ソクラテスのように学者達も法に従えー安保法制騒ぎ

ソクラテスは、「クリトン」において、「不正に報いるのに不正を以てすべきでない」といって従容として死を選んだ。
今回の安保法制の決議自体は、「不正」ですらない。完全に合法であり、合憲である。どこにも不正はない。法案に対する意見の違いはあるが。
ところが、なぜか、この決議を撤回せよという集団がいる。国内サヨクであり、中韓であり、なぜか、学者集団まで。学者の主張は、それ自体許されない行為ではないのか。委員会の決議、本会議での決議、どこにも不正はない。

一体、なぜそんな奇妙な主張がなされるのか。
学者団体の主張 → ソース

彼らは、民主主義の破壊であるという。多数決が民主主義の破壊とは?
民主主義とは煎じ詰めれば、多数決である。特定のイデオロギーや理念、集団、階層の支配を拒否して、多数派の意見を採用するという、実に単純な原理である。それを実行した今回の決議が、民主主義の破壊であるという。

逆じゃないのか?
特定の主観にあわせようという、この集団の主張が、民主主義否定ではないのか。もしこちらが民主主義なら、今後国会の決議に際しては、こういった学者団体にお伺いを立てるのか?
それは国民主権の否定ではないか。常に多数決が正しいとは限らない、当然だが。しかし、正しいとか正しくないとかは主観の問題であり、また歴史が経過しての結果を見ての問題でもある。時代が過ぎないと分からない面があるのだ。

だったら、当面は多数決に従おう、というのが多数決の原理ではないのか。それが絶対に正しいとは限らない。しかし、とりあえず、そうしよう、というのが人類が得た知恵だ。イデオロギーなど信頼に足りない。それは共産主義国家の失敗を見ても明らかではないか。
それなのに、なぜ自分達の主観を最優先にしたがる集団がいるのか?
主観は控えないといけない。多数の判断を尊重しないといけない。そんな事は当たり前ではないのか。

しかも、この学者集団の主張はハナから、主観に満ちている。

>益川さんは「安倍政権は憲法9条をなし崩しにしようとしている」と力説。池内了名古屋大名誉教授(宇宙物理学)は「法案は安倍政権の軍事化路線。軍需研究への動員が始まろうとしている」と危機感を表明した。
 千葉真国際基督教大特任教授(政治思想)は「憲法順法義務を無視している」と強調。吉岡斉九州大教授(科学史)も「次は憲法改正を必ず狙ってくる」とし、高山佳奈子京大教授(法学)は「国際世論からは、憲法を無視して推し進めていいという意見は全く寄せられていない」と指摘した。


九条大事、軍事化反対、憲法の改正反対、そういった主観しか述べられていない。国際世論がほぼ全面的に賛成である、という事実すら無視している(笑)。

こんな主張があっていいのだろうか。客観的であるべき、学者の主張として。
スポンサーサイト

テーマ : 軍事・安全保障・国防・戦争
ジャンル : 政治・経済

安保法制は徴兵制とは無関係なのに、またしても民主党がデタラメ

京都新聞のアンケートで、若者の4分の1が、この法案で徴兵制が可能になると思ってたらしい。→ ソース
信じられない状況である。
こんなデタラメを言いふらしたのは民主党。→ ソース、あるいはこちら、あるいはこちら
反対の為なら、口からでまかせを言い放題。あのマニフェスト選挙の反省を全くしていない。
何らかの処罰が必要なのではないのか。

集団的自衛権は世界のほとんど国が採用している。行使していないのは、スイスぐらいではないだろうか。そして、そのスイスでは徴兵制どころか、国民皆兵制で、国民総出での防衛体制を敷いている。当たり前と言えば当たり前。一国だけで守るにはそうでもしないと兵隊が足りない。だから、集団的自衛権が問題になった今回の法案は、むしろ徴兵制とはベクトルが逆である。少なくとも同じ向きは向いていない。

ただただ、政局のためのデタラメを今だに宣伝している。

甘いことを言って人気を取って政権を維持することなど簡単なことだ。それが一番安楽な道だろう。安倍首相はそれをしていない。逆をやっている。別に彼が今後ずっと独裁者でいるわけでもないのに(笑)。そんなイメージを野党は作ろうとしてるが。不人気を覚悟して、あえて今の日本と世界に必要な事をやっている。それが分からないバカな国民が一定層いるらしい。注射を打たれた子供が、注射を打つからこのお医者さん嫌いだ、と言ってるようなものである。必要だからしているのだ。世界中がやってるから同じようにしてるだけなのだ。サヨクやマスコミの宣伝のせいかもあるが、ただただ嫌そうな事をする政治家は嫌いだといってる。残念な事だが、それも今の社会の現実だ。

あの民主党のマニフェスト選挙にしても、約1千万票が自民から民主に動いただけらしい。それだけで、ああいう地すべり的な結果になった。あんなのに簡単に釣られる人たちが一定割合いて、それで政治が動いてしまう。それを小沢その他は狙ってやった。商品の宣伝でも、品薄商法だとか炎上商法とかあるようだが、うそでも宣伝すれば、一定数の販売は見込める。全員が知性に満ちているわけではない。一部分でも騙せれば、それで十分というわけだろう。

民主党はこのやり方が身に付いてしまったようだ。日本のためにならない。こんな政党に投票してはいけない。

テーマ : 軍事・安全保障・国防・戦争
ジャンル : 政治・経済

安保法案、世界が歓迎、反対は中韓と国内サヨクのみ

安保法案が衆院を通過して、事実上成立状態となった。
これを世界各国が歓迎している。

各国の反応 → ソース
東南アジア諸国 → ソース
まとめるとこうなるらしい
dfc46cc9.jpg
その他、これこれこれこれこれなど

まとめると、好意的な反応を示したのは、
インドネシア、シンガポール、フィリピン、ベトナム、ミャンマー、モンゴル、スリランカ、マレーシア、カンボジア、ラオス、
オーストラリア、ニュージーランド
コロンビア、メキシコ、ブラジル、アメリカ、カナダ、
クロアチア、キプロス、ベルギー、フランス、ドイツ、EU、イタリア(8/3、日伊首相会談で)
ニジェール、


反対してるのは、中国、韓国、国内サヨク
ということになる。
いかに国内サヨクが狂ってるか分かるというもの。
ま、中国の手先として動いてるだけだからね。かつてのサヨクはソ連の手先だったが(笑)。やってる方のかなりの部分は何か立派な事でもやってると思ってるんだろうけど。

この法律そのものについては、 → BLOGOSの解説、あるいは、ハフィんトンポストのこちら、そして、政府資料、あるいはヤフーコメント欄(このニュースの最後にあるコメント欄をクリック)

問題になってるのは、集団的自衛権なのだろうけど、まるでなんでもないものである。上記、BLOGOSから引用すると、

>自衛隊員は、PKOに従事している場合も行動を厳しく制限され、武器は、自らの生命・身体を守るためやむをえない場合、つまり「自衛」の場合以外は原則として使用できず、他国の隊員が危機に瀕していても駆け付けて救助すること(駆け付け警護)などできませんでした。

こんな馬鹿げた状態が改善されるというだけの事。こんな人間として当たり前の事が出来ないとは、なんという愚劣な憲法であり、憲法解釈であったのか、という事。出来て当たり前だし、世界中で普通にやってる。相手が自分を守ってくれるのなら、自分も相手を守りましょう、という当たり前の行為である。人間以前に動物だってやってる。ゾウとかシマウマも集団で守りあってる(笑)。たしか、イラクのPKOの時は豪州か何かに守ってもらっていたが、日本側は出来なかった。

世界でやっていない異様な事をやろうというのではない。極当たり前にやっている、理屈としても当然の行為。これに国内サヨクは、戦争をする法律だとか、わけの分からない難癖iをつけ、「やめて、お願い」とか気持ちの悪いポーズをとったりして抗議している(笑)。どういう頭の構造してるんだろうか。善人だというアピールだろうか。平和主義を自慢してるんだろうか。意味が分からない。

周辺事態法については、wikiによると

>そのまま放置すれば、日本に対する直接の武力攻撃に至るおそれのある事態等、日本周辺の地域における日本の平和及び安全に重要な影響を与える事態

これについて地理的制限がなくなるというわけで、気にする人がいるのだろう。しかし、「日本の平和及び安全に重要な影響を与える事態」、が前提なんだから、遠近は関係ないだろう。現代の武器は距離を飛び越える。

これらについて、定義が曖昧だとか言うむきがあるが、将来起こることを全て見通せるわけではない。だれにも出来ない。その場で判断するしかない。そのための政府であり軍司令部だ。出来るならコンピューターにでもやらせればよいが、まだ無理(笑)。任にある人が判断する以外にやりようがない。天から見てくれてる神様もいなければ、未来から後知恵で教えてくれる為のタイムマシーンも無いのだ(笑。これは笑いごとじゃなくて、過去の粗探しばっかりやってる人は、正解がその場で分かるはずだと思ってるみたいだ。結果を見ての後知恵なのに)。どんな法律も現実の全てを明解に区分けできてるわけではないし。だから裁判によって判断が分かれたりする。

とりあえず、こういったものは他国がやってるレベルのものを保持すればよい。それは過去の歴史から出てきた教訓であり、知恵なのだから。一方的に理想的なシステムを要求することなど無理な話。国内サヨクはそればり要求しているが。

問題はこの国内サヨク。常に中韓と意見が同じ(笑)。まあ、指導層は確信犯としてやってるのだろうけど、一般人もいい加減気にしたらどうなのかね。オスプレイや辺野古などでの反対運動、沖縄独立運動、集団的自衛権反対、これらによって利益を得るのは誰か?

勿論中国である(笑)。もはや何が行われているか明らかなんだけど、まだ、何か平和主義者風に反対してる。「まじ おかしい」とか一般学生風を装って反対している。いい加減にして欲しいな。


続く

テーマ : 軍事・安全保障・国防・戦争
ジャンル : 政治・経済

祝!安保法制委員会通過

こんな世界で当たり前の法案で騒ぐほうがおかしいが。
中には、これを「集団的攻撃権」であるかのように言いふらしてる向きもあるし(笑)。
「自衛権」なのに。国連も認め、世界中の国が行使している当たり前の権利。国家成立と共に生じるというか、保有して当たり前の権利。

行使していないのは、スイスぐらいか。
その代わり国民皆兵、毎年のようにある軍事訓練、家庭での銃器所持(今では義務ではないらしいが)などの対応が必要となる。
この集団的自衛権を徴兵制と無理やり結び付けてる政治家もいるが、むしろ、個別的自衛権のみの方が、徴兵制が必要になるだろう。一国で防衛するのは難しいから。日本でその必要がなかったのは、アメリカと片務的な同盟を結んでいたから。

是非さっさと成立させて欲しい。安倍首相は戦後史上トップクラスの首相となるだろう。
また、必要性が差し迫ってる状況がある。南シナ海で。
多分、尖閣には攻めてこない。脅しだけ。戦わずしての勝利を狙っている(笑)。国内サヨクを扇動して。

また、日本がアメリカと共に南シナ海での状況に踏み込む姿勢を鮮明にすれば、そちらでも平和は保たれるだろう。まさに平和のための法制である。
反対してるのは、中国の手先と、手先になってるとは知らずに騒いでる集団だ。

youtubeに驚くべき動画が上がっていた。
国会前のサヨクのデモ隊の中で、集団的自衛権賛成を演説した学生の動画である。殺すぞとか言われてるが、大変な勇気だなあ。


テーマ : 軍事・安全保障・国防・戦争
ジャンル : 政治・経済

安保法制の成立は絶対に必要

15日に委員会での議決になるらしい。
安倍総理は、無理をしてでも成立を図って欲しい。
おそらく、10年後、20年後の世界では立派な宰相として記録される事になるだろう。

日本が普通の国として、あるいは、地域に責任が取れる国として、また、無法な周辺の国々を押さえる力のある国として振舞うには絶対に必要な法制である。相変わらず、人を殺させないだとかわけの分からない事を主張して反対している集団がいるが、無視するしかない。どうせ、中国当たりの利益の代弁者だ。当人達は気づいていないんだろうけど。自分達の主張に意味があると思うなら、チベットでも中東にでも行って主張してきて欲しい。

生存するための闘争は必ず起こる。それは日本がどうだとか、過去の歴史への反省がどうだとか、そんな事とは全く無関係に起きる。単に、中国が資源が欲しいから、国内が安定しないから、という日本と全く関係のない理由で日本その他への攻撃が起きるだろう。それは、かつて、日本国が戦争をしたときに、周辺国の一部が感じたことでもあるかもしれない。

日本が大人しくしてれば日本人は殺されないなんて、おとぎ話でしかない。
それはチベットが反証になるだろう。抗戦をしなかったチベット人は占領後、虐殺され2割が殺された。日本人は第二次大戦で、全体の4%しか死ななかったというのに。

また、より大きな問題は、日本人だけの問題じゃなくなっているという点にもある。どういうわけか、最近のサヨクは、日本人が攻撃されなければそれで満足らしい(笑)。それってサヨクじゃないんじゃないの?と思うんだが。普段、地球市民だの、ナショナリズム反対だの言ってるくせに、なぜか突然日本人の安全を最優先にし始めるのだ。

安倍首相が、シリア避難民支援のために援助すると言った事にたいして、連中は喚きまわって抗議した。日本人が攻撃の的になるからだとか言って。避難民はほっとけというのか? 4百万人が悲惨な状態にあるというのに。自分達が安全ならいいのか?
逆の立場になったらどうなるのか。避難民は戦争を望んでそうなったのではない。一方的にそういう境遇に追いやられたのだ。自然の災害にあったように。

全く理解できない。どういう神経の持ち主なんだか。普段言ってる論理とも違うじゃないか。まあ、政局にしたいだけなんだろうけどね。しかし一般人風のまでそんな事をいって徹夜で歌って踊ったとか(笑)、意味不明としかいいようがない。

昨日あたりから起きてるデモでも、理解できないものがある。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2015-06-21/2015062103_01_1.jpg これとか
War is over と書いた紙をみんな持ってる。
一体どこの戦争の事をいってるんだろうか?
どこで戦争が終ったのか?
中東では子供達が理由もなく殺されてるのに。

まったく現実と無関係な妄想をしてるように見える。
「戦争は終った、さあみんなで愛し合おう」みたいな雰囲気なんだろうか(笑)。
100%理解できない。なんなんだろう、これは。

むかし、「戦争を知らない子供達」という、やはり意味不明な歌が流行った事がある。
ベトナム戦争は継続中だった。中東や他の世界でも紛争は起きていた。なのに、連中は、自分達は戦争を知らない子供達デース、とか得意げに歌ったのだ。あれも理解できなかった。たまたまそういう時代と環境に恵まれただけじゃないか。彼らの頭の中にあったものはなんなんだろうか。
当時戦争のあった人たちがあの歌を聞いたらどう思ったのだろうか。あるいは日本その他にいた戦争体験者とか。
ほんとにサヨクってのは意味不明だ。





テーマ : 軍事・安全保障・国防・戦争
ジャンル : 政治・経済

ライブインロンドン、babymetal Live in London

最近買って少しずつ聞いてるところ。
演奏は、やはりブリクストンの方がいいのかも。

紅月akatsukiはほとんど完璧。Forumの方はやや高音が苦しいかな。
神バンドもブリクストンの方がよく聞こえる。
たったの4ヶ月の差だけど違いはあるような気がする。

ただ、残念なのは、ブリクストンの照明の素晴らしさが十分には見られないことかな。
とりわけ、悪夢のロンド
ファンカムの人の遠めのを見ると良く分かる。しかし、それは削除されていた(笑)。あれ残してくれないかなあ。
「もうここから出られないのなら」の所をライトの檻で囲むようにしてるシーンがある。全体を映せばわかるんだけど、アップ気味なので見えない。
この映像で若干は分かる。

これをアップした人もそれを見せたかったんだろうと思う。

削除された映像は、ファンカムというより、関係者がとったもののようだった。ミキサー室らしいところの正面僅かに右よりから、固定されたカメラで撮ってる。音声はラインではなくて直接撮っていて、聴衆の声もかなり入っている。その檻のように見せるシーンは息の飲むほどで、会場もどよめいているのがわかる。ブルーレイのでは特に聞こえないが。普段こういったものを見てるので、観衆の声があまり入ってないのはなんとなく物足りなくなってしまう(笑)。あとブルーレイのは、カメラの切り替えがかなり頻繁で、まあこういったコンサートは仕方ないのかもしれないが、ちょっとやりすぎかなーという気もする。

(追記2015/12/6)
止むを得ず、勝手にアップ。アミューズさん、これくらい許して(笑)


megituneはやはり当たりのチューンだったようだ。会場も沸いてるし、演奏する側も気持ちよくやってるように見える。ブリクストンのスーは余裕が見える。フォーラムの方のは、しきりにサーフする人の足が映ってきて、笑ってしまう。
続く

テーマ : 女性アーティスト
ジャンル : 音楽

報道圧力問題ー中国の代弁紙に配慮は不要

日本のマスコミは報道機関ではないからね(笑)。特に沖縄の2紙と朝日、毎日など。プロパガンダの為の機関。中国首相の温家宝が来日したときなんか、朝日の某論説委員は金魚の糞のように付いてまわってた。ジャーナリズムだとか、反権力だとか、ただの飾り。

何か、日米の害になるようにもって行くのが正義だと、本当に思ってるように見える。
自分達のスタンスから見て右のものは全て反動とか不正義に見えるらしい。
この手の思い込みは冗談ではなく実際にあるとしか思えない。

日米よりは、中国、旧ソ連、共産圏諸国が正義
犯罪の被害者よりは加害者が大事(笑)
日本人よりは、中国人韓国人の人権
戦闘機爆撃機よりは輸送機のオスプレイが害悪(笑)
・・・意味不明にも程がある
普天間基地周辺の住民の安全よりは、辺野古の自然やジュゴン
政治よりは歴史認識(笑)
自民党よりは、民主・社民・共産


書いていったらキリがない。
しかも、信じてるだけならいいのだが、報道の前に現実の歪曲を行う。
中には、一部の人間のもう元に戻せない主観と人生の問題もあるだろう(共産主義信奉とか)。
あるいは、善人面をするために必要なものもあるだろう(笑)。犯罪加害者への配慮とか少年法の扱いとか。
が、中には極めて政治的なものもあるだろう。
辺野古基地反対とか、オスプレイ反対は、明らかに中国を利し、日米に害をなすために作られたイシューである。

そしてそれが、実際に日本その他に害悪になっている。もはや放置できない状況になりつつある。
一度は、民主党詐欺政権の成立という形で現れた。あれは完全にマスコミとの共同作業であった。民主側の主犯は小沢。
そして次は、世界では常識の集団的自衛権の所持や安保法制への反対、そして沖縄独立などという途方もないものにまで繋がってる。これらがマスコミ自体が誘導してるという事が問題だ。反安倍というのが絶対の信条らしい。

日本のサヨクの内部構成はどうなっているのか。幾つかに分かれると思う。専門家ではないが推測してみる。

A.外国からの指示を受けて、国民を扇動しているグループ
  A1、戦前のコミンテルンからの流れ
・・・今は多分主流ではない
  A2、恐らく、80年代に始まる、中国主導の勢力・・・はっきりとした主体は見えないが、これが主力
B.Aの周辺などにいるような強硬派グループ、かつての過激派の流れなど
C.Aのグループに利用されている、意識の薄い善男善女
D.ムード的に同調している集団、自らの偽善・無知に気付いていない無責任集団
E.戦後のGHQの誘導に乗った勢力、マスコミ中心
F.本来はいわゆる左翼ではないが、上記勢力と同調してきた集団
・・・朝鮮総連、部落解放同盟など

以上ではないだろうか。
A1は共産党周辺の集団。共産党自身はよく分からない。
A2は、姿は見えないが(笑)、恐らく存在する。辺野古移転反対やオスプレイ反対、そして沖縄独立運動を指示してるのはここ。
Bは、70年代にテロや成田闘争をやっていた集団。今は沖縄などにいる。たまに本土でも爆弾、ロケット砲事件などを起こす。カルト的に共産主義を信じて反日反米闘争をやっている集団。何も考えていない信心一途の連中。
Cは、デモなどに出てる人たち。団塊世代が多いともいう。ま、中にはバイト代目当ての人もいるらしいが。九条教徒なども。
Dは、いわゆる進歩派、良識派(笑)、あるいはデモで太鼓叩いたりして騒ぐのが目的のような集団、音楽関係など。脱原発派、九条教徒など
Eは、マスコミの一部に残っってる勢力
Fは説明不要

これらが複雑に混じっているのだろう。
で、問題は、Eのマスコミ内サヨク。これが困る。一般人は、そんなに歪んでるとは思っていないから信じてしまう。自分もかつて慰安婦問題で騙された。最近の最悪の例が、民主党政権成立であった。この政権のなした害悪は未だに出尽くしていない。
ドイツがとっくにやってる集団的自衛権や海外派兵ができていないのも、これのせい。

なぜ、こんな事が起きてるのか。戦後のGHQによる日本統治の政策に飲み込まれ、さらに、それが部分的にサヨク運動と協調的であったためにすっかり身に染みてしまったのが原因だろう。このGHQの政策は、江藤淳氏のGHQ関連三部作に詳しい。いわゆる、War guilt information program(WGIP)である。

特にマスコミ対策としては、wikipediaによると、以下の項目が検閲対象となった

1.SCAP(連合国軍最高司令官もしくは総司令部)に対する批判
2.極東国際軍事裁判批判
3.GHQが日本国憲法を起草したことに対する批判
4.検閲制度への言及
5.アメリカ合衆国への批判
6.ロシア(ソ連邦)への批判
7.英国への批判
8.朝鮮人への批判
9.中国への批判
10.その他の連合国への批判
11.連合国一般への批判(国を特定しなくとも)
12.満州における日本人取り扱いについての批判
13.連合国の戦前の政策に対する批判
14.第三次世界大戦への言及
15.冷戦に関する言及
16.戦争擁護の宣伝
17/神国日本の宣伝
18.軍国主義の宣伝
19.ナショナリズムの宣伝
20.大東亜共栄圏の宣伝
21.その他の宣伝
22.戦争犯罪人の正当化および擁護
23.占領軍兵士と日本女性との交渉
24.闇市の状況
25.占領軍軍隊に対する批判
26.飢餓の誇張
27.暴力と不穏の行動の煽動
28.虚偽の報道
29.GHQまたは地方軍政部に対する不適切な言及
30.解禁されていない報道の公表


なかでも問題だったのは、これらの検閲が実施されていることを知られてはならない、という要求だったとか。戦前の軍部の検閲は、その部分が黒塗りされてたために何が隠されてるか推測はできたが、このGHQの検閲は、それが分からないように紙面を作ることが要求された。目に見えぬ検閲だった。日本人は活字になっているものは信じ易い傾向がある。しかも、メディア全般が同様の事を言っていれば更に信じるだろう。GHQの施策は完全に成功した。

まあ、占領下であれば、やむを得ない部分もある。しかし、日本の場合、サヨク集団がその後を乗っ取った形になって今に来ている点。その後もずっと同じ状態が続いたのが問題。内部の人たちにとっては、依然としてそれが正義なのだ。

続く













続く

テーマ : 報道・マスコミ
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

kifuru

Author:kifuru
FC2ブログへようこそ!
元のHPは"kifuruの長文系ページ"、http://kiyo-furu.com (政治詩文関係)と ”kifuruの写真音楽系ページ http://www.kiyo-furu.sakura.ne.jp/(写真音楽関係)に移転しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR