『太平洋戦争における人種問題』クリストファー・ソーン著・・・(3)

前のページからの続き。
草思社、1991年発行、市川洋一訳。原題は、"Racial aspects of the Far Eastern War of 1941-1945"by Christopher Thorn,1982。

☆ アジアと日本とその変容

p64・・・1945年の夏、東インドであるフランス人が次のように書いているのも、・・・・・「日本人は一般には敗れたと言われているが、アジアのこの一角では『戦争に勝った』のだ」。

p65・・・ネルーは、・・・・・1946年には、彼らの戦時中の行動を「インド解放運動に対する熱烈な願い」から出た「勇敢な行動」だと称賛しました。

P65・・・ある日本の論者が言うように、なさねばならないことは、西欧化に抵抗することではなく、「アジアのヨーロッパ化をアジア化する」ことだというのでした。

まあ日本の戦後については色々と言われた。日本は決して敗けたわけではないとか。これはどの文脈で言われてたの忘れたが、フランス語系だったかなあ。「アジアのヨーロッパ化をアジア化する」というのは、中々いい思潮だったと思うが。この本を読んでて初めて知った。







スポンサーサイト

テーマ : 歴史関係書籍覚書
ジャンル : 本・雑誌

アニマルズのナンバー

まあ、これが第一だろう。


次におれかなあ。




これとか


そばで弾いてるのは誰なんだ


決極自分の歌が決められ無かった


さすにがに、ビートルズやストーンズは強面だなあ。

大体こんな感じかな。
Moody Blues 0:00:38 -- Hey Bo Diddley, 0:05:56 -- Go Now
Freddie & the Dreamers 0:09:30 -- Pretty One -- 0:11:45 -- A Little You
Georgie Fame 0:13:59 -- Walking the Dog
The Seekers 0:16:32 -- I’ll Never Find Another You , 0:18:36 -- A World of Our Own
Herman’s Hermits 0:21:16 -- Wonderful World -- 0:23:03 -- Mrs. Brown
The Ivy League, 0:25:51-Funny How Love Can Be
Sounds Incorporated 0:27:51 -- Time for You
Wayne Fontana 0:29:58 -- The Game of Love -- 0:32:24 Just a Little Bit Too Late -
Stones 0:34:51 -- Everybody Needs Somebody 0:35:29 -- Pain in My Heart 0:37:32 -- Around and Around 0:39:56 -- The Last Time
Cilla Black 0:42:58 -- Zip-a-Dee-Doo-Dah -- Cilla Black
Donovan 0:45:12 -- You’re Gonna Need Somebody 0:49:23 -- Catch the Wind
Them 0:51:49 -- Here Comes the Night 0:54:34 Turn on Your Love Light
Searchers 1:00:48 -- Let the Good Times Roll
Dusty Springfield 1:02:38 -- Mockingbird --
Animals 1:05:04 -- Boom Boom 1:09:09--Don’t Let Me Be Misunderstood 1:11:34 -- Talkin’ ‘Bout You” / ”Shout
Beatles 1:16:22 -- I Feel Fine 1:19:24 -- She’s a Woman 1:22:14 -- Baby’s in Black 1:24:32 -- Ticket t Ride 1:27:46 -- Long Tall Sally
Kinks 1:29:49 -- You Really Got Me 1:32:02 -- Tired of Waiting for You

足りないのは、Dave Clerk5と、Hollisと、Yardbyrdsあたりかな。                                                              

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

春日部でのLV見てきました+そのついで

BABYMETALの春日部でのLV(ライブビューイング)を見てきたけど、相当良かったですね。二人の演奏もどれここれも。まあ、Yuimetalがいなかったのは残念だったけど。モアメタルが不思議だったな。異常に輝いてた。二人でやるところを一人でやって全然平気だったし、むしろ楽しんでた。どうせ観客から支援があるのを分かってたんだろうけど。こんな時に輝けるって、相当得難い能力だな。将来的に楽しみ。演奏陣もあまり独奏披露とかはなくて、バックバンドに徹していた。衣装は通常の白地込みでは無かった。

Su-metalはキレキレ。とにかく緩んだ所はないし。シンコペーションの出だしはカウントしてないな(笑)。当たり前のように出てた。NRNRやアカツキは絶唱。ま、最初からずっと良かったけどね。最後、ザワンをかなり長くやって、私達は一つになる、なんて歌で終わった途端に、後ろの方でイザコザ発生。何か携帯の明かりを付けてたのがどうとかだったらしい。ま、現実世界はこんなもの(笑)。あまりザ・ワンのような理想論を掲げてもね。今回のはまあまあ良かったけど、これで最後ってのはやはりあまりよくないな。
あとは、アカツキでのスーの相手役^^;。まあもう少しマシな人いなかったのかな。見てて心配になるレベル(笑)。

ユイ欠場、小神死去で、なにか変わる形勢なのかもしれない。スーもモアも限りなく伸びそうだし。しかし、海外での予約は順調。ゆいは出れるのか? ほとんどが埋まってるそうだけど。

今回は色々と細かいところで、散々な目にあった(笑)。まずこの場所。春日部に行けば分かるだろう、なんて軽い気持ちでいったら大外れ。そこは春日部にはなかった。となりの藤の牛島ってとこらしい。しかし行ったが、なんにもなし。やむを得ず電話で連絡。向こうもまさか歩いてくるのは考えてなかったようで、なんとなく曖昧。途中で店の人に聞いたりしてなんとかたどりついたのが、10分前。5分前にはビールのんでムカッとしてた。しかし、今から考えると大変なタイミングだったなあ。よく付けたもんだ。

帰りは春日部行のバスがあるってことだったが、携帯見ながら行けばわかるだろう、ってことで、なんとか藤の牛島たどり着けた。こちらは正解。しかし、途中でだれにも合わなかったなあ(笑)。しかもこちらは単線だった。こんな所にも単線ってあったんだなあ、なんんだかこの日は2万歩以上あるいたんだが、疲れた。

さらにその前は大宮公園にいった。これも遠くてまいった。駅近と書いていたんだが、結構遠い。しかもいってみたら、もう葉が出てた。今年の桜は短期間なのかな。しかし市民の出の多い事。凄まじい数の人達が宴会をやっていた。売店の数も今まで見たなかで最大。外人も澄の方で宴会やってた(笑)。
miaDSC02996.jpg

miyaDSC02998.jpg

miyaDSC02997.jpg

miyaDSC02990.jpg

miyaDSC02541.jpg

miaDSC02533.jpg

miyaDSC02537.jpg





テーマ :
ジャンル : 写真

プロフィール

kifuru

Author:kifuru
FC2ブログへようこそ!
元のHPは"kifuruの長文系ページ"、http://kiyo-furu.com (政治詩文関係)と ”kifuruの写真音楽系ページ http://www.kiyo-furu.sakura.ne.jp/(写真音楽関係)に移転しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR