インドネシア ガヨマウンテン

インドネシア ガヨマウンテン 180グラム フルシティー

ガヨというのは、スマトラ島西北部のアチェ地方の高地の事。2~3千m級の山脈が連なる。最近になって交通の便がよくなり、コーヒー豆が輸出されるようになったとか。そこに住むガヨ族は、低地に住むアチェ族とは、民族的にも言語的にも全く違う集団で、かつて11世紀頃にはリンガ王国を建てていた。

オランダはインドネシアを植民地としてたのだが、アチェ地方だけは頑強に抵抗して19世紀後半まで支配に服しなかった。が、他の西欧諸国の介入を恐れて、オランダはついにそこの支配に乗り出し、1873年から1912年までまでかけて、アチェ戦争をしかける。貴族クラスはオランダに早々に従ったが、農民達は抵抗を続け、山地に追い込まれながらゲリラ戦を戦う。最後にはガヨ族もアチェ族と共に戦うが、ついには敗れ、一村皆殺しといった惨劇が起こった。しかも、死体を前に記念写真を撮ったりした為、他の西欧諸国に非難されたらしい。

インドネシア独立後も、アチェ地方は中央政府の支配に従わず、21世紀に入ってあの地震が起きてからやっと抵抗を止めた、というのは前に書いた通り。その地震の前2003年まで、インドネシア政府とアチェの反乱軍との間の和平を探る会議が東京で行われていたとか。迂闊にも全然知らなかったが。そして2004年、あの大地震が起きる。

豆は基本はマンデリンの苦み中心の味の傾向なのだが、甘味が強く、味わいは澄んだ感じがする。いわゆるアチェの豆よりは淡泊な雰囲気。これを好むという人もいるだろう。私はどちらかというと、アチェの泥臭く腰が強い感じが好きだが。


gayo-n-DSC01794.jpggayo-r-DSC01793.jpg











マラウイ、チャニア ゲイシャ種 130グラム シティー
去年まとめて買ってたマラウイのゲイシャ種が遂に切れた。また買わないと。話題のパナマのゲイシャ種がばか高いのでこっちで試してみたわけだけど、思わぬ効用があって、ほとんど毎日飲んでいた。

あくまで主観であるが、多分カフェインの割合が多いため、覚醒力が強いのだろう。まとめると、
プラス面
1.朝これを飲むとはっきり目覚める
2.そのためか、夜は却って良く眠れる。以前は日中も半分眠ってたから不眠症だったんだろうか(笑)
3.独自の味がそれほど強くないため、他と混ぜても邪魔にならない。

マイナス面
1.飲み過ぎると夜まで覚醒が続く。
2.連日これだけ飲んでたら、心臓の動悸がちょっとおかしく感じた。最初は交換したばかりの携帯のせいかと思って、胸ポケットに入れないようにしていたが、関係無かった。このコーヒー豆の分量を減らすと落ち着いた。
3.それほど美味しいわけではない(笑)。ま、別に不味くもないが。コクはあるし、安いし問題ない。

パナマ産が、ブルマンの2倍もの値が付いてるほど美味い(らしい)のは、このカフェインが変容して、何か味や香りに独特の作用をおよぼしてるせいではないだろうか。マラウイのはそこまで行っていないのかも。
スポンサーサイト

テーマ : 料理
ジャンル : 趣味・実用

声楽レッスンの記録-カンツォーネ

カンツォーネ曲集

ティリンデッリ  あなたの全てに-Di te!
ティリンデッリ  愛よ、愛-Amor,amor
トセッリ     嘆きのセレナーデ-Serenata rimpianto
クルティス    勿忘草-Non ti scolder di me"
デンツァ     もし・・・-Se
デンツァ     妖精の瞳-Occhi di Fa


クラウスの歌う嘆きのセレナーデ。完璧。



ドミンゴの歌う、勿忘草。さすがに、美しい。

テーマ : クラシック音楽
ジャンル : 音楽

声楽レッスンの記録-カンツォーネ、ヴォルフ

カンツォーネ曲集
  レオンカバルロ  マッティナータ-Mattinata・・・もの凄く良い曲だけど難しい。
  マスカーニ  アベマリア-Ave Maria・・・こういう美しく優しい曲は苦手(笑)

ヴォルフ「歌曲選集1」より
 メーリケの詩による歌曲集より
  古画によせて-Auf ein altes Bild・・・これは綺麗
  創造と生与-Erschaffen und Beleben・・・意味不明
  コーランは永遠だろうか-Ob der koran von Ewigkeit・・・意味不明
  その夢の意味はこうなのです-Dies zu deuten bin erbotig・・・意味不明

ステファノがアリア風に歌うマッティナータ
 
 

テーマ : クラシック音楽
ジャンル : 音楽

ガテマラ、イエメン

ガテマラ カスカハル パカマラ種 180グラム シティーロースト

(5/29)ホンジュラスとの国境近くのチキムラ県のエスキプラス市の近くにある(Esquipulas in Chiquimula)、カスカハル農園(El Cascajal)で取れる。
pacamara 種といって、マラゴジッペとパカラ種を掛け合わせたものらしい。コーヒーの種類も最近は複雑で、昔のようにアラビカ種とロブスター種だけじゃ全然足りない(笑)。

味わいは軽いがふくよかで香りゆたか。かなり満足出来る。重い感じではないので、食後などにいいかもしれない。


 guate-n-DSC01780.jpg guate-r-SC01782.jpg















イエメン サナニ
 180グラム ミディアム辺り

(6/11)前回焼いた時はあまり良い印象ではなかったので、今回は思い切って軽めにやいてみたら、結構良かった。しかし、ムラ焼けが酷い。まこれがモカではあるが。モカ臭は濃厚、味わいはマイルド、コクは薄め。だけど結構いける。前回はほんとにイエメンなのか?とか悪口を書いたが(笑)。とにかく、モカ臭があれば満足。

sanani-n-DSC01788.jpg  sanani-r-DSC01789.jpg
 










最近、ネット、電話、メールといきなり全部おかしくなって参った。しかも原因は全部違うようだった。何が起きたのかと思ったが。機材交換したり大変。ネットやLAN関係は、たまにおかしくなって、しかも以前の対応を忘れているので慌ててしまう。まだ、ネットは不調。写真アップも不可っぽい。

(6/14)
なんとか使えるようになったが、まだ本調子ではない。僅かチェック一個のために全体がおかしくなったり、ネット・LAN関係は難しい。普段の環境が壊れると精神状態までおかしくなる。つい15年ほど前はネットなど無くて済んだのだが(笑)。

テーマ : 料理
ジャンル : 趣味・実用

声楽レッスンの記録-カンツォーネ、ヴォルフ

カンツォーネ曲集
 デンツァ   フニクリフニクラ-Finiculi Funicula
         妖精の瞳-Occhi di Fata
 ディ・カプア マリア・マリ-Maria mari


ゲーテの詩による歌曲集
  ねずみ取りの男-Der Rattenfanger・・・ハーメルンの笛吹男に関連する話らしい。
  コフタの歌Ⅰ-CophtishesⅠ
  コフタの歌Ⅱ-CophtishesⅡ
  羊飼い-Der shafer
  花の挨拶-Blumengross・・・この曲以外はちょっと意味不明
  王の祈り-Koniglich Gebet・・・オクターブ上げて歌わないといけない記譜法て何?
  自然の現象-Phanomenon


Roberto Murolo という、サンレモ音楽祭などで活躍した歌手が、ギター伴奏で歌った、マリアマリ。声を張り上げるのばかりじゃ詰まらないし。



同じくMurolo で、君に伝えてDicitencello Vuje。こういう歌い方がナポリターナなのかも。
聞いてて知らない歌詞があるのに気付いた。通常歌う1番と2番の間に、聞いたことのない2番が入ってる。こちらがオリジナルなのか。



前、人はなぜ歌うのだろうか、と書いたが、語りにメロディーが付いだけだと考えればそんなに不思議ではない。歌を特別視するのがいけないのかも。大事なのは語りなのだろう。

テーマ : クラシック音楽
ジャンル : 音楽

プロフィール

kifuru

Author:kifuru
FC2ブログへようこそ!
元のHPは"kifuruの長文系ページ"、http://kiyo-furu.com (政治詩文関係)と ”kifuruの写真音楽系ページ http://www.kiyo-furu.sakura.ne.jp/(写真音楽関係)に移転しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR