fc2ブログ

台湾で歌われている日本の歌謡曲

台湾のyoutubeを見てたら、色々と面白いのがあった。日本の歌謡曲を台湾語?で歌ったもの。
歌手たちは一見シロートっぽく見えるんだけど、プロらしい。客も大勢入ってるし。
いつ頃に放映されたものなのかわからんのだが、そんなに古くもみえない。しかし、歌は古いものが多い。潮来笠とか、旅笠道中とか。歌手も東海林太郎とか。下のどこかに。

潮来笠を若い女性が楽しそうに歌ってるのを見ると、ちょっと目眩がする(笑)。歌の翻訳ってのは簡単には行かないから、意味を変えたんだろうと思うが。、しかし面白いなあ。むかし60年代はじめ、英米のポップスを日本に訳したの聞いてたが、英米から見たらどうなったんだろうなあ。

歌はみな上手いのだが、ただ聞いててちょっと気になったのは、声に力がないこと。その一つの理由としては、発声に関する地域差があると思う。日本の民謡の特色として。声を頭頂部に開放して響かせるのがある。はあー、みたいな感じで声を伸ばす。かなり高音になる。演歌歌手なら、三波春夫とか、都はるみとか。実は、BABYMETALのリードボーカルのスーメタルもこの流れから出て来たのだろうと思ってる。そういう面では若干物足りないが、しかし、面白いと思う。伴奏者なんかも真面目そうだし。








これは笑った、京劇?の伴奏に、歌謡曲だよ人生は、とか。ギャグかなあ。

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : 懐かしい歌謡曲
ジャンル : 音楽

「東京だョおっ母さん」は戦死した兄の慰霊の歌だった

二重橋、九段坂と、微妙に外した場所を歌うこの歌。決して東京案内の歌ではない,
二重橋といえば、皇居前広場の直ぐ側、敗戦時に国民が集まった場所である。九段坂は靖国神社へ続く坂。そこには兄さんが祀られてる。つまり皇居の近くを歩いて、最後は浅草に寄って帰ったのだ。浅草によったのも長生きするようとの願い事のため。お祭りみたいなのは、直接の目的ではなかった。NHKは紅白ではこのうたは歌わせなかったらしい。ムカつくなあ。最近になってやっとこの歌の真意をしった。恥ずかしながら。

作詞:野村俊夫 作曲:船村徹

久しぶりに 手をひいて
親子で歩ける うれしさに
小さい頃が 浮かんで来ますよ
おっ母さん ここが ここが 二重橋
記念の写真を とりましょね

やさしかった 兄さんが
田舎の話を ききたいと
桜の下でさぞかし 待つだろ
おっ母さん あれが あれが九段坂
逢ったら泣くでしょ 兄さんも

さあさ着いた 着きました
達者で永生き するように
お参りしましょよ 観音さまです
おっ母さん ここが ここが浅草よ
お祭りみたいに にぎやかね









「東京だョおっ母さん」は、30:09以降

テーマ : 女性アーティスト
ジャンル : 音楽

守屋浩さん、亡くなる

今年は実に色んなことが起こるなあ。もはや数え上げる事もできないレベル。
守屋浩さんが亡くなった。17日夜。合掌。
私が初めてファンになった人かなあ。そういう意味では、Beatles にも匹敵する。

このうたはことに好きだった。


この歌は不思議な印象を与えるんだが、なんといっても、チイタカタッタという最初のフレーズが忘れられない。





これが最大ヒット曲かな。


こんな映画があったらしい。

テーマ : 懐かしい歌謡曲
ジャンル : 音楽

カスバの女、恨み節

”カスバの女”、1955年の歌らしい

歌詞の内容からして外人部隊とかの洋画からとったのかと思ってたが、関係ないらしい。作曲者なんかがかってに歌詞をいじって付けたとか。まあ、色々と歌詞には突っ込み所はある。
まず、カスバには、特に特殊な意味ないとか。単なる街区の意味とか。
アルジェリアを”地の果て”とか言うのもちょっとなんだかなあ。地中海の向こうで、ずっとフランスが植民地にしてたところだし。しかし、まあ、ものを思わせる歌詞ではあって、なかなかいいなあ。

55年にはほんと売れなかったらしい。60年代に各社共作でうれたとか。

キム・ヨンジャはうまいなあ。

しかし、高音がきついなあ。

日本代表か。



”恨み節”は1973年。

かっちょいいなあ(笑)。

この歌では、ブルガリアのこのひとは外せない。

ブルガリアは、ブルガリアンボイスって言葉があるように、歌い方が独特なようだ。遊牧民族のようだが、アジアンテイストが入っているのか。いままでも何度か取り上げたが。コブシが見られるようだ。
日本人が歌うのとほとんど変わらない。

十代らしい。アルメニア出身のロシアン。



テーマ : 女性アーティスト
ジャンル : 音楽

島津亜矢の歌

地方出身者として泣けるなあ。



度胸千両は、ひばりの密室ライブに比べると、まだまだやね。→ ページ




ちょっと明る過ぎだけど。力を抜くところも必要。




最高音Dかな。裏声に逃げてはいない。


・・・酒呑みなどに、ならぬつもりがなっていた、・・・

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

ブラジル人少女の歌

この子まじうまいなあ

歌い出しを聞いて、唖然。このあとどうなるのか不安ではある。





テーマ : 女性アーティスト
ジャンル : 音楽

懐かしのザ・ピーナッツ

特別ファンだったわけではないのだが、日本のポップスの出発点だったかなあ


なんとティンパニは、梓みちよ・中尾ミエ・園まり・伊東ゆかりだとか。一番右側が伊東ゆかりだってのは、なんとなくわかる。左から2番目が中尾ミエだってのjは、その落ち着きのなさ、多動性から。
”はじめからー”の”らー”の音程はこれでいいのかちょっと疑問ではあるが。




テーマ : 女性アーティスト
ジャンル : 音楽

森山加代子さん死去・・・上手い人だったなあ

数日前亡くなられたらしい。
私にとっては、記憶が遠ざかるギリギリの人だった。





芸術やね。私もバックで歌わせてほしい、これだったら。


青江三奈って、右から二人目かね?








中尾ミエがおとなしく歌ってるってのが笑える。


ポケット・トランジスターって、別の意味で使われてたんだが、いつからなのかな。

テーマ : 女性アーティスト
ジャンル : 音楽

美空ひばり、カラオケの映像

こんなものがのこってたとは。「無法松の一生」

なんという経験なのだ。たけし軍団の反応が面白い。まさに歌手なのだ。下の映像より、音域は4度高い。カラオケだと自由に設定できるわけだけど。


何十回も繰り返し聞いてしまった。九州出身だしね。
この歌は、ひばりのために書かれたわけではないが、よくあってるなあ。音域がかなり飛ぶ所なんか、実にいい。「叩く太鼓の勇駒」辺りからとか。前にも書いたが、ひばりってのは、高音域、中音域、低音域、と独特な個性がある。それがこれほどに発揮された歌というのも珍しいのかもしれない。


この歌の、”これこれ石の地蔵さん”という歌詞を、私は子供のころいつも、”これこれ西の地蔵さん”と歌っていた。その後の、”西へ行くのはどっちかえ”と一致してるので、それでいいのだと思っていた(笑)。親戚の人などからは散々言われたのだけど。西じゃなくて、石やととか。私は、ひばりはこう歌っちょる、といってそれで通していた。子供の頃の懐かしい思い出。


なかなか人員の処理は難しいな(笑)。途中でなんにもしなくなってるのがいるし。泣いてる人もいるし。ひばりの映像には、台湾とか中国辺りのからの書き込みが多い。




続く

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

みだれ髪・・・戦後歌謡曲の傑作

ひばりの歌の中でもベストクラスに好きな曲


これはいろんな人が歌ってる。
作曲者、船村徹の情念込めた歌。


森昌子

このひとjは自分の雰囲気で歌う人だな。

五代夏子


あの不死鳥コンサート。立つのも辛かったというが。泣いてるのかな。

テーマ : 女性アーティスト
ジャンル : 音楽

プロフィール

kifuru

Author:kifuru
FC2ブログへようこそ!
元のHPは"kifuruの長文系ページ"、http://kiyo-furu.com (政治詩文関係)と ”kifuruの写真音楽系ページ http://www.kiyo-furu.sakura.ne.jp/(写真音楽関係)に移転しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR