欧州の社会の側からの、流浪の民に対する反応なのだ。その限りでは理解できるが、それ以上のものではない。まして、現代の日本やアメリカにおいて、反ユダヤとかバカ臭い話だ。ユダヤ人というのは、ノーベル賞を多数取ったことからもわかるように、優秀だ(と思う)。特に何も語らないのは、別にいいのではないのかな。

ユダヤ陰謀論といえば、ちょっとした思い出が(笑)。かつて私が行っていた仕事場の近くに、新しい寿司屋ができた。綺麗だし、夫婦二人でやっていたらしく、高くもなく、料理も美味かった。客も多く、私も気にいって毎週行ってたのだが、ある時不思議な事にきがついた。何時行っても、板前さんとお客がユダヤ人の話をしているのだ。変な客といつも一緒なのか、と思っていたのだが、いつもやっている。で、ある時、その話は客が話してるのではなく、板前が客に話しかけてるという事に気がついた。客がだれでも、その板前はユダヤ人の話をしているのだった。寿司を握りながら、”アシュケナージって、いうんでしょ?”とか言ってた。

当時は、ネットも無かったし、ユダヤ陰謀論の話に乗ってくれる人は他にいなかったんだろうなあ、とは思ったが、しかし、いくらなんでも客としなくてもいいだろう(笑)。そんなもんに興味あるのは、100人に一人もいないだろう。ちなみに私は、その店にいる時は、ずっと本を読んでて、話には乗らないようにしていた。で、その内、客も何だか減っていき、最後は私一人だったかなあ。勘定払ってでていったのだが、それが最後で、その店はなくなってしまった。ちょっと惜しい店だったのに。

テーマ : 軍事・安全保障・国防・戦争
ジャンル : 政治・経済

Martin Kohlmannとは

時折目にする人の名前

右翼側のリーダーっぽい。

テーマ : 日本を正常な国に戻したい
ジャンル : 政治・経済

南シナ海波高し、Gray War だとか

南シナ海での角逐が厳しさを増している。アメリカと中国の駆逐艦どうしの鍔迫り合いが起きた。左側のアメリカのミサイル駆逐艦の前に中国の艦艇がはいりこんでる。40mって発表だが、この写真をみると、もっと近いかもって思ってしまう。
minami.jpg


続く

テーマ : 「ならず者国家」中国
ジャンル : 政治・経済

平成も終わるが、、、イカ天の復活ビデオ

これも拾い物。イカ天の事は、こちらのページでも書いてるが、→ ページ

相原勇も50歳か。はチャー
58:10以降の”たま”の、ギターを引いてるボーカルは上手かったなあ。音程が非常に正確。
ここには入ってないが、南の海のジョーとかいう歌がもう一度聞きたい(笑)。亀が生まれ故郷を思って歌う歌(笑)。

この、亀が生まれ故郷を思って歌う歌、ってのが、ビデオの中からみつかって、youtubeにアップした。
正式には、ミドリガメのケリー、って歌だった。歌ってるグループは、癲狂院。

まあ、30年の前の歌だからいいだろうとは思うが。
”帰りたい、帰れない”ってのはいいんだが、なぜ帰れないのか、ちょっと言葉を添えて欲しかったな(笑)。
まあ、日本中にいる数千万の労働者も、帰りたいけど帰れない、なんて思って働いているのかもしれない。なんで帰れないのか、そんな事は、一言じゃ言えない。いわく言い難いものがあるのだろう。ただ、それだけを言いたいのかも。

最後の方に出てくるまとめの10バンドでいうと、3番めの、BABY ROCK ミシンは割と印象に残っている。特に左側でベースを弾いてる人。ちょっとそそられる(笑)。4番めのGLORIAは、ドラムの人が面白かったなあ。演奏は真面目なんだが。ちなみに、この2つのバンドは、どちらも非完奏。5番目の、CBAの”旅でスカ”は名曲。多分、イカ天でも最高の曲かも。前のページにも出してるが。




テーマ : YouTube Music Video
ジャンル : 音楽

プロフィール

kifuru

Author:kifuru
FC2ブログへようこそ!
元のHPは"kifuruの長文系ページ"、http://kiyo-furu.com (政治詩文関係)と ”kifuruの写真音楽系ページ http://www.kiyo-furu.sakura.ne.jp/(写真音楽関係)に移転しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR