石狩挽歌、戦後歌謡曲の傑作

なかにしれい作詞、浜圭介作曲
曲も歌詞も素晴らしい。
北原ミレイ


歌詞がなかなか面白い。
ごめ・・・北海道方言で、カモメ
つっぽ・・・筒袖、漁師などが来た、動き易くした袖のこと
やんしゅう・・・ニシン漁に従事する漁民だが、出稼ぎが多かったらしい。遠くは高知辺りから来たとも。
ばんや・・・寝泊りできる作業場
問い刺し網・・・魚を網の目に絡めて捕る為の網で、定置網のことらしい
笠戸丸・・・1900年にイギリスで建造された貨客船。ロシアに売却されるが、日露戦争で日本が捕獲。ハワイやブラジルへの移民戦として使われたあと、北洋漁業の母船や台湾航路の貨客船として使われる。終戦間際の昭和20年、ロシアに捕獲され撃沈される。
にしん曇り・・・ニシンが取れる春三月、四月の曇り空
おたもい岬・・・小樽北方にある岬
古代文字・・・小樽の手宮洞窟にある文字らしきもの。いわゆる神代文字か。本当かどうかは知らない。

明治から大正にかけてのニシン漁の最盛期をしのんで、恐らく昭和初期に場面を設定して書かれた歌詞。
戦後歌謡のベスト10には入れたい歌。
北原ミレイの突き放したような歌い方が合ってる。

北原ミレイは、なかなか雰囲気のある歌手だった。「ざんげの値打ちもない」。ちょっと歌詞が危ないが(笑)


持ち歌じゃないが、合ってるかな。「八月の濡れた砂」



全然関係ない話ではあるが、私はニシンの塩焼きが好きだった(笑)。過去形にしたのは、最近食えないから。定食屋でも飲み屋でも見かけなくなった。まあ、焼くのに時間は掛かるし面倒なんだろうなあ。
九州出身の私は東京に来て初めてニシンなんてものを食った。実に興味深い食い物だった。何しろ、全部食うのに30分ぐらいかかる。全体を解剖するような感じで分けていって、処理していく。仕事を遂行してる感じ。醤油をじゃぶじゃぶ掛けて食って笑われてものだった。
せめて飲み屋では出して欲しいなあ。食うことに熱中できる食い物(笑)。
スポンサーサイト

テーマ : 演歌/歌謡曲
ジャンル : 音楽

恋人よーフォークの名曲

五輪真弓のヒット曲
カラオケで歌うにはかなり難しい(笑)
低音から上がっていくので、音程が取り辛い。
本人のもの


美空ひばり


キムヨンジャ

この人は上手いなあ。一回目の「恋人よー、側にいて」ではあまり盛り上げず気持ちをふり絞るように歌い、「恋人よーさようなら」では遥か彼方の恋人に別れを告げるように歌う。俗な言い方だが、「仕事してますねえ」と言いたい所。時折外国人なのに、日本語の歌詞の意味をよくつかんで歌う人がいる。

テレサテン



世界の上手い歌手を色々聞ける、良い時代になったものだ。

テーマ : 演歌/歌謡曲
ジャンル : 音楽

釜山港へ帰れー桂銀叔逮捕

韓国人歌手、桂銀叔が覚せい剤使用で逮捕されたらしい。
悲しいニュースである。
いわゆるKPOPブームの遥か前、上手い韓国人歌手が日本でデビューしてた時期があった。で、確かに上手い人たちがいた。
この人はその代表格だろう。
デビュー曲とかは知らないが、「釜山港へ帰れ」は名曲であった。オリジナルではないらしいが、この人の名前を聞くと、思い出す。



かつて、カラオケ時代というのがあった(笑)。今はどうなのか知らない。
最初は飲み屋の片隅に8トラックのテープの機械があって、歌詞カードをまとめた本があった。酔客が見ながら歌うので汚れていたものだった。音だけ聞いて歌うから、それなりに技術が必要であった(笑)。ま、演歌は分かり易かったけどね。

その頃の歌の代表格かもしれない。日本人歌手も何人も歌ってる。
森昌子とか

なんだか泣けてくる。

八代亜紀とか

あんた、上手すぎ(笑)。

なんと美空ひばりもあった。

ひばりは好きだけど、明るくなってしまうなあ(笑)。
韓国の歌は、恨がないといけない。それはひばりの範疇ではない。

ベストは、キム・ヨンジャかもしれない。

言っちゃ悪いが、ひばりと八代亜紀は、提供された歌の一つとして歌っている。朝鮮半島の恨みの情念がこもっていない。まあ、日本人には理解の向こうにあるものではあるが。キムヨンジャの歌は、歌い方にもまた体の反応にも特有のものが現れてる。森昌子のは自分の感情に置き換えて、あるいは、「翻訳して」歌っているという観がある。

しかし、歌ってものは女が歌うもんだって改めて思う(笑)。男は仕事してろって話。

気になったので、キムヨンジャの歌をもう一つ


韓国はKPOPなんてろくでもないものは捨てて、民族の本心とでもいうべきものに帰るべきだろう。それが現代文明に出会って起きた摩擦を歌にすべきだろうと思う。日本の歌謡曲もかつてそうであったように。この「釜山港に帰れ」は、その一つの達成であるのではないか。

テーマ : 演歌/歌謡曲
ジャンル : 音楽

BABYMETAL 幕張ライブ、ワールドツアーファイナル

恥ずかしながら、行ってきました。初参戦。
こんな演奏会なんて始めてだし、オールスタンディングにモッシュだのWODだのサーフだの覚悟しなければならないので、第一目標は無事に帰る事(笑)。危険は徹底的に避けるという方針で。第1曲から近くでWODが始まったので、即避難(笑)。ロックは去年、ジョニーウインターのに行った時以来。その前はストーンズにまで遡る。どちらも当然座席。

あと、ひょっとして知り合いに見られたり、うっかりカメラに映ったりしても分からないように、若干の変装。といっても普段と雰囲気を変えるぐらいだけど、トイレで鏡をみたら、ジャングルの敗残兵みたいになっていた(笑)。

場所はステージの側のAブロック、しかし、あまり見えなかった。直ぐ前がスクリーンだったのでそっちばかり見てたら首がおかしくなった。音圧がすごいという話だったので、耳栓を持っていったのだが、それはあまり関係なかった。問題は、低周波というのか、地響きみたな振動。特にベースがきつかった。心臓にびんびんきてて、もともと心臓の弱い私は、やばいかなあとか思いながら聞いてました。

全16曲だったかな、かなり長かったのでなかったかな。1時間40分ぐらいあったか。レギュラーの曲は全部に、新曲3曲、Rorと泡玉フィーバー(曲名はこれでいいのかな)、それに全くの新曲。この新曲はあまり印象には残らなかった。泡玉はなかなか振り付けもよく乗れていいのでは。ラストはRor。色々と問題にされる曲だが、ラストソングには良いのかも。See You は確かしなかったな。

スーメタルとゆいもあは絶好調、なんであんなスタミナがあるのかね。スーの声はますます良くなってる。出すべき声は綺麗に出てた。音程が下がり気味といわれる紅月も全く問題がなかった。ぴったり歌ってた。ただ終盤の、イジメダメとヘドバンギャーで出だしが多少音程がふらついたかな。コールは相当高かった。

途中酒を飲んできたらフラフラ。続きは後。

セットリストは、

01. BABYMETAL DEATH
02. ギミチョコ!!
03. ド・キ・ド・キ☆モーニング
04. ウ・キ・ウ・キ★ミッドナイト
05. あわだまフィーバー
06. Catch me if you can
07. おねだり大作戦
08. 紅月 -アカツキ-
09. 悪夢の輪舞曲
10. 4の歌
11. タイトル未定(新曲、勝手に仮題、気になっちゃってどうしよう)
12. いいね!
13. メギツネ
14. イジメ、ダメ、ゼッタイ
15. ヘドバンギャー!!
16. Road of Resistance

らしい。
ちなみに、全曲の映像をアップしてる人がいる。カットはあるけど。
いいのかな(笑)。ま、全曲ダウンロードしたが。もう殆ど消されてるが。
新曲は聞き返すと中々いい。ふり付けも。

新曲や紅月のDはちゃんと出てた。
コールはF#からGの辺りか。余りに高すぎてよく分からない。
最初と最後の花火の音にはマジで驚いた。本当の爆発音。

その時の紅月らしい。→ 映像
素晴らしい。紅月はやるたびによくなっている。


なんと新曲のかなり綺麗な映像が

BABYMETAL新曲 気になっちゃってどうしよう
2、3日で消されると思うけど

テーマ : 女性アーティスト
ジャンル : 音楽

EVANGELIONの実写版OP、一番笑ったyoutube

あのエヴァンゲリオンのオープニング「残酷な天使のテーゼ」を一人で演じたもの。
最近、ふと思い出して探したが、なかなか見つからなかったので、記録のために書いておく。
アニメ版の通り、しかも歌詞に合わせて演じているのが笑える。
もう「残酷な天使のテーゼ」という言葉を聞くだけで笑ってしまう。



YOUTUBEができたのが、2005年、この動画が投稿されたのが2006年、初期のヒット作であり、楽しませてもらった。かなりな演技力と企画構成の力があると思う。顔つきが醤油顔というのか、あまり濃くないのでやれるのだろう。

しかし、youtubeというのは大変な事件でなかったか。百聞は一見にしかず、というのを如実に示してくれた。日本文化が世界的に広まったのもこれのお陰が大きいのではないか。日本のものは欧米標準からみたら特殊すぎて、言葉で表現するといくらでも悪意で歪曲できる。最近時折話題になる「かなまら祭り」なんかは、言葉だけだったら、どういう表現iなるかわかりはしない。ま、今の状況もちょっと恥ずかしいものはあるが(笑)。花見に外国から観光客が来るのもこれの影響だろう。良いか悪いかは別として。

日本に関しては、明らかにメリットになったと思う。実情を一般人のレベルで世界に知らせてくれた。今までの特別な立場にいる人たちが選択して広めたのとは違う。生活者の実感を知らせてくれている。一方で世界の紛争のありのままを広め、また宣伝にも使われた。ISISがやったように。しかし、選別されたものだけではなく何でも自由に見れるという環境を作ってくれたことは重大なことだと思う。
そのうち、現代史は、youtube以前と以後というくくり方をされるかもしれない。

ちなみに、このアニメはテレビ版をビデオでその頃みて楽しめはしたけれど、ちょっと設定が窮屈すぎてエンディングが心配で(笑)落ち着いては見れなかった。劇場版とかは全くみていない。

テーマ : YouTube Music Video
ジャンル : 音楽

民主党議員が、衆議院委員長に暴力、長妻氏は暴力を正当化

>衆院厚生労働委員会の渡辺博道委員長(自民)は12日、委員会室に入る際に民主党議員に阻止され、全治2週間の頸椎(けいつい)捻挫と診断されたことを明らかにした。
>渡辺氏は、民主党議員に首を絞められ、携帯電話を紛失したと主張。「暴力で思いを成し遂げようとしたのはあるまじきことだ」と批判した。 
→ ソース

ひどい話(笑)。

メンバーは
山井和則(京都6区)と、
あとの二人は分からないが、厚生労働委員会所属の民主議員は、他に
理事 西村 智奈美
委員 阿部 知子
委員 小川 淳也
委員 大西 健介
委員 岡本 充功
委員 中島 克仁

この中の誰かか。委員会所属議員とは限らないが。

この暴力騒ぎは民主の方針だったらしく指示書が出てるとか → ソース
この映像の1:20辺りにある、指示書
150612183631.jpg

「昼休みに入る場合は、委員長を静かに退席させる」
「再入室を阻む ⇔ 一気通貫でやる可能性あり」

「採択時 委員長にとびかるのは厚労委メンバーのみ」(笑)
「プラカード掲げて叫ぶ」

などと書いてある。
このメモを書いたのは、理事の西村 智奈美(新潟1区、比例区復活当選)らしい。

サヨクってのは、自論が絶対に正しいと思い込んでるからね。
多数決の原則に従う気はない。
各地の「市民団体」なども同様。
自分らの意見を押し付けることしか考えない。

※長妻氏、暴力を正当化 → ソース

またトンでもないことを(笑)

>「数の力でほとんど議論なしに採決するときに野党がお行儀よく座り、『不十分だが、いいか』と見過ごし、法律をドンドン通すことが国益にかなうのか」と述べ、暴力による妨害を正当化した。
>民主党議員が委員室前に30人以上陣取り、労働者派遣法改正案の審議をやめさせるため渡辺氏の入室を阻止しようとした。渡辺氏は激しくもみ合った際に首などを負傷し、全治2週間の診断を受けた。
>民主党議員は審議が始まった後も委員室内で着席せずにやじを飛ばし、同党の質問時間になっても質問を拒否した。


自分らが多数派だったときは何をしたんだかねえ(笑)
あきれてものも言えない。
麻生内閣時、参院で多数派を取った小沢民主は何をしたのか。
リーマン危機を乗り切る為の補正予算案を全て否決、やむなく民主が出した案を丸呑みしたのすら否決(キチガイじみてる)、日銀総裁人事では20回以上否決したと思う。
小沢の頭の中には日本のことなカケラもなかった。嫌がらせだけ。あるいは中国の意に沿おうとしたのか、信じられない対応を取っていた。勿論これは小沢だけの問題ではない。民主党の議員がそれを実行したのだ。一体どういういい訳をする気なのか。
政権を取ったあとには、強行採決を10回以上やってたと思う。

好き勝手にやっておいて、よくも言えるものだ。しかもそういった「数の暴力」をマスコミは全く批判しなかった。

続く

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

「中国はナチスと同じ」、比・アキノ大統領言明

来日中のフィリピンのベニグノ・アキノ(Benigno Aquino)大統領は3日、都内で開かれた国際交流会議「アジアの未来(Future of Asia)」で、

>中国の動向と米国の戦略について聴衆から質問を受けたアキノ氏は「もし力の空白が生じ、大国の米国が『関心がない』といえば、他の国の野心を食い止めるものはない」と述べた上で、第二次大戦前にナチス・ドイツの領土拡張を阻止する動きがなかったことを指摘した。ロイター通信などが伝えた。
>フィリピンのアキノ大統領「日本の皆さん、中国が今やってることはナチス・ドイツと何も変わりませんよね?」

→ ソース 

公然と侵略するようすはまさにそのまま(笑)
しかし、ナチスは、オーストリアやズデーテン地方など、同胞の住む場所を併合した。しかし、中国は違う。明らかに他の民族の領域や、いまだかつて中国の領土ではなかった所を侵略し、今もしていいる。ナチスよりはるかに悪質である。
だから、むしろ、
「中国は今までの中国と同じ、いつものような侵略国家だ」という方が正しい(笑)。

これに対し、中国は、
「でたらめな発言に非常に驚くとともに、強烈な不満と反対を表明する」と強く反発した。その上で「挑発を停止し、2国間の対話を通した解決という正しい道に戻ることを警告する」と訴えた。
 華副局長は「1970年代以降、武力で中国の南沙諸島の一部を不法占拠したのはフィリピンだ」と批判し、フィリピンが領有権問題の仲裁手続きを申し立てたことなどを非難。「自国の利益のため域外国と結託し、事態をかき回し、中国を攻撃しているのもフィリピンだ」と反論した。(2015/06/03-20:58)
 → ソース
ま、いつものような面白くもない、何の意味もない反応だな。
あまりに主観的で、何か精神に問題があるのではないかとしか思えない。
2国での解決を強調するのも力の差を背景にしてるのは明らかだし、そもそも第三者が入ってきたら不利になることを意識してるからだろう。第三者の介在を嫌うのは、一般の人間関係でも要注意。
もうこんなおかしな国家はいい加減この世から抹消して欲しいものだ。韓国もだが(笑)。

一方で、アキノ大統領は、5日、
>自衛隊の航空機や艦艇が補給のためにフィリピンの基地を利用できるよう日本側と協議を開始する用意があると表明した。
→ ソース

ま、これしかないだろう。日米が南シナ海方面に出張るしかない。その責任があるし、これで中国の動きも止められる。
この件に関しては、海空の戦力だけで戦いは終り、また、その戦力は比較にならないほどに日米の側が圧倒している。中国は実際は抵抗しないと思う。負けると分かってる戦いを彼らはしないだろう。弱い相手、非武装の相手としか戦わないのが彼ら。兵士が逃げ出すはず。
その後、中国内で何が起こるかは知らないが。

中国は今後も国際法など無視するだろう。裕福になればそれなりの行動を取るというのは、彼らに関する限り大間違い。そもそもが東洋的専制国家という土壌から出てきている。人治国家で法治の概念が無いというのはよく言われるが、これは国際間でも同様だろう。強くなればなるほどその素性が出てくる。

欧米と日本だけ特徴的に法治や民主主義のシステムが出来ているのは多分理由がある。
一つは、封建制度があったこと、もう一つはモンゴルの圧制を免れた事じゃないかと思う。これは関係してるのかもしれないが。
よく、封建主義的だとか、ご恩と奉公なんて言葉が悪いイメージで語られるが、これこそが、法治主義の根底をなす重大な概念だろうと思うのだが。ご恩と奉公なんて今の会社勤めだって、それが元だろう(笑)。

領地にこだわること、その権利をなんらかの形で認めること、これがあったからこそ、法治主義や人権、民主主義が発展したのだろうと思う。


テーマ : 軍事・安全保障・国防・戦争
ジャンル : 政治・経済

BABYMETAL欧州ツアー、無事に終るのが勝利条件(笑)

5月末から欧州でのハードなツアーが始まってる
5/29(金) ROCKAVARIA Olympiapark München Munich,Germany
5/30(土) ROCK IM REVIER Veltins Arena Gelsenkirchen,Germany
6/1(月) La Laiterie Strasbourg,France
6/3(水) X-TRA Zurich,Switzerland
6/5(金) Estragon Club Bologna,Italy
6/6(土) ROCK IN VIENNA Donauinsel Wien Vienna,Austria
6/15(月) Metal Hammer Golden Gods O2 Indigo2 London,UK     
一人でも体調を崩したら大変な事になるツアーなんだが、大丈夫なのかな

5/29のコンサートのオープニングとmegitsune


同じく、前半、カットされてるが


後半


5/30の、RoR、音はいまいちだが、映像はかなりいい

3人とも余裕のパフォーマンス(笑)。4:30辺り、モアと青山で何か目配せして笑ってる。

6/1、ストラスブルグの全編か。映像がひっくり帰ったりしてるし、音も酷いが。


同じく、神バンドソロからキャッチミー、これはかなり品質が良い、しかし途中で切れる(笑)


音は貧しいが、紅月、声は出てる


6/3 チューリッヒのmegitsune、ドキモ、ギミチョコ


同じく、紅月


おねだり大作戦


ヘッドバンギャー


イジメダメ、

コールや、See you がF#の辺りか。
チューリッヒは客のノリも映像もスーの調子も良い様でなかなか凄い

神バンドソロ、キャッチミー


いいね

ソニスフェアも、ブリクストンもシカゴも良かったけど、これがベストかも
スイスなんてどう受け入れられるか見当もつかなった所でこれほど盛り上がるとは
この次がイタリアで次がオーストリア

6/5ボローニャ、イントロ








6/6、オーストリー、megitsune




イタリアのは、日本文化フェスティバルとの関連で出たらしい。ボローニャ大学の体育館でやったとか。
オーストリーは音が今ひとつか

6/11、音楽雑誌KERRANGが主宰する<KERRANG! AWARDS 2015>でBABYMETALが”THE SPIRIT OF INDIPENDENCE AWARD”を受賞した。


6/12,、Download Fesで、DORAGONForceと共演してギミチョコ演奏

6/15、Metal Hammer』が主催するアワーズ<Golden Gods 2015>で、BABYMETALが、2015年活躍が期待されるアーティストへ贈られるブレイクスルー・アワードを受賞した。ここでもDORAGONFORCEと共演して、2曲演奏。



BBCのラジオ番組NEWSBEATのwebsiteでも、トップに乗ってる → サイト

これで欧州ツアーは無事終了。残すは、21日の幕張のみとなった。

テーマ : 女性アーティスト
ジャンル : 音楽

プロフィール

kifuru

Author:kifuru
FC2ブログへようこそ!
元のHPは"kifuruの長文系ページ"、http://kiyo-furu.com (政治詩文関係)と ”kifuruの写真音楽系ページ http://www.kiyo-furu.sakura.ne.jp/(写真音楽関係)に移転しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR