2016都知事選ーラストデイの演説と鳥越擁立の裏

山口敏夫氏の演説会に、もと共産党の秘書がきて、裏事情を暴露。7分過ぎからの鳥越関係とか興味深い。
元筆坂秀世氏秘書の篠原常一郎さんらしい。

最初山口敏夫氏が立候補すると聞いた時は、何をトチ狂ったんだろうと思ったものだ。
過去の遺物のような忘れられた存在が、なんでまた都知事選にと思ったが、しかし、この選挙を通じて中々立派な所があるんだなあ、と感心した。いい意味での「ピエロ」というのか、冗談風にしながら真相や狙いを振りまいていく。
レイプや、全裸、厚化粧、認知症なんて言葉が飛び交う下賤な雰囲気に清涼剤のようなものをもたらした。

小池候補


増田候補

悪いが、ただのおっさん。

鳥越。なんと蓮舫が久しぶりに。義理が重たいこの世界やね。

さっさとくたばれ。バックはパチンコ屋か。良かったね。

しかし不思議なのは、鳥越の野党統一候補としての登場。何か裏があるはずだ。レイプ関連の話は一般には知られてなかったと思うが、業界では知られていたらしい。それをなぜ統一候補にしたのか。バラされた時の事を考えなかったのか。しかも、宇都宮氏には脅迫的な言葉で辞退を迫ったとか。→ ビデオ
6:20-「運動員が誹謗中傷を受けた、除名の恐れもあった」
8:45-「50万枚のチラシ用意、選挙カー2台、事務所もかりていた」(確か金銭的な弁償はしてないはず)
13:40-小池新都知事登場
23:00-鳥越の女性問題など
24:20-辞退の現実など、「安倍政権に民主主義を要求してるのに、野党側では独裁的な締め付けが行われてる」

人間的には大変立派なのは確かだろう。まあ、基本的な立場は受け付けないが。

別のページでも書いたが、1つは安倍政権にケチを付けて憂さ晴らしがしたいという事、そしてもう一つ、中国の指図があったのでは。
しかし、それにしてもこの候補にしたのはおかしい。また、一説には、立候補の動きは7月3日辺りからだったとか。その頃は、まだ共産党の躍進が予想されてたはずだ。2倍ぐらいになるとかの予想があったと思う。開けてみたらそれほどのものではなかったが。じゃあ、なぜ早くから準備したのか、また宇都宮氏を強引に下ろしたのか。

(追記8/6、7月3日に立候補予定者への選管の説明会があったが、それに鳥越陣営が参加してたという → youtube。石田純一が立候補を表明したのは、7月6日。いわゆる当て馬か。意図的だったのだろう。完全に嘘を付いてる。宇都宮市との会談でも。→ youtube 背後で指揮してたのがいるのだろう。)

民進都連の松原仁によると、 →  魚拓
「(候補者選定を一任されていたはずの)都連の流れとは違う流れで決まった。内定していた候補者を覆した」と振り返ると

別方面からの力が働いたのだ。それは多分共産党、そこから岡田に行った。なぜ岡田はその方面の指示にしたがったのか。
上の篠原常一郎さんの話によると共産党がかなり関わっているのが分かる。10分以降。

反安倍とか言うより中国の意向が強かったのではないか。鳥越は、「尖閣は中国にくれてやればいい」なんて発言をしているらしい。→ 魚拓 中国は尖閣同様、東京都の沖の鳥島にも言いがかりをつけてる。鳥越で都合がいいのは、中国なのだ。中国は、あまり鳥越のスキャンダルに関しては知らなかった。あるいは、知ってても押しきれると思ったのでは。感覚が違うから、そういう事はありうる。日本側は不味いと知ってても押し切られた。こう考えれば説明はつく。

最終日ではないが、マック赤坂氏に詰め寄る、鳥越運動員




桜井候補の演説。かなりの人が集まっている。言ってることもなかなかいいではないか。

慰安婦の比率は正しい。というかもっと多かったかな日本人。普通の営業の延長でしかなかったのだ。特別扱いしたのがおかしい。
しかし、ラストで、「7月30日は日本人にとって魂の独立記念日である」と聞くと、決してからかう気はないが(笑)、しかし、SF映画好きの私としては、どうしても、思い出してしまう。

映画「インディペンデンスデイ」での大統領の演説
>今日こそが、我々人類の、独立記念日なのだ。

顔をみたけだけで笑ってしまう。

映画「パシフィック・リム」での司令官の演説。
「今日、我々は最後の希望と人類の運命をかけて戦う」という演説を思い出してしまう。もうしょうがない(笑)。思いの出すのだからしょうがない。

HPのパシリムのページ。ちなみにこれは私の最愛といっていいぐらいの映画。また再上映してくれないかなあ。

スポンサーサイト

テーマ : 選挙
ジャンル : 政治・経済

リンドバーグ第二次大戦日記 ・・・「鬼畜米英」は本当だった

連合軍による日本兵捕虜への虐待、虐殺行為が描かれてることで、日本で有名な本。あの英雄、リンドバーグが批判を恐れずに書いたものだ。この人は信念の強い聡明な人だったらしい。ただの冒険家ではなかったようだ。
つい最近復刊された。

最近は本はネット注文ばかりで、本屋に入ったりすることなどほとんどなかったのだが、たまたま時間が空いて行き場が無かったので(笑)、本屋に入ったら見つけた。しかし、高いなあ(笑)。普通の厚さの文庫だけど、1冊1200円ほど。

ただし、この本はかつて出版された際に抄訳だと聞いていたので、じゃあ、自分で必要な部分を訳そうかと思って、かなり前に原書を買っていた。しかし、これが分厚くて分量多くて、どこに何が書いてあるかだけでも探すのは大変。そのままほっておいたら、その抄訳の復刊を見つけて買ってしまった。

原著は、The Wartime Journals of Charles A. Lindbergh 、1970年刊
それを抄訳したものが、新潮社から1973年に『リンドバーグ第二次大戦日記』(新庄哲夫 訳)として出たらしい。
さらに、2002年に学研M文庫で『孤高の鷲―リンドバーグ第二次大戦参戦記(上下)』として再販された。
それが今月角川ソフィア文庫から『リンドバーグ第二次大戦日記(上下)』として出された。
上巻には主に欧州戦線、下巻には太平洋戦線が記述されている。今回は下巻のみ購入。

以下抜粋
p223
1944年 六月二一日 水曜日
日本軍兵士殺害に関する将軍の話-数週間前のことだが、最前線のさる技術科軍曹が、もう二年以上も太平洋地域で戦闘部隊と行を共にしながら、ついぞ実戦に参加した経験がなく-帰国する前にせめて一人だけでも日本兵を殺したいと不平を漏らした。軍曹は敵の地域内に進入する偵察任務に誘われた。
 軍曹は撃つべき日本兵を見つけられなかったが、偵察隊は一人の日本兵を捕虜にした。今こそ日本兵を殺すチャンスだとその捕虜はその軍曹の前に引き立てられた。
「しかし、俺はこいつを殺せないよ! やつは捕虜なんだ。無抵抗だ」
「ちぇっ、戦争だぜ。野郎の殺し方を教えてやらあ」
 偵察隊の一人が日本兵に煙草と火を与えた。煙草を吸い始めた途端に、日本兵の頭部に腕が巻き付き、喉元が「一方の耳元から片方の耳元まで切り裂かれた」のだった。

原書では、p853
General's account of killing a Japanese soldier~

「ちぇっ、戦争だぜ。野郎の殺し方を教えてやらあ」は、"Hell,this is war.We'll show you how to kill the son of a bitch"
「一方の耳元から片方の耳元まで切り裂かれた」は、"slit from ear to ear"


p225
1944年 六月二六日 月曜日
談たまたま捕虜のこと、日本軍将兵の捕虜が少ないという点に及ぶ。「捕虜にしたければいくらでも捕虜にすることが出来る」と、将校の一人が答えた。「ところが、わが方の連中は捕虜をとりたがらないのだ」
「*****では二千人ぐらい捕虜にした。しかし、本部に引き立てられたのはたった百か二百だった。 残りの連中にはちょっとした出来事があった。 もし戦友が飛行場に連れて行かれ、機関銃の乱射を受けたと聞いたら、投降を奨励することにはならんだろう」
「あるいは両手を挙げて出て来たのに撃ち殺されたのではね」と、別の将校が調子を合わせる。 


捕虜にしたら飛行場で撃ち殺していたのだ。世話をするのも面倒だろうし。日本側もそういう事はしたかもしれないが、バターン死の行進や、食事が粗末だったという事で処刑されているから、一応は捕虜にはしてる。

原書では、p856(途中24日のがあるが、訳されていない)
>*****では二千人ぐらい捕虜にした。しかし、本部に引き立てられたのはたった百か二百だった。 残りの連中にはちょっとした出来事があった。 
のところは、
We had a couple of thousand down at --------,but only a hundred or two were turned in.They had an accident with the rest.

-------の所は多分部隊名か基地名が書いてあったのでは。出版に当たって削られたか。





続く


テーマ : 読書メモ
ジャンル : 本・雑誌

日本社会からタブーが消えていくことは良いことだ・・・桜井候補演説

今回の都知事選に、元「在日特権を許さない市民の会」会長の桜井誠氏が立候補している。
決して支持するわけはないが(笑)、この人の演説には客観的に見て、価値ある側面がある。
それは、今までタブーとして語られる事の無かった事を、公衆の面前で言っている事だ。




日本社会には各種のタブーがある。その中には、実は日本人にマイナスになるものであるにもかかわらず、タブーとして発言が抑えられてきたものがある。近年は相当に緩和されてきたが、それでも語られる事のない事がいくらもある。

例えば、かつては、「北朝鮮」という言葉もそうだった。言ってもいいが、その後に必ず、「朝鮮民主主義人民共和国」と添えなければならなかった。
「改憲」もそうである(笑)。ほんとに笑い話としか思えないが、90年代以前は公人は言ったら政治生命が絶たれた。
過去の歴史について、GHQの見解に反する発言。例えば、「日本は朝鮮に良いこともした」といった江藤隆美総務庁長官は辞任に追い込まれた(1995年)。
まあ、「良い事もした」というのは厳密には間違い。「良いことだけをした」というのが正しい(笑)。学校を4500校以上も建て、病院を作り、道路、上下水道を作り、衛生環境を画期的に変えた。人口は2倍に増えた。しかも日韓基本条約の締結にさいし、国家予算の3倍もの賠償金を払い、工業技術まで与えた。韓国が工業国になったのは、ただただ、それのおかげである。それまでは、世界最悪レベルの貧困国だったのだ。キーセン(売春婦)観光でしか金は手に入らなかった。
欧州はその植民地の独立に際しては、資産に対する請求権を保持し金を取った。しかし、日本は権利を放棄したばかりか、逆に金を支払ったのだ。

まあ、こんな事もネットの発達以降では普通に言えるし、また、知られるようになった。それ以前はマスコミとサヨク勢力の言論の支配のもとにあった。

しかし、今でも公には語られない事もある。
桜井市の7つの約束

外国人生活保護の廃止。
4年間で都内の不法残留者の半減。
反日ヘイトスピーチ禁止条例。
総連・民団施設への課税強化。
違法賭博パチンコへの規制。
韓国、韓国学校の建設中止
コンパクトな東京五輪の開催。


とりわけ、

外国人生活保護、不法残留者問題、違法賭博パチンコへの規制。

これは実際重要な問題である。生活保護を受ける外国人など、母国へ返すのが当たり前だし、パチンコが許容されているのは、どうみてもおかしい。しかも、それが、北朝鮮などの核ロケット開発の元手になっているらしい。

仕事のない外国人は入れてはいけないのだ。博打も公然とされるのはおかしい。まあ、隠れてやるのは好きにどうぞ、と思うが、ああも公然とやるのは違法だし、許されてはならない。不法残留者が退去されないどころか、裁判で認められるのもおかしい。可哀想な一例を認めれば、そこを突破口として入ってくるのは目に見えてる。

まあ、こういった事は桜井氏だけの功績ではないが、これほどあからさまに発言して、支持を受けるのは初めてだろう。

石原慎太郎氏や橋下氏にもいくらかはそういった面はあったが、徹底はしていなかった。

部分的には、他の人、例えば片山さつき氏の発言もある。
「日本人が生活保護を受ける場合、本人の経済状態や扶養できる親戚がいるかどうかなど、綿密な調査が行われる。しかし、外国人については、領事館に『本国に親戚がいるかどうか』を問い合わせるだけ。事実上、外国人の方が簡単に生活保護を受けられる仕組みになっている」

まあこれは大きな問題だ。


===アジア諸国と日本との違い===

これははっきりと認識されないといけない。
これをボカすから誤解が生じる。
まるで、異次元のように違っていたし、今でもそうだろう。
人間皆同じといっても、社会のあり方は違う。

かつて、「日本では水と安全はただ」という名言があった。
この事は極めて重大だ。
外国では飲める水はただではない。買わないといけない。外国を旅行してるとペットボトルの水を飲ませてくれ、という子供達が寄ってくる。中央アジアではそれどころか、力で奪いとるものであったろう。

人間は4,5日水が飲めないと死ぬらしい。鉢植えの植物もそんなもんだろう。水さえあれば、たとえ食い物が無くても当面は生きていける事が確定する。しかし、それが無ければ生存は不確定となり、社会や人間関係が不安定化する。日本ではそんな状況とは無縁であった。水道が無くても、ちょっと川を遡れば飲める清流があった。降水量も多かった。日本では水はどこでも飲めた。今でも公園にはただの水がある。水は命の根源である。それがただかどうかなんて文明の成り立ちに関わる。その認識がないのは日本だとやむを得ないとはいえ、世界的に見れば異常だろう。

あの悪名高い「731部隊」も飲料水の確保と疫痢の防御が任務だった。水道などない中国大陸を進軍する際に、どうやって兵士達の飲料水を確保するのか。今の私には想像できない。有名な話に、台湾を占領した国民党軍が、水道の蛇口をみて、それさえあれば水が出てくるものだと思って、蛇口を強奪していった、という話がある。何万もの軍隊の兵士への飲料水の確保は大変な任務だったろう。まさか、後日、化学兵器の専門部隊だとして糾弾されるなんて思いもしなかっただろう。

文明的に、また、風土的にまるで違っていたのだ。

「水」はおそらく「安全」の基盤にあったと思う。
水が確保されていたから、争う必要性は薄れたのだ。もちろん食料や領地の争いはあったが、言葉通り死命を制するものではなかった。とりあえず、生きては行けたのだ。多少は人に譲っても死ぬ事はなかった。それが日本人の生き方の根底にあるのだろうと思う。他人との生存競争が穏和となっていたのだろう。しかし大陸では違う。はっきりと奪い取らないと生きてはいけない。そういった点で日本人は甘かったのだ。そこに付け込まれ、また偽善者が関わる余地が出来、反日勢力に利用される事となった。

続く

テーマ : 選挙
ジャンル : 政治・経済

中島みゆきー荒野より



これも名曲
しかも、こうもポジティブに高らかに歌う曲というのも珍しいかも。個人の思いのレベルではなく、一種の国民歌謡風になっている。ニューフォークの時代から考えれば、別のものに脱皮したような印象がある。思えば遠くへきたもんだ、というのか(笑)。

多分、中島みゆき論というのが必要になるだろう。他の自分の思いのたけを歌って消えていった歌手とは何か違うものがある。
70年代というのは、日本のポップスでの画期の時期だったろうと思う。とりわけフォーク界で各種の才能が現れた。ユーミンや陽水、五輪真弓、小椋佳、いるか、かぐや姫、チューリップ、グレープ、その他にも大勢いた。中島みゆきは遅れて現れたのだが、その中では当時としてはそれほど抜きん出ていたとは思えない。特に感性の面では割りと「普通」だったと思う。なんと言っても、ユーミンや陽水のような、個性溢れる、感性が鋭すぎるような歌手たちがいたのだから。

しかし、その「普通」さがむしろ良かった。年を経て、熟成したのだ。

続く

テーマ : 女性アーティスト
ジャンル : 音楽

都知事選の鳥越候補演説会・・・7月24日新宿

ま、メディア経由だけじゃなくて実際にみないとね(笑)。
歩行者天国を利用した1時間の演説会だった。人生で一番無駄な1時間だったかもしれない(笑)。

最初はこんな意味不明な演奏が。
[広告] VPS


一人目はLGBT関係者だったらしいが、よく聞こえず。周囲の騒音の方が大きかった。

二人目?は大学3年生。時給を上げて1500円にしろ、家賃を下げろ、大企業が空前の利益を上げているのに国民に還元されないとかよく分からん話。それって都知事の権限なのかね。そもそも相互に矛盾してるのでは。時給をあげたら、各種の価格も上がる。
[広告] VPS


次は働く奥さんの話。保育園に入れられず困ってるとかなんとか。しかし、鳥越は、あの韓国学校そのまま認めそうなんだけどね。
[広告] VPS

鳥越さんは話を聞いてくれたというけど、やれるのかな。場所はあるのかな。

次は声優かつ歌手の人。何がいいたいのかわからなかった。歌も歌ったけど面白くなかったので途中でカット。
[広告] VPS


次は全国過労死会の代表の人。自殺も犯罪も国家の責任みたいな事言ってたなあ。何も問題のない理想的な国家像があるんだろうなあ(笑)。それって天国?
[広告] VPS



次が意味不明にも程がある演者だったなあ。筑波大大学院2年の学生。ただ、どういうわけか、私はカメラを下に向けていた(笑)。スイッチの入れ替えを逆に勘違いしていたらしい。
何を言ってたかというと、まず、1654万円、この金額はなんだと思いますか、と話し始めた。それは彼が受け取った奨学金の合計額だそうだ。それを毎月6万円余り返済していかなkればいけないと。まるで国家から不当に負わされた債務であるかのような言い方をしていたのだが、それってむしろ感謝すべきことではないのか? ただの学生に貸してくれたのだ。昔は金が無ければ大学院どころか大学にも高校にも行けなかった。いけただけ良かったじゃないか。しかもこの額からして、学費だけじゃなくて、生活費とかも入ってるだろう。普通はそういう場合、バイトとかするのだが。
ところが、この人は政治活動をしてる。しかもあの、シールズだとか(笑)。→ ツイッター

以下引用
諏訪原健 (T, Suwahara.) ‏@swa_swa_swatch 3時間3時間前
今日街頭で奨学金の話をした後に、話しかけてくれた人がいて、その話の中で、全然悪気ないと思うんだけど、「ちゃんと返せる額、借りればいいのに」って言葉があって、結局奨学金は個人の問題なのかと思って、その後もずーっともやもやしてる。俺は何のために話したんだろうと思うと本当に虚しくなる。
208件のリツイート 115 いいね
返信 リツイート 208
いいね 115
その他
諏訪原健 (T, Suwahara.) ‏@swa_swa_swatch 7時間7時間前
諏訪原健 (T, Suwahara.)さんが鳥越 俊太郎(東京都知事候補)をリツイートしました
この後16:00から行われる新宿ホコ天での集会でお話します。


お笑いの新しいジャンルでも作ったのかね(笑)。なんでバイトしないjの? 
マジで分からない。国から金を借りて反政府的な政治活動をして、その金の返済に文句を言う。全く理解できない。別の人種なのだろうか。しかし、そういう考えが当然としか思えないらしい。どういう環境に育てばそういう感性が身につくのだろうか。
大分にいったとか書いてるし。人の金で活動するのが当たり前なのか。まるで舛添じゃないか(笑)。
相互理解不能だなあ。本当に、本当に理解できない。その君の生活費と学費と政治活動費は国民の税金が元になってるのだけど。返済の義務が不当? 私がどんなに出来の悪い子供だったとしても、これくらいは分かったと思うのだが。

あまり映像は良くないが、一応アップ(笑)。
[広告] VPS

女性の足を写そうとしたわけじゃないので、誤解無いよう(笑)。ずっとなぜか下を向けてた。

次の人はセクハラ関係とか言ってた人。それちょっとやばいかもね(笑)。上智の女子学生を別荘に連れていって強姦しようとした人が近くにいたかもしれない(笑)。これは映像なし。

で、終了10分ぐらい前になって、鳥越登場。
[広告] VPS

具体的な政策はまるでなし。キャッチフレーズが突然、3つから4っつになった。「学問してよし」が入って。
あと、切れたところで、具体的な対策について、そのうち見つかるでしょう、みたいな無責任な事を言ってた(笑)。

最後
[広告] VPS


あいかわらず、平和だ護憲だ脱原発だと都と関係無いことを言ってる。具体策など何もない。福一が大事件とか言ってるが、死者はいない。そんなものより、食中毒や交通事故や癌その他の病気の方がはるかに大事件だ。そもそも福一自体、菅直人さえいなければ起こらなかった可能性が高い。 → 菅直人はなぜ原発事故の現場に行ったのか

後半にはスマイル党のマック赤坂が(笑)。結構客を集めていたが、声がはっきり聞こえないのが難点。
smile.jpg

鳥越を支援する集団てのも不思議なもんだ。
何を考えてるんだろう。鳥越になったら、今の難題が解決すると思う根拠はなんなんだ。何も経験がないのだが。人に難癖をつけてただけの人物だぞ。宇野総理の愛人問題を、全く法的瑕疵は無かったにもかかわらず、大問題にして退陣させたのが、この鳥越だ。そして、こいつは、今法的な責任だけが問題であるかのようにして、逃げようとしている。だったら、宇野総理だって問題なかっただろう。ちなみに宇野氏は、早くから北朝鮮の拉致問題に注意喚起してた人だ。それが気に入らなかったかな?
日本のサヨ、リベラルというものについては、根本的な解明が必要だ。あまりにも問題が多すぎる。主に外国からの関与なんだが。


しかし、撮影ってもの大変だな(笑)。場所取り、カメラの位置、色々と大変(笑)。ちょっとしたことだけど、経験は大きい。







テーマ : 選挙
ジャンル : 政治・経済

珈琲焙煎日記 ブルンジ ブルボン

ブルンジ ブルボン 180g シティーロースト
ブルンジと言う国と珈琲については、こちらのページ

久しぶりにマラウイ以外を焼いた。
この1年以上、マラウイばかりを飲んでいて、ほとんど依存状態。もともとは世界中の珈琲を色々飲むのが趣味だったのだが、今はマラウイばかり。これを飲むとスッキリ目覚めるのと夜がちゃんと眠れるから。一年分ぐらいストックしてる。

目覚めだけなら気のせいの可能性もあるが、夜眠れるのはそれでは説明できない。私は全くの不眠症で、夜中目覚めていることがよくあった。それで酒を呑んだり、睡眠薬もらったりしてた事もあったのだが、あまり効かない事もあって、深酒したりしていた。これを飲むと夜になると普通に眠たくなる。普通の人並になれる(笑)。酒の量も減ったし。12時ぐらいになると本当に眠くなる。これは自分にとっては信じられないくらい嬉しい事。夜眠れるかどうかは、生活や人生に関わる。

何かマラウイの珈琲の成分に特別なものがあるのかしらん。以前はゲイシャ種だけだったのが、最近はモンドノーヴォ種など他の品種と混ぜるという奇妙な売り方をしてるのだが、それでも効く。

ポイントは「目覚める」ということなのかもしれない。不眠症だった時期は、日中ちゃんと目覚めてなかったのかも。脳の一部がどこか眠っていてボーっとしていたのかも(笑)。

ゲイシャ種という品種は今世界で大ブームで価格も高い。特にパナマ産とかコスタリカ産のは非常に高く、ブルマンの倍近くしたりする。一応いくらかは焼いてみたのだがあまりに高すぎて、常飲するには向かない(といっても自家焙煎だと一杯あたり、100円台だから、大したことはないとも言えるが)。香りや味が鋭い感じなのは分かったがそんなに惹かれなかった。マラウイで作ってたゲイシャ種は評価が低いらしく値段は普通だった。実際味は大したことはなかったが、その副次効果が強力だった。覚醒剤か、というぐらいに目覚めるのだ(飲んだことは無いが(笑))。しかも夜眠れた。まあ多品種を混ぜてからは、それほどでは無くなった気がするがそれでも効く。味には特に個性はないかなあ。深焼きすれば甘みが出て旨いが、覚醒力が弱くなる。好きな珈琲はと聞かれれば今でも、イエメンのモカと、マンデリンのアチェ産。この2つはほんとに良い。珈琲って良いなあ、としみじみと思わせる(笑)。マラウイは旨いわけではないが、とにかくこれなしでは生活が成り立たない。

ただし、マラウイにも問題はあって、これだけを飲んでると心臓がおかしくなる。以前調子にのって一日に2杯も3杯も飲んでたら、不整脈のようなものが出て、それはやめた。で、最近もちょっと心配なので、他と混ぜて、量を少なくしようとしてブルンジを焼いた。

で、やっとブルンジの話(笑)。
まあ、ブルンジなんてほとんど知られてないだろう。マラウイ同様。日本とは殆ど関わりがない。ちなみにこの二国はアフリカ最貧国のトップ2。珈琲の生産国だということも知られてないと思う。しかし、品質は非常に良い。クズ豆がほとんどなく、豆も大きく綺麗。味も上品でなかなかいい。香りも甘く、久しぶりに飲んでびっくりした。ブルンジという言葉には禍々しい響きがあるが(笑)、味は真逆。多分貧困国なので、多くの人手を掛けられるのだろう。それで栽培とかクズ豆のピッキングとかもしっかり出来てるのだろう。ブルンジだと語感がちょっと何なんで、何か特別なブランド名でも付けて売りだせばいいのではないかなあ。何とかマウンテンとか。知られてないままにするにはちょっと惜しい気がする珈琲。あの辺り、ルワンダとか幾つか新興の珈琲産地があるが、どれもいいみたいだ。私はアフリカ産とかアジア産はわりと好き。何か大地のエキスを飲んでる気がする。中南米産は、好きなのもあるが、あまり気が惹かれない。


テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

鎌倉市役所に安倍批判の垂れ幕・・・なぜ安倍がそんなに憎いのか(笑)

鎌倉の市役所と商工会議所のフェンスに安倍批判の垂れ幕が掛けられたらしい。→ 産経魚拓
直ぐに取り払われたらしいが、誰がやったか不明だとか。
で、その垂れ幕だが、かなり手のこんだものだ。
afr1607210009-p1.jpg

afr1607210009-p2.jpg

安倍ヤメロ(国会で指名されたのですが)、アベ覚悟しろ(脅迫だな)、9.11はアメリカ政界の仕業(笑)、子供達を戦場に送るな(国内が戦場になったらどうする)、憲法・立憲主義・民主主義を守れ!(多数決を否定してるのはサヨク)、戦争法案成立を阻止(そんな法案は無い)、子どもたちに明るい未来を(ポルポトやスターリン、毛沢東みたいなのはダメだな)、他

しかし、しつこいなあ(笑)。頭の中はアベや戦争法案で一杯なのか。去年からこんなのばっかり。
abe2.jpg

こういうのを見ると、ジョージ・オーウェルの「動物農場」を思い出す。反乱を起こした動物達のスローガンは、"two legs bad,four legs good"だった。なぜ二本足が悪いのか、なぜ4本足がいいのか、そんな事はどうでもいい。とにかく、そうなのだ。そう叫ぶのだ。

悪いが、こういう人たちも多分同じじゃないかなあ(笑)。理屈なんか考えてないだろう。一応、戦争法案だ、護憲だ、集団的自衛権阻止だ、戦争反対だ、みたいな想念のようなものはあるのだろう。しかし、その実際的な理屈とか現実への対策とかは考えていないだろう。何かそれぞれの主張があるなら、各自で考えてメッセージボード用意すればいい。なんでどこかの団体が作ったものを同じように掲げるんだ。

サヨクとか、共産主義者とか、この手の連中は何か考えがあって言ってるかのようなポーズを取っている。本人たちもそう思ってるのだろう。しかし、多分違う。言われた事を繰り返してるだけだ。その指示は、共産党辺りからでていて、さらに大本には中国がいる。最近のサヨク運動は全て中国の利益になる、あるいは、不利益にならないものばかりだ。チベットの人民と連帯を!なんて事は絶対に言わない。それどころかパレスチナ解放とか、そういったことさえ言わない。こちらのページ参照。

しかし、感心するのは、ジョージ・オーウェル。30年代に自らの体験によって共産主義者のウソと実態を見抜き、寓話小説化した。日本の文壇なんてその後もずっとアカ一色だったのに。世界で尊敬する人を一人上げろといわれれば、この人にする。音楽方面は抜きにして(笑)。

ただ、彼にも西洋人としての限界があった。実際の共産主義国家は、「1984」なんかに描かれたような合理的な整然としたものではなかったのだ。特にアジアにおいて。彼が生き返って、北朝鮮や中国をみたら驚くに違いない(笑)。人間てこんなに非知性的な非合理なものだったのかとガッカリするだろう。これは西洋的知識人一般の限界だろう。その具体例は、ブッシュ政権時の、ライス補佐官。知能指数200とか言われた彼女は北朝鮮問題に当たったが、まったく成果をだせなかった。何しろ相手は平気でウソはつくは、約束は破るは、道理など無視するはで、西欧人が想定してものとはまるで違っていたのだ。アメリカのアジア政策が失敗しがちなのは、こういった事があるからだろう。

ユークリッドの「幾何学原論」のような緻密なものは、日本人を含めアジア人には書けないだろう。あんな論理を追った考えはできない。しかし一方で、西洋人にはアジアの混沌は理解できない(笑)。

続く




テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

鳥越候補スキャンダル・・・無理に統一候補にした野党の大失敗


「ドツボに嵌まる」という言葉があるが、野党陣営はまさにこの言葉通りの状況に追い込まれそうだ。
これから、鳥越候補に関して、幾つものスキャンダルが公表されるらしい。女子大生へのレイプ未遂、不倫、そしてそれらと比較にならない程重大な、保険会社関連のもの。20日現在ではまだ確定ではないが、相当にキテるらしい。
文春のもの
CnzCFLmVIAEDuPd.jpg

しかも、こういったものの一部は事前に関係者は知っていたとか。なんでそれで統一候補にしたんだろう? 宇都宮氏を辞退させてまでして。完全な野党の作戦ミスではないか。宇都宮氏がいれば、最悪の場合、乗り換えられた。なんでこんな無理をして、鳥越にしたのか。アホにも程があるだろう。

まあ、ザマアーみろって所だが(笑)。これから投票日まで野党や鳥越本人、そして支援者達がどんな狂乱振りを見せるのか、期待で胸が一杯(笑)。これは予想できないなあ(笑)。

降りるのか? それは出来ないらしいけど、そういった声明を出すのか?
野党はどんな支援体制を組むのか? 蓮舫とか吉良とか女性議員を動員して応援してたけど、どうするんだろう(笑)。期待が大きすぎて落ち着かない(笑)。
巣鴨で必死に、投票しましょう、とかいってた人たちはどうするんだろう。胸の内を聞いてみたい(笑)。

しかし、不可解だなあ。都知事候補者としてとても適性があるとも思えない人なんだが。行政経験などなく、批判だけを仕事にしてた人だ。護憲だとか、脱原発だとか都政と関係ないことばかり言ってるし、問題の韓国語学校のことなんかにもはっきりと答えない。しかも高齢でかつ癌に掛かった過去があり、五輪まで持つかどうかも危惧されてるのに。

なんでこの人にしたのか。野党側に自民のスパイでもいるのか(笑)。こんなスキャンダルがなくても、あまり信用おけない感じで、演説の回数も非常に少ない。多分、これがなくても負けたのではないかなあ。志位とか岡田とか、なんだかセンスないしねえ。シールズとかもいきなり出してたし。

まあ、面白くなるのは間違いない(笑)。

今日21日、中野の演説会後の記者の取材


30秒辺り、事実確認を求める記者に対して「裁判になったり法的な問題なので迂闊にはいえない」と返答している。違法かどうかだけが問題なのだというスタンスは、私が知っている限り、小沢から始まった。それ以前は、法的にどうかなんてことより、政治的責任、説明責任、道義的責任、管理責任などとどうとでも取れる言葉で政治家を攻撃していた。松岡利勝大臣も、法的には問題のない使途で民主やメディアの攻撃を受け自殺した。

しかし、09年の小沢の4億円疑惑の時、小沢は裁判になるからと言って説明を拒否した。何人もの記者に言わせておいて、裁判だから、といって返答を拒否した。そして、記者団はそれを追求しなかった。日本のジャーナリズムが死んだ瞬間だったと思う。それまでは、それなりに権力と戦うという立場を取っていたのが、むしろ逆になった。それどころか、検察を批判し始めた。「国策捜査だ」、「なぜ今」とか言って。疑惑を持たれた政治家が、メディアによって擁護された例は他にしらない。その時点では民主はまだ与党になっていなかったが、もう世間の空気は民主よりになっていた。民主が権力を握ったあとも政権攻撃などいしていない。ろくでもない連中が平然と偽善を垂れ流していた。

これと同じことをまた当のジャーナリスト出身の側がやってる。腐れ具合も呆れるレベルだ。こんな候補者がどれだけの票を取れるのか。都民はどう感じているのか。とても気になる選挙ではある。

テーマ : 選挙
ジャンル : 政治・経済

石川セリーダンスは上手く踊れない

井上陽水作詞作曲


陽水のも


とても良い歌だと思う。まあ、ちょっと卑猥な意味もあるかな。
しかし、歌自体としての価値はある。カラオケでちゃんと歌いたい歌の1つ。

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

BABYMETAL、APMA授賞式での新展開

一体これはなんなんだ(笑)
baby.jpg
神バンドをバックに、ギターを抱えたユイとモア、そしてジューダス・プリーストのロブ・ハルフォードと一緒に歌うスー。


音楽誌『Alternative Press』主催の授賞式『AP Music Awards』(7/18)で、「Painkiller」と「Breaking The Law」をロブと共演。
この動画の10分過ぎ


先生と生徒か(笑)
yui.jpgcc.jpg

















まあ、2年前のパリでのユイモアのリード・ボーカルと同じ余興だろうとは思うが。

別アングル

4:20あたり、エブリバディ、ジャンプ!のあと3人が実際にジャンプしてるんだけど、BOHさんもジャンプしながら演奏してるのに注目(笑)。

painkiller.jpg

これも消されてるが、”AP ROB BM PAPIMETAL”という動画からのショット
su.jpg

yui-1.jpg

moa.jpg

last.jpg




しかし声が通るなあ、スーは。ロブを食ってるし。子供の頃のミュージカル「冒険者達」を思わせる。他の大人メンバーが誰も相手にならなかった。8:19辺りで、F#を出してるのはスーかな。まあ出せるんだけど、歌ではやってないと思う。8:58辺りではG#のように聞こえる。まあ多分錯覚だろう(笑)。11:41辺りではGかなあ。ちょっと断定はできない(笑)。高音はよく聞き分けられないし。最後のシーユーとか、ロブハルフォード!の辺りはFかな。こんな音出されたら、どんな歌手でもビビるだろう。

この動画は全体が分かっていいのと、スーの声がしっかり聞こえるのがいい。これぐらいの歌はスーにとってはなんでもないだろう。

しかし本当に驚かせるサプライズだこと。

テーマ : 女性アーティスト
ジャンル : 音楽

プロフィール

kifuru

Author:kifuru
FC2ブログへようこそ!
元のHPは"kifuruの長文系ページ"、http://kiyo-furu.com (政治詩文関係)と ”kifuruの写真音楽系ページ http://www.kiyo-furu.sakura.ne.jp/(写真音楽関係)に移転しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR