みだれ髪・・・戦後歌謡曲の傑作

ひばりの歌の中でもベストクラスに好きな曲



これはいろんな人が歌ってる。
作曲者、船村徹の情念込めた歌。


森昌子

このひとjは自分の雰囲気で歌う人だな。

五代夏子


あの不死鳥コンサート。立つのも辛かったというが。泣いてるのかな。
スポンサーサイト

テーマ : 女性アーティスト
ジャンル : 音楽

大利根無情

あの三波春夫の代表作。うっかり見てたら見入ってしまった。
最近じゃ、平手造酒の話なんて滅多に聞かないが、昔はよくテレビドラマや映画になったものだった。元は武士だったがヤクザの用心棒に身を落とし、病気の身ながらヤクザ同士の決闘に参加して死ぬ人物である。


さすがに上手い。声が素晴らしいし、何より気持ちの入った演技がいい。歌というものは口だけで歌うの物ではないという事を実感させてくれる。全く異なるジャンルではあるが、BABYMETALのスーメタルがまさにそれをやっている。歌の世界に入りこめるというのも才能だろうと思う。


同じ題材を歌った、田端義夫の、大利根月夜


作られたのは戦前で、当時のお座敷小唄風のメロディーがある。「利根の流れを」の辺り。

江戸末期は、商業・物流が盛んになる一方では、治安が乱れていたために、各地に大きなヤクザ組織が出来ていた。特に関東は、旗本の小さな所領が多かったため、犯罪を犯しても逃げ易く、取締りがしにくい状況だった。それで幕府は、関東取締出役という役を作って関八州を領地の区別なく取り締まらせてた。八州廻りともいう。国定忠治はこれに捕まって刑死している。

この歌の元となった大利根河原の決闘は、千葉の二人のヤクザの大親分の戦いだった。笹川繁蔵と飯岡助五郎。ともに元は力士で当初は仲が良かったらしいが、飯岡助五郎が関東取締出役の手下の岡っ引きになると対立し、ついに笹川捕縛の命令が飯岡にくだり、その結果起きたのがこの決闘。決闘自体は飯岡側が半数を倒され、笹川方は平手が死んだだけで、飯岡の敗北に終るのだが、お上に逆らった形になった笹川は逃亡し、後に飯岡側に暗殺される。笹川一家も幹部は処刑され消滅したという。また笹川の遺体は切断され飯岡助五郎の元に運ばれたが、飯岡は厚く弔ったという。その遺体の隠匿と再発見のくだりはまるで小説のようで面白い。→ wiki

この関係の映画はなんと46本も作られたとか。しかし、最後に作られたのが76年だから、最近は忘れられてるか。まあ、ヤクザをあまりに美化したりするのも何だけど。ちなみに、ドライブ途中に初めて飯岡町を通った時はちょっと感動した(笑)


テーマ : 演歌/歌謡曲
ジャンル : 音楽

石狩挽歌、戦後歌謡曲の傑作

なかにしれい作詞、浜圭介作曲
曲も歌詞も素晴らしい。
北原ミレイ


歌詞がなかなか面白い。
ごめ・・・北海道方言で、カモメ
つっぽ・・・筒袖、漁師などが来た、動き易くした袖のこと
やんしゅう・・・ニシン漁に従事する漁民だが、出稼ぎが多かったらしい。遠くは高知辺りから来たとも。
ばんや・・・寝泊りできる作業場
問い刺し網・・・魚を網の目に絡めて捕る為の網で、定置網のことらしい
笠戸丸・・・1900年にイギリスで建造された貨客船。ロシアに売却されるが、日露戦争で日本が捕獲。ハワイやブラジルへの移民戦として使われたあと、北洋漁業の母船や台湾航路の貨客船として使われる。終戦間際の昭和20年、ロシアに捕獲され撃沈される。
にしん曇り・・・ニシンが取れる春三月、四月の曇り空
おたもい岬・・・小樽北方にある岬
古代文字・・・小樽の手宮洞窟にある文字らしきもの。いわゆる神代文字か。本当かどうかは知らない。

明治から大正にかけてのニシン漁の最盛期をしのんで、恐らく昭和初期に場面を設定して書かれた歌詞。
戦後歌謡のベスト10には入れたい歌。
北原ミレイの突き放したような歌い方が合ってる。

北原ミレイは、なかなか雰囲気のある歌手だった。「ざんげの値打ちもない」。ちょっと歌詞が危ないが(笑)


持ち歌じゃないが、合ってるかな。「八月の濡れた砂」



全然関係ない話ではあるが、私はニシンの塩焼きが好きだった(笑)。過去形にしたのは、最近食えないから。定食屋でも飲み屋でも見かけなくなった。まあ、焼くのに時間は掛かるし面倒なんだろうなあ。
九州出身の私は東京に来て初めてニシンなんてものを食った。実に興味深い食い物だった。何しろ、全部食うのに30分ぐらいかかる。全体を解剖するような感じで分けていって、処理していく。仕事を遂行してる感じ。醤油をじゃぶじゃぶ掛けて食って笑われてものだった。
せめて飲み屋では出して欲しいなあ。食うことに熱中できる食い物(笑)。

テーマ : 演歌/歌謡曲
ジャンル : 音楽

恋人よーフォークの名曲

五輪真弓のヒット曲
カラオケで歌うにはかなり難しい(笑)
低音から上がっていくので、音程が取り辛い。
本人のもの


美空ひばり


キムヨンジャ

この人は上手いなあ。一回目の「恋人よー、側にいて」ではあまり盛り上げず気持ちをふり絞るように歌い、「恋人よーさようなら」では遥か彼方の恋人に別れを告げるように歌う。俗な言い方だが、「仕事してますねえ」と言いたい所。時折外国人なのに、日本語の歌詞の意味をよくつかんで歌う人がいる。

テレサテン



世界の上手い歌手を色々聞ける、良い時代になったものだ。

テーマ : 演歌/歌謡曲
ジャンル : 音楽

釜山港へ帰れー桂銀叔逮捕

韓国人歌手、桂銀叔が覚せい剤使用で逮捕されたらしい。
悲しいニュースである。
いわゆるKPOPブームの遥か前、上手い韓国人歌手が日本でデビューしてた時期があった。で、確かに上手い人たちがいた。
この人はその代表格だろう。
デビュー曲とかは知らないが、「釜山港へ帰れ」は名曲であった。オリジナルではないらしいが、この人の名前を聞くと、思い出す。



かつて、カラオケ時代というのがあった(笑)。今はどうなのか知らない。
最初は飲み屋の片隅に8トラックのテープの機械があって、歌詞カードをまとめた本があった。酔客が見ながら歌うので汚れていたものだった。音だけ聞いて歌うから、それなりに技術が必要であった(笑)。ま、演歌は分かり易かったけどね。

その頃の歌の代表格かもしれない。日本人歌手も何人も歌ってる。
森昌子とか

なんだか泣けてくる。

八代亜紀とか

あんた、上手すぎ(笑)。

なんと美空ひばりもあった。

ひばりは好きだけど、明るくなってしまうなあ(笑)。
韓国の歌は、恨がないといけない。それはひばりの範疇ではない。

ベストは、キム・ヨンジャかもしれない。

言っちゃ悪いが、ひばりと八代亜紀は、提供された歌の一つとして歌っている。朝鮮半島の恨みの情念がこもっていない。まあ、日本人には理解の向こうにあるものではあるが。キムヨンジャの歌は、歌い方にもまた体の反応にも特有のものが現れてる。森昌子のは自分の感情に置き換えて、あるいは、「翻訳して」歌っているという観がある。

しかし、歌ってものは女が歌うもんだって改めて思う(笑)。男は仕事してろって話。

気になったので、キムヨンジャの歌をもう一つ


韓国はKPOPなんてろくでもないものは捨てて、民族の本心とでもいうべきものに帰るべきだろう。それが現代文明に出会って起きた摩擦を歌にすべきだろうと思う。日本の歌謡曲もかつてそうであったように。この「釜山港に帰れ」は、その一つの達成であるのではないか。

テーマ : 演歌/歌謡曲
ジャンル : 音楽

プロフィール

kifuru

Author:kifuru
FC2ブログへようこそ!
元のHPは"kifuruの長文系ページ"、http://kiyo-furu.com (政治詩文関係)と ”kifuruの写真音楽系ページ http://www.kiyo-furu.sakura.ne.jp/(写真音楽関係)に移転しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR