「イスラム国」人質事件ー悪意の側に立ってものを言う奇妙な人たち

☆ 無責任な発言の数々
☆ その背景
☆ 「自己責任論」批判への批判
☆ なぜ中東での事件だけ政府の責任になるのか
☆ 悲惨な結果とサヨクの狙い


☆ 無責任な発言の数々

>民主党の大野元裕参院議員は24日のTBS番組で「人道支援はやるべきだが、やり方、言い方は、悪意で待っている人たちにいい口実を与えた」と語った。→ ソース

>民主党の徳永エリ参院議員が21日に自身のフェイスブックで「いくら人道支援とはいえ、資金援助を大々的に記者会見でアピールする、テロ組織を刺激したことは否めないと私は思います」と記し、→ ソース

>安倍晋三首相が2億ドルの中東支援を表明したから人質事件が起きたなどとして、ネット上の一部で、その責任を問う声が相次いでいる。 → ソース

>山本太郎参院議員は21日、「2億ドルの支援を中止し、人質を救出してください」とツイートした。これは安倍晋三首相宛となっていた。 → ソース

>(日刊ゲンダイ)安倍首相は、17日にカイロで行った演説で、「イスラム国の脅威を食い止めるために2億ドルを支援する」とブチ上げた。この演説がイスラム国の怒りに火をつけたのは間違いない。 → ソース 

世の中には不思議な人たちがいるものだ。「イスラム国」(ISIS)というのは周辺アラブ諸国を全て敵に回して、何の罪もない民衆を虐殺しているテロリスト集団である。最近はサッカーを見てたというだけで、少年十数人を殺している。意味不明な幼児の大量虐殺もある。4,5歳の幼児が大量に首を切られて殺されている。そういった影響で、シリアから隣国に逃れた難民は3百万人を超えている。その人たちの食料などの援助は、各国が行っている。大変な財政負担になっているだろう。

そのために、安倍首相はパレスチナなど周辺諸国を回って支援の約束をした。先進国として、あるいは世界的に見て富裕な国として当然と言ってもいい賞賛されるべき行為である。ところが、上に上げた人たちは、ISISがそれに怒って人質二人の生命が危険になった、あるいは日本がテロの標的になったと言って、撤回を迫っている。

ヤクザ集団の機嫌を損ねるから、被害者を助けるのはよせ、という話である。こんなことを恥ずかしげもなく、公人がよくも言えるものだ。この連中の心はプラスチックか何かで出来ているのか。信じられない人間がいるものだ。

もともと人質になっている二人に関して日本国の責任はまったく無い。今回の安倍訪問の半年も前にISIS支配地域に入ったり出たりしていた。そして遂に怪しまれて?捕虜になった。自分から恐竜の群れの中に飛び込んだようなものだ。そんなものに金を出すのは、国民への背信行為である。一円も出す必要はない。

かつての「イラクの3バカ」のときは10億円だか払ったらしいし、帰りは特別機を仕立てている。あの時は一人の家族が共産党か何かで、人質になったとたんにデモなど激しい政府批判を行った。家族も横柄にメディアを使って政府批判をしていた。また日本にとって初めてと言っていい事態だったので、政府も動揺していたと思う。出す必要など全くなかったのに。

普段、地球市民だ、ナショナリズム反対だといってる勢力が、こういう時だけ、避難民の事は無視して、邦人の安全だけを要求する。奇妙な人たちだ。

今回の安倍内閣の、あまり親身でない(笑)対応はいいと思う。全く突っぱねるのも外見が悪いし(笑)。大概の国民は支持してるとは思う。しかし、執拗に批判する集団がいる。

☆ その背景

まあ、色々な背景はあるとは思う。

1.とにかく安倍批判がしたい(笑)
2.同じテロリスト仲間だから(笑)
3.人の揉め事には関わらない方が良い、という処世術的感覚。
4.周囲と軋轢を生まないで暮らすのが良い、という庶民的感覚


その他。

まあ、メインは、4の庶民感覚を利用しての安倍批判だろうと思う。

実際の生活では周囲と軋轢を生まないようにするのは普通だし、それは可能である。お互い気をつけるようにすべきだろう。しかし、政治では違うし、とりわけ国際政治では利害が錯綜するからそうはいかない。あらゆる政治決断が賞賛と非難の双方のリアクションを呼ぶ。非難されるのを嫌ったら、ルーピー鳩山のように「決断しないのが良かった」という迷言を吐くことになる。何もしない事さえ批判を浴びるのが政治の世界ではあるのだが。

今回のように難民支援という、本来無条件に支持されるはずのものでさえ、ISISにとっては癪にさわるものなのだ。それは理解は出来る。賛同はしないが。周辺の国々を支援すれば、ISIS側にとっては相対的に不利になるのは分かる。しかし、理解しがたいのは、日本国内でISISの肩を持つような発言を平然とする連中。安倍憎しのあまり良識が飛んでしまってるのだろうか(笑)

しかしまあ、日本の「批判者達」の無責任さには呆れるばかりである。かれらは自分達の発言の結果に対して、無限に責任を負わない(笑)。一切、カケラも責任を持たない。仮に自分たちの言うとおりにして破滅的な結果になっても全く責任を感じないだろう。そして、時の為政者を批判するだろう。実際に戦前、英米相手の戦いを煽ったマスコミがそうした。これは、非武装中立、脱原発、多文化共生、あらゆる主張でそうであるだろう。まあ、責任を負う気がないから好き勝手に言ってるわけだが。その手の集団の中には、政権与党になった民主党もいるんだから情けない。

今回の事件にしても、支援を撤回しろなんていってるが、それを実際にしたら日本は公然と嘘をついたって事で、お話にならないのだが、平気でそんな主張をする。そんな事を言ってる国会議員もいるのだから、呆れるばかりだ。批判するにしても、それなりの批判のスタンスがあるべきではないだろうか。その主張の結果にも思い巡らす義務はあるのではないか。その通りにしてもその結果に責任を持てるような内容でなければいけないのではないのか。ただのあら捜しで好き勝手に言っていいのか。一般人が飲み屋でいうのとは違う。公のものとしてマスメディアに載って拡散され、影響を与えるのだ。

その中で、民主党の岡田代表が、信じられないことに、割と妥当なことを言っている(笑)。→ ソース

>岡田氏は「大変卑劣な行為だ。犯人側に対し非常な怒りを覚えている」と指摘。「われわれができることは現時点であると思っていない。政府を後押ししたい」と語った。

野党の立場として妥当だと思う。非現実的な要求をしていない所がいい(笑)。民主党が再生するためには、この方向しかないと思う。別に再生して欲しいとは全く思っていないが(笑)

映画「羅生門」で、最後、語っていた人物が、実は私も嘘をついていました、と白状したのを受けて、聞いていた相手が、「これから私も人間を信用して生きられる気がする」といって、捨てられていた赤ん坊を引き取って去って行くシーンがあったと思うが、それをちょっと思い出した。


☆ 「自己責任論」批判への批判

ネット上では当たり前の自己責任論について、マスコミは批判的である。しかも、自分らが絶対に正しいという前提で語っている。中には日本人が中世に住んでるとか意味不明の論難をする「識者」もいる。賢しらというのか、論理も浅いのに何故か当然のように言う。

まず、外国では日本の主権は通用しない。当たり前だが。パスポートに記載されているように、「通路故障なく通行させ」、「必要な保護扶助を与えるよう」依頼するしかない。アメリカや韓国で犯罪にあっても日本政府がどうという人はまずいない。そこの警察権に頼るしかない。今も韓国で日本女性が行方不明になっているが、政府は何してるのか、なんていう人はいない。

これが中東になった途端に一変する。政府の責任になるらしい。まあ、感覚は分からなくはない。ほとんど無政府状態で警察は機能していないのだから。しかし、それでは、メキシコの国境地帯でマフィアに囚われたり、アメリカのスラムで強姦にあったりしたらどうだろうか。そこも、言っちゃ悪いが、警察権の行使は十分には出来ていないだろう。しかし、それで被害にあっても、おそらく、日本政府を非難する人は出ないと思う。

なぜか、中東だけこんな話が出る。不思議な事だ。ISISの支配地域も、法的にはシリアやイラクの領土である。他国は介入できない。邦人を守るために軍事介入も可、という国の方針があれば別だが、今は国内でそういった合意はないだろうと思う。そもそも、政府の責任を問うような集団が、海外出兵には拒否反応をしめすだろう。それとも、話し合いでなんでも解決すると本当に思ってるのか? 話し合いに出向いて虐殺されたらどうするのか。誰も止められない。そういう「国」がISISなのだ。一体各国の警察、軍隊は何のためにあると思ってるのか。誰かが言ったように、そういった「暴力装置」で解決を図るしかない事態が人類社会には遍く存在する。しかし、日本はそういった軍隊の行使は海外では出来ない。政府が金を出すのも根拠がないだろう。政府が打つ手は事実上ない。

そもそも、そんな地域には行くべきではないのだ。行くのなら、後藤氏がやったように、自己責任だから、というメッセージでも残すべきだろう。また周囲の人もそれを尊重する以外にない。エベレストに登るようなものだ。もちろん、なんらかの具合で脱出できたりしたら最大限に救出はすべきだろうが。

ちょっと話題転換

「自己責任論」についてネット上に興味深い記事があった → 記事その記事の魚拓

>自己責任論そのものは,我が国の国民の規範意識の高さを示すものであり,人質に対して冷たいかもしれないが,テロリストには屈しないという姿勢を示すものとしては,否定されるべきものではないと考える。

これは納得できるものである。日本人が規範意識が高いというのはおそらく世界的な評価だろう。震災時でも行列を守り、暴動は起きないのが知られている。各人が身を律する姿勢が万篇なくいきわたっている。私個人的には、ちょっと行き過ぎじゃないかという気もしないではないのだが(笑)。犯罪も少ないし、また着るものもいい加減な人はいないし。街も綺麗だ。ヨーロッパだと、若者が平気で乞食をしてるし、電車では、家族の集団で賑やかに金を恵んでくれるよう歩いて回る人たちがいる。日本だとホームレスも控えめだ(笑)。

身を律するという姿勢が行き届いてるために、それから外れる人たちには視線が厳しくなる。当然の感覚だと思う。それを何故かマスコミが批判するのだが、全く意味不明である
(以上、1/25)

(1/26追記)
またまた、おかしな発言をする議員が(笑) → ページ
共産党の池内沙織衆院議員「こんなにも許せないと心の底から思った政権はない。『ゴンゴドウダン』などと、壊れたテープレコーダーの様に繰り返し、国の内外で命を軽んじ続ける安倍政権。安倍政権の存続こそ、言語道断。本当に悲しく、やりきれない夜。眠れない」

命を軽んじてるのは、ISIS(笑)。なのに安倍批判だけ。ちなみに、そのISISよりは圧倒的に多い数の人たちを殺したのが、世界各国の共産党(笑)。もう他のどんな勢力も比較にならないほどに殺してる。勿論、ナチより桁違いに多い。なのに、共産党を名乗る連中が平気で存在できているおかしさ。ナチは悪の代名詞のようになっているのに。

人質がどうなろうと、ISISがどんな残虐行為を働こうと、避難民がどんな生活をしていようと、どうでもいいらしい。とにかく、安倍が憎い(笑)
日本のサヨクの安倍嫌いは徹底している(笑)。まあ、分からなくはないが。日本の戦後サヨの寄って立つ基盤は、GHQ史観である。本来敵対的な勢力であるにも拘らず。彼らはGHQの作った日本否定の方針に乗って活動を続けてきた。阿部氏はそれを改変しようとしている。戦後から脱却しようとしているのだ。まあ、気持ちは分かる。自分らの過去の活動が否定されてしまうからね。

(1/27追記)
小沢も(笑)
>人道支援の名前で言おうが、後方支援、補給が戦争そのものだ。曖昧なごまかしの話はやめるべきだ → ソース

何もしないのがいいらしい。湾岸戦争で1兆円出したのは誰だったかな(笑)。あれもイラクに敵対する行為じゃなかったのか。一説にはキックバックを懐に入れたという話もあるが(笑)
300万もの避難民がいるんだから、出すべきだってなんでいえないのか。批判の為なら、何でもありという、民主らしさが身についてしまっている。

(1/28追記)
☆ なぜ中東での事件だけ政府の責任になるのか

外国で犯罪が起きても政府の責任ではない。しかし、中東での事件だけは、政府が糾弾の対象となる。
前にも「イラク三馬鹿」事件というのがあった。あの時も今回も政府批判のデモや集会が盛んだ。

なぜ政府が批判されるのか? 直接的な答えは、サヨク勢力がそういった行動を起こすから、だ(笑)
これは、表面的にそうなんだけど、実際問題としても何かあるんではないだろうか。

この二つの間に起きた香田さん事件では、サヨク勢力は何の反応もしなかった。なぜなら、彼はノンポリでサヨクじゃなかったから。
しかし、あの三馬鹿と今回は反応が激しい。前回は共産党が絡んでいた。今回も後藤さんに関してはどうも何かあるらしい。確定情報はないが。今回湯川さんに関しては、サヨク勢力が何か言ってる感じはしない。そして彼は殺された(らしい)。

この二つの事件に関してはもう一つ共通性がある。前回は、小泉政権成立後3年後に起きた。今回は安倍第二次政権成立後、ほぼ2年である。で、ともに国民の支持率は高い。他の内閣は短期でつぶれたが、安倍政権は小泉なみに長期化しそうな気配だ。それを快く思わない勢力が何か絡んでるのではないか?

国内サヨク全体が似たような行動を起こし、似たような言葉を発するときは裏に何かがある。

オスプレイ反対 → この機体は、沖縄本島から尖閣に空輸できる、ほぼ唯一の機体。中国から空輸できる機体は無い。船便でいくのか空から高速でいけるのかは、大きな違い。中国には都合の悪い機体。ただの輸送機なのに、あれほどの拒絶反応を起こすのは普通の理由ではない。

辺野古移設反対 → 米軍機墜落事件が起きた場合、普天間では大惨事になるが辺野古ではならない。周囲が海だから。米軍基地反対運動のためには普天間で落ちた方が良い。基地は市街地には無いのがいいって誰でも分かるはずなのに。海が汚されるとか行ってるが、関空や中部国際空港には反対しなかっただろうに。しかも連中は基地近くの小学校の移転にも反対してる。よほど小学校に落ちて欲しいらしい。

九条教 → 好きなときに日本を攻撃できるようにする。米国の悪意の上にさらに輪をかけてる。ま、中には脳内お花畑の人もいるけど。

反原発 → 日本の国力を削ぐことが出来る。ま、中には病的な放射線恐怖症の人もいるが。

慰安婦、南京事件、731部隊関連 → 中国韓国に対して譲歩の姿勢を取らせられる。しかもほとんどが捏造だというのに。

中東人質事件でも、国内長期政権を攻撃できる、というメリットがある。また、中東の友好勢力?に日本の金を渡せるというメリットが。中東には国内サヨクは昔からある程度のかかわりがある。中南米とかでは全くないだろうけど。

(2/1追記)
☆ 悲惨な結果とサヨクの狙い

どうも後藤さんも殺されたらしい。映像が出た。ただし、それがいつかは分からない。彼がいつまで生きていたのかは確かでない。静止画面や合成映像らしきもの、誰が喋ってるか分からない日本向けメッセージなどがあっただけだ。どれも日時が特定できないものばかり。

まあ、とりあえず、この問題での日本に関する側面は終息した。後藤さんが生きて帰って、ヨルダン人パイロットが死亡という最悪の結果にならないのはよかったと言うしかない。そうなったらアラブ諸国に対しても後ろめたい思いを抱くことになっただろう。

しかし、奇妙な事件ではある。一体中東における日本人人質事件とはなんなのか。何がおかしいといって、国内でサヨク連中が異常に活発になることだ。前回の三馬鹿事件、そして今回の大騒ぎ。首相官邸前では徹夜で歌ったり踊ったりして「抗議」してたらしい(笑)。勿論抗議の先は首相、政府だ。他の外国での犯罪被害にこれほどサヨ連中が激しい行動をすることはない。中東だけではやる。

何で政府が抗議されるのか(笑)。意味不明といってこれほど不明なものもそうはない。どうすればいいのか。普通の国なら最悪、軍隊を派遣して救出するという手があるが、日本でそういった行動に最も激しく反対してるのが、そういった連中なのは間違いない。じゃあ、どうするのか?

金を払うしかないだろう、現実的な手として。それを激しく要求してるんだろう、連中は。なぜ? ひょっとしてその金が国内サヨに還流してるのか? あの官邸前に「動員」した費用は誰が出しているのか。たまたま個人が集まってああなったわけじゃないだろう。飲食や防寒にも費用はかかるだろう。

今回は特に、ISIS側の映像に、安倍首相を個人攻撃するような事が書いてあったり、国内サヨの代弁やってるの?と疑うようなこともあった(笑)。言ってる事もよく似てる。人質を殺したのは安倍とか。いや、それはあんたら(笑)。国内サヨが使う分には、比喩的な言い方ともとれなくはないが、ISISがそれを言うのはおかしい。そもそも自分らの主張に合わない人たちを自分達の主義として好き放題に殺してきたはずなのに。なぜ今回だけ、相手のせいにするのか。自分らのやり方だと言えばいいのに。

今回のISISの声明も、いかにも国内サヨが喜びそうな事を言っている(笑)

>このナイフはケンジを殺すだけでなく、おまえの国民を場所を問わずに殺りくする。日本にとっての悪夢が始まるのだ。

これなんか、サヨ大喜びの声明だなあ(笑)。これを連中は国会持ち込むだろう。いい武器だ(笑)。ちなみにISISは国外でのテロはまだやっていないとは思うけど。直接爆撃してる欧米への反撃もしていない。仇敵のはずのイスラエルへの攻撃もしていない。徹底的に反撃されるからね。結構相手を見ている(笑)。

今回、ISISはちょっと裏を見せるような言動をしすぎたんじゃないかな? 国内サヨと裏で繋がってるのではないのかな?

また社民がおかしなことを → ソース

>(人質事件は)犯罪行為であって、その国が警察権として対応すべき問題であって、「そこに自衛隊を出します。その国の協力があれば」なんて、戦争と犯罪を混合してしまったような話ではいかん。

その国の警察権で解決しろって、それは当たり前(笑)。しかし、それが出来ない事態なっている。それなのに、日本政府に解決しろと要求してるのはこういった勢力なのだが。一体どうしろっちゅうんじゃ(笑)


続く
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

ロベルト・ムローロという歌手ーRoberto Murolo

もう亡くなってる歌手(1912-2003)なのだが、最近知った。そしていたく気にいった。
日本ではほとんど無名だろう。日本語 wikipedia にさえ無い。

声楽のレッスンでカンツォーネを常にやっているので、YOUTUBEで参考になる歌唱を探していて見つけた。ナポリ民謡てのは、あの三大テナーが歌うように朗々とオペラチックに歌うもんだと思っていたから、全く異なるアプローチのムローロの歌い方に驚き、またその弾き語りの素晴らしさに感動した。
しかし、日本語で紹介しているサイトなどはあまり無いようなので、私自身も良くは知らないけれどなんらかの形でまとめておいたほうがいいだろうと思って、英文wiki なとをもとに簡単にまとめてみた。

生まれたのは、1912年1月19日、亡くなったのは2003年3月13日、父親は詩人で、早くから音楽に興味を示し24歳の時にジャズカルテット、 Quartetto Mida を作って外国で演奏していた。
戦後イタリアに戻ってからはナポリ民謡の歌手としてコンサート活動やラジオ出演などをしていた。また映画出演も10本以上あるらしい。他の言語のwikiなどをみると、50年代になんらかの犯罪に関わり、その後長い間公の活動が出来なかったようだ。90年代以降は、ナポリの音楽大使などになって再評価された模様。

彼の歌い方はかなり特徴的で、クルーナーといわれるタイプ。優しい声で歌う。ビングクロスビーやナットキングコールなどが代表例のようだが、個人的にはそれらとも違う気がする。あの手の歌い方にはある種の性的な要素があって、下心ありって感がするんだけど(笑)、彼の歌唱にはそう言った面はなく、歌に誠実に向き合っているという印象がある。上に書いたような経験が、歌に深みをもたらしているのだろう。
(名前の表記は、ムーロロの方が多いような気もするが、ムローロにしておく)

マリア・マリ、Maria Mari'


さらばナポリ、ADDIO MIA BELLA NAPOLI


ギター伴奏が効果的。日本で似たような歌手といったら、「知床旅情」を歌った森繁久弥 ぐらいかなあ。あまりこんな感じの歌手はいない。また、たとえ居ても、表に出てくる事はないような気がする。美空ひばりの「みだれ髪」を作曲者の船村徹が歌ったのがあるが、ちょっと似た方向性かな。昔の歌手だと、フランク永井とか石原裕次郎もこの傾向かもしれないが、やはり違う。ああいった歌い方は、男性から女性へ歌いかけてる、という大前提がある。ムローロのにはそれはないと思う。

実はこの「さらばナポリ」という歌は練習した事があるのだが、自分で歌うとなんだかつまらない曲。平凡な面白みの無い曲だなあと思っていた(笑)。それがこれほどまでに感情を込められるというのが驚異的。

ナポリターナの名曲、君に伝えて、Dicitencello Vuje

普段歌わない2番が入ってて、3番までになっている。

あなたに口付けを、I' TE VURRIA VASA'


五月に、Era de maggio

つい今日思い出したのだが、これも以前やっていた、3年前に。すっかり忘れていたが。で、その時の感想は「ちょっと退屈」だった(笑)。しかし上手い人が歌うと全く違う。情けないぐらいに違う。

ナポリの涙、Lacreme napulitane



(2015/1/17)
続く

テーマ : 男性アーティスト
ジャンル : 音楽

声楽レッスンの記録ーヴォルフ歌曲

ヴォルフ歌曲集2より
  心に苦しみを秘めていても-Tief im Herzen trag' ich Pein
  来たれ、おお、死よ-Komm,o Tod
  恋人よ、まだ眠っているのなら-Und schlafst du,meine Madchen
  可愛い恋人よ、お前の母は-Deine Mutter,susses Kind
  小さなものでもうっとりさせるものはあるは-Auch kleine Dinge konnen uns entzucken
  あなたはこの世の誰よりも美しい-Ihr seid Allerschonste weit und breit


この辺りの歌は、ほとんどいみふ(笑)。何考えて作ったのか良くわからんて歌ばかり。
その中で、「小さなものでも~」は良かったかな。YOUTUBEにやたらにある。他の曲はほとんどないのに。

ローテンベルガーとムーア





テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

パリで新聞社襲撃、12人死亡

ついこの間、アメリカで黒人射殺などで騒乱が起きたばかりだが、今度はフランスで新聞社が襲撃されて12人が死亡した。犯人はおそらくイスラム系。かつてこの新聞社がマホメットをからかった記事を書いたせいらしい。また逮捕されておらず、パリは最高レベルの警戒態勢にあるらしい。→ソース魚拓

倒れている警官の頭を打ち抜く犯人。


酷いものだが、まあ、結論を正直に書くと、ヨーロッパは混乱すればいいと思う(笑)。そこの人たちには悪いが。多文化共生だの死刑反対だの偽善的な主張をして、しかもそれを他国に押し付けてる。こんな混乱が続かないと、その偽善性、非現実性に気づかないだろうと思う。最近は、右翼的な国民戦線が、欧州議会選挙でフランスで第一党になるなど、方向性が変わってきている面もあるが、指導層やマスコミ関係はやはり移民賛成、多文化共生賛美という事らしいし。ま、日本もさほど変わらないが。

異文化衝突の問題は、HPの「多文化共生というまやかし」でも書いたが、相互理解ですむ事ではない。文化によって行動基準が違う、という点が問題になる。それは、一つの文化に他の文化の人たちが同調しない限り解消されない。同じ社会で、行動基準が異なる文化の人間が共存しては、必ず衝突が起きる。フランスではイスラム系が、露骨に法を破って道路を選挙して礼拝をしていた。そんなことへの反感で右翼政党が伸びて来ていたのだろう。

日本でもこの一年ぐらいだけで各種起きている。iphone6発売時、中国人の集団が列に並んでいる日本人に割り込みをかけて混乱したらしい。日本人の側は力で阻止したとか。やはり防衛力は必要(笑)。その前には、浅草寺で、サウジから東大大学院に留学している学生が仏像を破壊した。大学院生レベルでもそうなんだから、もはや打つ手はない。四国のお遍路道では、韓国の女性がハングルで書いたシールのようなものを電柱なんかに貼った行為が起きたのだが、それを非難した側が、排他的という事で批判された。明らかな違法行為なのだが。北海道では、NZのマオリ族の女性が顔の刺青を理由に温泉への入浴を拒否されたのだが、それがやはり批判の対象となった。

こうった事例は確かに些少なものである。しかし、それは始まりにすぎない。中国人が増えれば行列に並ぶという文化は消えるだろう。意味がなくなる。震災時でもやっていて世界的に賞賛されたものだが。既に、福袋の習慣が無意味になりかけている。正月の縁起物のような感覚で買ってたのが、彼らにとっては金儲けの対象となる。買ったあと仕分けしてネットで売ったり、専門別に交換などしている。あらゆるものを金銭価値に換えるのが中国人の思考。文化どころか周りの人間でさえ。何しろ、政府が率先して囚人の臓器を売ってるぐらいだし。また、ムスリムは逆に彼らの宗教を基準に他を評価する。彼らが増えれば、どれだけの神社仏閣が破壊されるか分からない。バーミヤンの石仏を完全破壊した集団である。今は圧倒的な少数派だから強い行動はしていないが、一定の比率に達したらやってくるだろう。

欧州ではどこでも日本での実態を遥かに超えた民族間の暴力事件が起きている。ドイツ・ロシアではネオナチが外国人を襲撃・殺害し、ベルギーでは昨年ユダヤ人博物館が爆破されて4人が死んだ。ロシアではチェチェン関係で学校や劇場で数百人が死んでいる。日本では、Japanese only の垂れ幕を掲げただけで大騒ぎになったのだが(笑)。ほんとにお笑いである。その批判の口調は、日本人の品位が下がるだの、世界に顔向けできないだの、信用されなくなるだの、一体どこの宇宙に住んでるんだろう、としかいえないような批判なのだ。天国にでも住んでるのか。

こういった人々の頭の中では、世界が、理性と公正さと良識によって支配・運営されていると思われている。日本は常にそういった特性を持つ高尚な人々の監視と批判の対象になっているらしい。世界の人々は、排他的で差別的な日本人を、「厳しい目で」、「冷ややかに」見ているらしい。しかし、そういった他国の方がはるかに差別的で排他的なのだが。一体、なぜこんな転倒した考えが日本のとりわけマスコミを支配してるのだろうか。

もともと、日本人が反省的であるということ、昔から舶来物に価値を見出して来たということもあるだろう。まあ、それはしょうがない。歴史的に作られてきたものだ。しかし、それに加えて、戦後のGHQ史観が影響している事は間違いないだろうと思う。日本は間違った歴史を歩いてきた、日本人は世界に向けて常に反省と謝罪をしなければならない、というスタンスが当たり前のように取られてきた。そもそも、戦争などその時の力関係となりゆきで起きるのだ。ただそれだけの事。謝罪だの反省だの一切必要ない。一体、どれだけの戦争が人類史上にあったと思ってるのか。いちいち反省などしていない。せいぜい負けた理由を反省したぐらいだろう(笑)。太平洋戦争はむしろ、西洋の植民地体制を終焉に導いたのだから、感謝されこそすれ、謝罪などする必要はない。
(2015/1/7)


(1/9追記)
その後、運転手役だったらしい一人が出頭してきた。他の二人はパリ北部でまた二人を射殺して、人質を連れて逃走してるとか。警察は9万人体制で追跡しているらしい。そしてどこかの工場に立て篭もってるのを包囲してるとか(午後9時現在)。ただし情報は未確定だが。

これに反応したらしい事件がいくつか起きている。
モスクへの襲撃など→ソース

女性警官が射殺される→ソース

またそれ以前から、欧州では民族間の軋轢に関連する事件やデモが行われている。
スウェーデンで、モスクに火炎瓶などが投げられる事件が起きている→ソース

ドイツで「ヨーロッパがイスラム化している」との抗議のデモが各地で行われている→ソース

特にスウェーデンが酷い状態らしい。学校の生徒千人の内、スェーデン人がたった二人だとか


有識者でも批判的な人たちはいるらしいが



この状態で上手くいくわけがない。必ず破綻する。成り行きがどうなるかは分からないが、一応現時点での予測をしておくと、白人の側がムスリムを襲撃するようになるだろう。元々白人てのは、暴力的・攻撃的である。とりわけゲルマン系は。15世紀辺りまでバイキングをやってた連中だし。また異端者を火炙りにして残虐に殺していた。新大陸では原住民を皆殺しにしてしまった。ほとんど遊びの感覚で。アフリカアジア中南米ではいくつもの文明・王朝を滅ぼした。今は涼しい顔で人種差別撤廃とか言っているが、本性はそれとは違う。彼らの科学面での功績は認めざるを得ないし、幾多の天才を輩出して人類の進歩に寄与したのもたしかだが。なぜあれほどの天才が次から次に出たのか不思議ではある。

しかし彼らは自分達の安全が犯されそうになれば、本性を出してくるだろう。ムスリムが少数派の内に攻撃に転じるだろう。そうなった時、問題はムスリムの側には帰るべき土地が無い、という事だ。かつてのユダヤ人襲撃のようになるだろう。通常の戦争なら、負けても自国に住んでいればなんとかなる。しかし、彼らは帰れない。混乱の中でトルコや中東、北アフリカに帰ることは不可能だろう。

そんな状況になったのは、多文化共生という歪んだ思想のせいである。他地域出身の民族が欧州のあちこちに点在する形になってしまった。人間社会の常識ではあり得ない状態になっている。各文化はお互い異なった土地に住んでるから生まれたのであって、それを共存させるなど、発想が逆転している。


(1/10追記)
犯人は射殺され一応のけりはついた。逃亡していた二人はパリ郊外の印刷工場に立て篭もったが、射殺された。
また、その仲間一人は、パリ市内のユダヤ人の商店に人質を何人か取って立て篭もっていたが、これも射殺され、人質4人が死んだ。こちらは、パリ南部で婦人警官を射殺した犯人らしい。で連れの女性がまだ逃亡中だとか。

ソース・・・日経新聞

ソース・・・ハフィントンポスト

(1/13追記)
ドイツで反イスラムデモに2万5千人、またフランスでは事件後モスクへの攻撃が50件以上起きたとか → ソース
映像付きソース


テーマ : 国際政治
ジャンル : 政治・経済

BABYMETALの武道館ライブの映像とCDの事など

(1/9~2/11記)
数日前発売されたばかりのもの。
大きく分けて赤い夜(2014/3/1)の演奏と黒い夜(同3/2)の演奏があり、それらのDVD、ブルーレイ、あるいはCDがある。特典の付き方でさらに細分化され、曲目も違うらしい。購入店舗によっても特典があるらしい。

私は良く分からなかったので、割と普通の選択で、ブルーレイの両夜のと、赤い夜のCD(新曲DL権付き、初回版のみ)を買った。
で、感想はというと、まあ予想通りのよさであった、というのかなあ。ロックのCD、レコード、映像ものの中でベストのレベル、楽しさなら、文句なしにトップだろう。このコンサート以降の欧米ツアーを先に聞いてるので、それほど新しい発見はないわけで、新しいものを常に求めてる私としては(笑)、ちょっと残念な面もあることはある。

しかし、このライブでの演奏と歌唱のレベルの高さは驚くべきものだろう。それはCDを聞いてみれば分かる。ライブにも関わらず、完璧な演奏をしている。今のバンドは知らないが、昔のバンドのライブでの演奏は相当に酷いものだった。しかし、それでもどんなものか聞きたくてブートレグなんかを買ったものだった。ビートルズなんか、音楽が聴きたければレコードで、顔が見たければコンサートで、とか言っていた(笑)。演奏力があるといわれていたストーンズも、ミックのボーカルは明らかにライブは適当で、各フレーズの最後の方は音程だら下がり。凝った曲なんか(悪魔を憐れむ歌とか)、まともには演奏できなかった。ちなみにストーンズのコンサートは日本に来たとき、3回ほど行った。ただただ嬉しくて、演奏レベルなどどうでも良かったが。

ベビーメタルはライブの演奏がそのままCDの模範演奏(というのか)となる。しかも、1stアルバムのときより声が出来ているので、出来具合はずっといい。バックは神バンドだし。

ブルーレイのを見てて思ったのは、演奏歌唱ダンス陣の良さは当然として、振り付けが相当効果的だという事。勿論それを実現できる三人の技術と体力とスピードがあるからだけど。この振り付けが、曲の内容を視覚化する、あるいは側面から支えるという効果があって、そういった機能はあまり他の人のステージにはないのではないか。よく知らないけど。ガガなんかのショーアップされたステージにもダンサーはいるけれど、それは曲の中身とは無関係に、ただステージを豪華に見せるために踊ってるように見える。これは日本の場合もおなじなのではないだろうか。ユーミンのとか。きゃりーぱみゅぱみゅのMVなどは多少違う印象のもあったけど。ダンスとは違うが、一頃話題になった紅白歌合戦での小林幸子の衣装も歌の内容とは全く関係がなかった。もの凄い衣装(舞台装置というのか)で出てきて歌うのが、惚れたの振られたの、場末のバーの話か、みたいなのを歌っていた。舞台で歌うのにも演劇の要素があるわけで、もう少し内容か外観がどちらかを考えても良かったのではないだろうか。

「君とアニメがみたい」の振り付けは始めて見た。あまりコンサートでやってないと思う。私が知らないだけだろうけど。ずっと前の口パク時代?のしか見てない気がする。かなり凝った振り付けだった。ま、私が一番好きなのは、「いいね」で三人がTRAINになって連なって走るところ。最初先頭のユイメタルがちょっとジャンプしてから走り出すのが笑える。あれは、アニメなんかにある動きだと思うのだが、なんだろう。昔のトムとジェリーなんかのアニメで、走り出す時に上にジャンプしてたような気がするが。

あと欧米ツアーよりはずっと笑顔が出てるのにも気付いた。やはり欧米ツアーは緊張してたのかなあ。あのスーでさえ(笑)。ああいう強靭な声とハートの持ち主は16歳ぐらいには他にはまずいないのだろうけど、それでも緊張してたのかなあ。平気そうな顔に見えたが。その笑顔がなくなるのが、例のユイメタルの落下以降。赤い夜の最後から2曲目のヘドバンギャーの途中で突然舞台から消える。モアメタルはそれまで散々笑顔を振りまいてたのが、つらそうな顔になってる。ただ、ユイの分もカバーしようとしたのか、大きな仕草になってるようだけど。スーメタルはそれほどは変わっていない。いなくなったにも拘らず、二人はちゃんと演奏を続けている。まあ、プロだなあ。当たり前なのかもしれないが、自分なら歌うのを止めるかも(笑)。で、次のイジメダメで三人そろって笑顔に戻ってる。

ちょっと気になったのが舞台の回転やせり上がり。見てて危ない気がした。3人は運動量があるのだから、少なくとも回転させる必要はなかったのでは。却って疲れるのでは。またせりあがりは狭い円盤上に三人が立ってたりして落ちないか不安。振り付けの演出に利用していて面白い面もあったが。しかし、よくあれだけジャンプしたりダンスしたりしてるのに滑ったり転んだりせずに出来たものだ。ちなみに、赤い夜で舞台からの落下事故があったために、黒い夜では舞台の端に手すりを付けて囲っている。

もう一つ、ブルーレイは余りにも鮮明で、しかも3人が可愛いから(笑)、ちょっと音楽以外の方に目が行ってしまいそうで、それが困る所。CDで音楽だけ聴くのもありだろう。あるいはDVDとか。あまり何でもハッキリ映るのはいいとは限らない。とりわけ演奏家は演奏を聞いてもらいたいわけで、肌の荒れや顔のしみやニキビまで見て欲しくはないだろう(笑)。コンサートに行ってもほとんど見えないわけだし。ちょっとぼかしたほうがいい物もあるのではないのか。ま、アイドルとかはまた別なのかもしれないが。

スーの歌に関しては、何もいう事はない。どれもベストと言っていいでき。紅月とかイジメダメとか、気持ちよく声が出ている。アニメ~では、上はD#まで、最後のコールもF#辺りでやってるし。しかし、なんでロンドではD#の辺りを録音で済ますのだろうか。出ると思うのだが。

まとめて聞いてたら、お腹一杯になってしまった。

ちょっと別腹というと失礼かもしれないが、カバーのグループで面白いのを見つけた。YOUTUBEにはBABYMETALをカバーしたいくつもの映像があって、中にはかなり有名なものもある。ギター関係が多いが、中には外人が三味線でやってるものとか。インドネシアあたりのダンス中心のものとか。客席で応援してる人に太い声の男性がいて直ぐわかる(笑)。

最近みつけたのは小学生でダンスも歌もやっているもの。スー役の子は小学校高学年?、脇の二人は3年生辺りか?ベビーメタルの出発点の時より低いと思うのだが、それにしては偉くちゃんとやってる。BONAMETAL


歌もダンスもひたむきにやってるのがいい。2:03辺りは見るたびに笑う。

※追記 この子達は一応アイドルグループらしい。ただのシロートにしては上手いと思ってたが。どうも、さくら学院風な集団の中にいるみたい。でBABYMETALのファンで今日の埼玉のコンサートに来てたとか。若干微妙な話にはなるわけだが(笑)
https://twitter.com/sistella_bp

(2/3追記)
黒い夜での「止まない雨」jから「紅月」への続きぐあいはすばらしい。ボーカルで描かれたベストシーンの一つでは


(2/11追記)
いろいろyoutubeを見てたら、またbonametalのが見つかった(笑)。SSAでの開演前の路上でのマイクなしでの「いいね」や「ドキドキモーニング」のパフォーマンスも笑えるが、可憐ガールズの、Over the future のベビメタバージョンのコピーもかなり上手い。



まあ、いろいろ著作権なんかの問題もあるとは思うが(笑)、頑張ってほしい。真ん中の子は上手いなあ。二人のダンスもいい。なんのページなのかって感じになったが(笑)、歌が上手い人は応援する、というポリシー(笑)。
多分、これだけ出来るには、一般人の能力では上の中ぐらいじゃないと無理ではないかなあ。まあ、オリジナルの3人は、Sクラスだろうけど。普通人がやってもできない。何かの形でこういった能力を生かせるといいと思う。

テーマ : 女性アーティスト
ジャンル : 音楽

プロフィール

kifuru

Author:kifuru
FC2ブログへようこそ!
元のHPは"kifuruの長文系ページ"、http://kiyo-furu.com (政治詩文関係)と ”kifuruの写真音楽系ページ http://www.kiyo-furu.sakura.ne.jp/(写真音楽関係)に移転しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR