バルカンの星の下に・・・ロシア民謡

この曲はやたらに日本人に人気があるみたいだ。もちろん私もかなり好きな方。

これは第二次大戦でソ連軍がブルガリアに進駐した時(44年)の歌らしい。もちろん戦争が背景にあるわけだが、日本ではそんな雰囲気では歌われてなかったような気が。
原詩と歌詞は、こちら → ソビエト・ロシア軍歌集積所

赤軍合唱団、R.I.P.

このソリスト、もしかして、Gavvaさんの若い頃かな。

映画の一部らしい


変わった楽器があるものだ

相当上手いなあ。
コントラバスバラライカという楽器らしい → youtube

youtubeで検索するとやたらに日本人が歌ってるなあ。あまりみたくない。ただの望郷の歌のように歌ってる。まあそれはそうなんだが、何か違うだろう。映画でも使われたらしい。


ダークダックスも歌っていた。3:35以降。流石に何か趣が違う。色々と工夫してたんだなあ。

4:40辺りのリズムは軍隊を暗示してるのかな。
しかし、カチューシャの裏声には驚いた。裏声というより、カウンターテナーみたいな声だが。そんな技があったのか(笑)。ウソだろうと叫びたくなった。

まあ、ダークダックスに関しては、是非、「消えない顔」を聞いて欲しい。 → ページ 

スポンサーサイト

テーマ : 合唱団
ジャンル : 音楽

哀悼、赤軍合唱団・・・ロシア機黒海に墜落

ロシアのソチからシリアに向かった旅客機が黒海上空で墜落したらしい。→ 魚拓

>乗客の多くはロシア軍所属の楽団「アレクサンドロフ・アンサンブル」のメンバー。ジャーナリスト9人も同乗していた。

いわゆる赤軍合唱団の正式名称らしい。
ソ連も赤軍もどうでもいいが、この合唱団は好きだった。80名とかだから相当な数亡くなった事になる。凄いショックで先程から呆然としている。音楽を心から楽しそうにやってるのが良かった。ただの軍楽隊には見えなかった。



ロシア民謡は色んな人がやっている。日本のダークダックス、ボニー・ジャックスその他のグループ、クラシック界からも、ホロストフスキーなど。しかし赤軍合唱団のは格別な趣があった。自分たちの音楽をやってるという自信とか喜びとかがにじみ出ていた。







英語字幕からの翻訳(自作)

Apple and pear trees were a-blooming,  リンゴや梨の花は咲き、
Mist(was) creeping on the river.      朝もやが川面を覆っていた
Katyusha set out on the banks.      カチューシャは川辺を歩きだした、
On the steep amd lofty bank.       険しい、小高い川辺を

She was walking、singing a song     歌を歌いながら歩いていた
About a grey steppe eagle,        灰色の草原鷲の歌を
About her true love,            彼女の恋人についての歌を
Whose letters she was keeping.     その人からの手紙を携えながら

Oh you song! Little song of a maiden,          歌よ、乙女の小さな歌よ
Head for the bright sun.                  輝く太陽に向かって行け
And reach for the soldier on the far-away border  遠く国境を守る兵士にまで届け
Along with greetings from Katyusha.          カチューシャからの挨拶も添えて

Let him remember an ordinary girl,      一人の女の子の事をあの兵士に思い出させて
And hear how she sings,            どんな風に歌ってるのか聞かせてやって
Let him preserve the Motherland,      そして母国を守るようにと
Same as Katyusha preserves their love.  カチューシャが二人の愛を守っているように

Apple and pear trees were a-blooming,
Mist(was) creeping om the river.
Katyusha set out on the banks.
On the steep amd lofty bank.

※  steppe eagle((ソウゲンワシ)というのは、ユーラシア大陸に広く生息する鷲。一生決まった相手と番いを組み続けるという。
※ カチューシャというのは、英語で言うと、Catherine と同源の女性の名前。
※ 関係ない話ではあるが、この歌も「ともしび」も、肝心の戦いの部分がボカされた状態で日本では歌われている。戦後の歌声喫茶などで。「平和」を謳歌しながら。戦後の日本の歪みの一つの現れだろう。現実から目をそむけて歌っていたのだ。。→ ロシア民謡「ともしび」
※ もう一つ関係ないけど、1:45辺りで合唱団が笑ってるのはなんでだろ。

この2年前、8歳?の時のものらしい。

関係ない方に行ったが、しかし、まあ、子供から老人まで一緒に楽しめる歌があるというのは、幸せな事ではないだろうか。日本からは消えていっているような。

またこの組織は、合唱団だけでなく、民族楽器のオーケストラや舞踏団をも含んでたらしい。



いい編曲だなあ



哀悼



※ 追記 スプートニク日本25日 → 魚拓

>黒海に墜落した露国防省のTu154型機には、ロシア軍所属の「アレクサンドロフ記念ロシア軍の歌と踊りのアンサンブル」の合唱団のソリスト3人を除くメンバー全員が搭乗していた。ロシアのマスコミが報じた。

>合唱団のソリストを務めるワジム・アナニエフ氏は、「私の家庭では子供が生まれたばかりで、これで小さな子供が3人になりました。私はアンサンブルの責任者のもとを訪れ、残りたいとお願いしました。また明日は舞台があるので、私の他にソリストのヴァレーリヤ・ガヴヴァとボリス・ディヤコフを残すことが決まりました。合唱団の他のメンバーは皆飛び立ちました」と語った。


なんということだろう。信じられない。3人のソリストが残ったのは不幸中の幸いだとしても、これではやれない。
演目の関係で参加しなかったのだろうか。オーケストラやダンス担当も無事だったらしいが。

(追記2017/1/2)
むしろダンスのメンバーが大分亡くなった模様。
灰色にされてるのが亡くなった団員。





テーマ : 合唱・声楽
ジャンル : 音楽

ともしび-ロシア民謡

ともしび
名曲なのだが、実は作曲者は不明だとか。wikipediaによると

戦地に赴く若者とその恋人の離別、故郷と前線との距離を隔てた交情を主題とする歌曲である。ミハイル・イサコフスキーが1942年に発表した詩に基づく。原題の「Огонёк」とはロシア語で火を意味する名詞огоньの指小語である。
イサコフスキーがこの詩を発表したのは第二次世界大戦(ロシアでは大祖国戦争と呼ばれる)の最中のことで、ここに描かれたような別れの光景は当時ロシアのどこでも見られるものだった。この詩はロシアの大衆の心をとらえるところとなり、広く親しまれ口ずさまれるうちに自然発生的にメロディーがつけられるようになった。こうしてできたいくつものメロディーのうち、淘汰されて残ったのが現在知られる歌曲としての「ともしび」である。古い民謡のメロディーが借用されたという説もあるが詳細はわかっていない。


よく歌われている歌詞は、以下の通り

夜霧のかなたへ 別れを告げ
雄々しきますらお いでてゆく
窓辺にまたたく ともしびに
つきせぬ乙女の 愛のかげ

戦いに結ぶ 誓いの友
されど忘れ得ぬ 心のまち
思い出の姿 今も胸に
いとしの乙女よ 祖国の灯よ

やさしき乙女の 清き思い
海山はるかに へだつとも
ふたつの心に 赤くもゆる
こがねの灯 とわに消えず

変らぬ誓いを 胸にひめて
祖国の火のため 闘わん
若きますらおの 赤くもゆる
こがねの灯 とわに消えず

ダークダックスの歌詞の意味を重視した歌い方。これはロマンチックな歌ではないのだ。


ボニー・ジャックスの音楽性を重視した歌い方


しかし、ともに4番が歌われてないのが、問題だなあ(笑)。当時の反戦的な雰囲気の影響だろうか。

42年といえば、ナチスの侵攻に対する大祖国戦争の最中であり、この歌は一言で言えば軍歌である。祖国を守る為に戦場に出向けという歌だ。別にその事を批判される筋合いはないだろうけど。どこの国でも自国を防衛をするために戦ったのだ。異民族の支配下に服する事は耐え難い苦しみであった。日本人は経験が無いからあまり知らないが。しかし、大陸では何時の世にも征服し征服される関係で時代は動いていった。ロシアにしてからが、タタールのくびき、という言葉が今でも残ってるように、モンゴル人による長い抑圧の期間があった。そして、第二次大戦では両軍合わせて2000万人とも言われる犠牲者を出すほどの戦いとなった。

ソ連の戦車随伴歩兵の平均寿命は、2,3週間だったとか。動員され祖国の為に戦おうと思っても、たったそれだけの期間で死んでしまうのだ。そんな犠牲を払って、彼らは戦った。その背景で歌われた歌である。それがどうとかいう話ではない。特攻隊を他国に批判される筋合は無いように、批判すべき事でもない。これが日本の歌なら、今のサヨクからは徹底的に批判されただろう(笑)。美化してるとか言って。しかし、夢みたいな平和を主張するサヨクの陣営の人たちが、戦後歌声喫茶その他でこの歌を歌っていたのだろう。不思議な事ではある。

まあ、それにしても、朝鮮戦争に投入された中国の「人民志願軍」なんか、各自食料5日分、小銃は二人で一丁で戦場に放り出された。それは酷いとは思うが(笑)。要は人海戦術での弾除けになれという事なわけだ。怪我をしても放置されただろう。死体の絨毯ができただろう。どこが志願軍なんだか。朝鮮戦争の映像画像で私にとって一番印象的だったのは、彼らがヘルメットを被っていない、という事だった。弾除けにヘルメットなどかぶせる必要はないわけだ。ちなみによく、「国連軍が中国国境に迫ったから」中国は参戦したとか言われるが、それは違う。誤解あるいは誤誘導。中国軍は、国連軍が38度線を越えた時点で参戦を最終的に決定、北朝鮮に入り始めた。そして、山中を通って密かに浸透していき、国連軍が北上するのをやり過ごし、その後包囲するという戦術を取っていた。中朝国境近くでの戦いはほとんどないはず。国境まで行った米軍部隊はいたが。北朝鮮領土内での戦いは、大体その中部から南で起きている。

あと、この戦争について、韓国が先に攻撃したというデマを、国内サヨクは平然と流していた。ありえない話なのだが。当日は韓国の陸軍の記念日か何かで幹部連はパーティに出てたし、米軍は当時はほとんどいなかった。そんな状況で攻撃するはずはないし、その後の状況を見ても、北側が周到に準備してたのは明白なのだが、平気でウソをついていた。上の「国連軍が中国国境に近づいたから参戦した」というのも、中国の行動の弁護の為に作られた表現だろう。必ずしも外れてはいないが、誤解を狙った表現。戦後サヨクの犯罪的言行は、まとめられる必要がある。つい最近の原発事故や、堤防決壊なども含めて。








(2016/12/29追記)
別のページで、カチューシャの原詩の英語訳を翻訳したので、これも探してみた。→ 哀悼、赤軍合唱団
かなり雰囲気の違うものとわかったので、こちらもそうだろうと思って、探してのだが、それがなかなか見つからない。ロシア語のはあるようだが、英語訳がない。一応、上の最後の映像の説明にあるものは見つかったのだが、それしかない。しかも、機械翻訳のような奇妙な英語だ。

で、いろいろ見てみると、この曲自体が世界的にはほとんど知られてないらしいのだ。日本だけで例外的に人気があるらしい。ウィキペディアのページも、ロシア語、トルコ語、ハンガリー語、そして日本のしかないし、たいした説明もない。ロシア語のページなんか、記事の半分はこの曲が日本で人気があるという説明(笑)。美空ひばりとか歌手の名前まで書いてる。紅白で歌われたとか。日本では、ロシア民謡の代表格なのだが、面白いものだ。

で、とりあえず、機械翻訳らしい英語訳。なんとなく雰囲気は分かるが、ちょっと訳せない。暇な時にやってみるが。だれか、ロシア語からの直接訳はしてないのだろうか。現行の歌詞はロマンチック過ぎて実際とは違うと思う。ま、あれはあれで、嫌いではないのだが。

"Spark"
The position of the woman
Accompanied fighter
Dark night just
On the porch steps.
And while for the fog
Could see the boy,
On the window on the maiden
Everything was burning flame.
And while for the fog
Could see the boy,
On the window on the maiden
Everything was burning flame.
Man met nice
Frontline family.
Everywhere there were comrades
Everywhere there were friends,
But the familiar street
He could not forget:
Where are you, my dear girl,
Where are you, my flame?
But the familiar street
He could not forget:
Where are you, my dear girl,
Where are you, my flame?
And the girlfriend Distant
Guy sends news,
Love her maiden
Never die.
All that was put forth
In their turns period -
Do not go out without time
Golden flame.
All that was put forth
In their turns period -
Do not go out without time
Golden flame.
And quietly and joyfully
The soul of a fighter
From such a good
From her little letter.
And the hated enemy
Stronger beats the boy,
For the Soviet Motherland
For native flame.
And the hated enemy
Stronger beats the boy,
For the Soviet Motherland
For native flame.

こちらに、ロシア語からの訳があった。大意としては変わらないわけが、別れの理由が現行歌詞だと薄くなっている。
ほとんどの歌曲があるようで便利だ。

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

モスクワ郊外の夕べ

この歌は、世界中の歌の中でも最も好きなものの一つ。メロディーも歌詞も美しい。

いろいろ良い演奏はあるとは思うが、やはり赤軍合唱団のおじさん、お姐さんが気持よく歌ってるのをみるとこちらも楽しくなる(笑)。


映像が綺麗なもの


名唱といえば、ホロストフスキーだが



もう一つ、ホロストフスキー


日本だと、ボニージャックスとか


ちなみに、アメリカで作られた「ワシントン広場の夜はふけて」という曲は、この歌に対抗して作られたという話がある。本当かどうかは知らないが。

テーマ : 音楽を楽しもう!
ジャンル : 音楽

さすらいのギター-ロシア民謡

黒い瞳関係で、ザサウンズのビデオを見ていたら、思いがけない発見をした。
彼らのヒット曲”さすらいのギターーMandschurian beat"はもともとロシアの民謡で、日露戦争で倒れた兵士を悼む曲だったらしい。”満州の丘に立ちて-On the Hills of Manchuria”。全く知らなかった。



wikipediaにもあった
>1906年、日露戦争に軍楽隊員として従軍したイリヤ・アレクセエヴィッチ・シャトロフ(Илья Алексеевич Шатров、1879年 - 1952年)によって作曲された曲。日本軍との戦いで死んだ戦友を偲んで作られた曲とされている。元々は『満州の丘の上のモクシャ連隊(Мокшанский полк на сопках Маньчжурии)』の題名で吹奏楽曲として作曲されており、ロシアでは現在も吹奏楽団や民族楽器オーケストラの重要な演目となっている。
作曲されたその年から現在に至るまで、数種類の歌詞がつけられ、ロシア語版ウィキペディアでは、5つの歌詞が紹介されている[1] 。1926年発表の、アレクセイ・イワノヴィッチ・マシストフ(Алексей Иванович Машистов) の歌詞が、よく聴かれる。ロシア革命後の混乱のさなかのシベリア出兵による日本軍との戦闘で亡くなった兵士をイメージに置いたものとされている。ロシア歌謡としては、長きに渡り歌い継がれてきた。
日本において、笹谷栄一郎の訳詩がつけられ、ロシア民謡として歌われている。しばらくは、ロシア民謡愛好家やうたごえ運動のレパートリーとなっていた。1994年に加藤登紀子が発表したCD「ロシアのすたるじい」の曲の一つとなっている。
1963年に、フィンランドのグループ、ザ・サウンズ(The Sounds)が、この「満州の丘に立ちて」をグループサウンズ風の4拍子に編曲、"Manchurian beat" として発表する。アメリカ合衆国のグループ、ザ・ベンチャーズ(The Ventures)が、これを世界的にヒットさせ、「さすらいのギター」という邦題がつけられる。寺内タケシや小山ルミもカヴァーする。


英文wikipediaによると、奉天会戦で、11日間日本軍に包囲され重大な損害を出した戦いを想起して書いたものらしい。
なんで満州がタイトルに出てくるのか当時は全く分からなかった。ただのエキゾチズムかと思ってた。
「文部省唱歌」のシリーズで、丁度「橘中佐」「水師営の会見」などを取り上げていたので、偶然の符合にちょっと驚いた。

歌詞はいくつかあるらしいが、英文ウィキにあるのは以下の通り。日本語訳は自作。

Around us, it is calm; Hills are covered by mist,      我らを静寂が包み、丘は霧に覆われている
Suddenly, the moon shines through the clouds,      突然月光が雲を突き抜けて辺りを照らすと
Graves hold their calm.                     墓地が静まりかえっている
The white glow of the crosses — heroes are asleep.   十字架は白く輝き---英雄たちがここに眠る
The shadows of the past circle around,           過去の影が辺りを巡る
Recalling the victims of battles                戦いの犠牲者を呼び起こしながら 

Dear mother is shedding tears,               いとしい母は涙を流し
The young wife is weeping,                 若い妻は嘆き悲しんでいる
All like one are crying,                    誰もが一つになって泣いている
Cursing fate, cursing destiny!                運命を、宿命を呪いながら

Around us, it’s calm; The wind blew the fog away,   我らを静寂が包み、風が霧を吹き流した
Warriors are asleep on the hills of Manchuria      戦士達は満州の丘に眠る
And they cannot hear the Russian tears.        誰もロシア人の悲嘆を聞くことはない
Let sorghum’s rustling lull you to sleep,         高粱の葉のざわめきで君らは眠れ
Sleep in peace, heroes of the Russian land,       平安の内に、ロシアの大地の英雄達よ
Dear sons of the Fatherland.                祖国の親愛なる息子たちよ

Dear mother is shedding tears,               いとしい母は涙を流し
The young wife is weeping,                 若い妻は嘆き悲しんでいる
All like one are crying,                    誰もが一つになって泣いている
Cursing fate, cursing destiny!               運命を、宿命を呪いながら!

You fell for Russia, perished for Fatherland,      君らはロシアの為に亡くなった、祖国の為に倒れた
Believe us, we shall avenge you             我らを信じよ、必ず復讐を果たす
And celebrate a bloody wake!              そして血まみれの通夜を執り行うのだ!




英語歌詞付き。ただし、上のとは違うようだ。


ホロストフスキーも歌っていた。

素晴らしい。歌の力ってものがあるのを感じる。ホロストフスキーは、響きが深い上に、常に真摯に歌う。
観客も伴奏者側も満足してるようだ。




3:02に、the special assault corps(prepared to die) did not succeed とある。いわゆる白襷隊。

テーマ : 音楽を楽しもう!
ジャンル : 音楽

黒い瞳ーロシア民謡

ロシア民謡の名曲。
いろんな演奏があるだろうけど、まあ、なんといってもシャリアピン


赤軍合唱団のもの。いいおっさん達がこういうのを歌うとか。とてもいいと思う(笑)。


これとか

ロシアやソ連については、色んな思いがあるとは思うが、私は、彼らがこういうのを歌っている限りは、非難する気は起きない(笑)。

ホロストフスキーのが現代のベストか


もうひとつ


懐かしのザ・サウンズ


ベンチャーズとか


そのカバーとか



ちなみに、なぜ黒い瞳が憧れられたかといえば、かつてロシアを支配していたのがモンゴル系アジア人(タタール人)だったからとか。ほんとうかどうかは知らない。

テーマ : 音楽を楽しもう!
ジャンル : 音楽

プロフィール

kifuru

Author:kifuru
FC2ブログへようこそ!
元のHPは"kifuruの長文系ページ"、http://kiyo-furu.com (政治詩文関係)と ”kifuruの写真音楽系ページ http://www.kiyo-furu.sakura.ne.jp/(写真音楽関係)に移転しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR