FC2ブログ

和田浦でツチクジラの解体を見る

ツチクジラ捕獲のシーズンが終わりに近づいている時、丁度タイミングよくいい時間帯で解体が行われたので行ってきた。
和田浦では、前日に取ったクジラを早朝に解体する事が多いのだが、朝の5時からとかが多く、とても間に合わない。何しろ片道3時間はかかる。普通には見れないのだが、今回は、なんと昼の12時開始という絶好のタイミングだった。死んでから、1日近く水に浸けとくのがいいらしく、そういう時間帯になったようだ。

ツチクジラは、歯鯨類の中では、マッコウについで大きい。10mちょっとで体重10トン前後。IWCの捕獲規制の中には入ってないが、日本は国が規制をしていて、年間66頭だったか取っている。和田浦はそのツチクジラの関東唯一の水揚場。

現地には11時頃ついてぶらぶらしてて気がついたのだが、クーラーボックスを持ってきてる人がいて、そういえば、終わったあと、肉類を売ってくれるんだったと気づいた。こちらの頭の中は、カメラと終わったあと行く店の事でいっぱい。そこまで気付かなかった。例えばこのビデオ → youtube 釧路港揚のミンクのようだが。

クジラ肉に関しては、臭いとか癖があるとか言う人がいるが、昔は別として近年はそんな事はないと思う。臭いとか思ったことはまずないな。日本は、3,40年前までは、冷凍技術は十分ではなかった。普通の刺し身も不味く、九州から送ってもらおうかと思ったこともあった。 一般の店でマシな味で食べられるようになったのは、そんなに昔では無いと思う。しかも、ちょうとその頃に捕鯨が禁止となってる。84年だったか。だから、その前の食用時代のイメージが残ってるのだと思う。

ツチクジラは、大して大きいとは思えないし、細身の感じがしたんだけど、腹を割くと凄かったな。肝臓とかの内臓がドバッと出てきて、各種の肉が次々剥ぎ取られて行く。肉だけで、1.5トンとか言う会話が聞こえてくる。1500キロ、1キロを5人で食ったとしても、7500人分はある。クジラ一頭で7村潤うって、ほんとにそうなんだなあ。

ちなみに、捕鯨禁止運動とか論外。牛や豚を平気で殺していて、よくそういう事が言えるものだ。むしろ食うために家畜を飼って殺すほうがはるかに残酷。生きる喜びとか奪っておいて。野生の生き物は、いつかは誰かに殺される。それが野生の掟。人間もその鎖の中の一つに過ぎない。人間が可愛そうだと思って殺さずに放しても、次の瞬間には別の誰かに殺される。彼らはその優しい行為をするのが好きらしいが、馬鹿げた事だ。

終わったあとは、クジラの店ピーマンに。もう一つの店に行こうとしてたんだが、もう疲れ果てていて動けず。道の駅とかいこうともしたんだが。ちなみに、解体時間は、大きなところは1時間で済んだ。あとiは小分けの時間。


  写真集・・・閲覧注意!!!(笑)




wdaDSC03486.jpg

wadaDSC03491.jpg

wadaDSC03494.jpg

wadaDSC03500.jpg

wadaDSC03504.jpg

wadaDSC03507.jpg

wadaDSC03512.jpg


肝臓取り出し
wadaDSC03535.jpgwadaDSC03536.jpgwadaDSC03538.jpgwadaDSC03539.jpg






















wadaDSC03543.jpg

wadaDSC03550.jpg

wadaDSC06364.jpg





スポンサーサイト



テーマ : 動物の写真
ジャンル : 写真

六義園のつつじ

もう二ヶ月近く前の話(笑)。とは言え、2年前のがそのままってのもあるしなあ。


rikuDSC03364.jpg

rikuDSC03365.jpg

rikuDSC03368.jpg

rikuDSC06263.jpg

rikuDSC06252.jpg

rikuDSC06245.jpg

riikuDSC06255.jpg

rikuDSC06269.jpg

rikuDSC06271.jpg

テーマ : 花・植物
ジャンル : 写真

木曽路、3日ほどの(4)

4 馬籠宿

続いて、妻籠宿からバスで馬籠宿へ。この間は割と短いので歩く人も多いらしい。バスから見てると、特に外人が多かったかな。日本人(風)なのと1:1以上はあったかも

magoDSC03336.jpg

馬籠宿の特徴の坂道にそった家並み。
magoDSC03341.jpg

magoDSC03346.jpg

magoDSC03342.jpg

藤村の記念館。ここの本陣の家柄。
magoDSC03340.jpg

翌日はいい天気。もう時間は無かったんだが。まあ、しょうがないなあ。この左の部分はいわゆる”枡形”かな。防備の形。
magoDSC03349.jpg

展望台
magoDSC03352.jpg

馬籠宿は端まで行くと、こういうふうに開けている。これがなかなかいい。
magoDSC03359.jpg

あまり関係ないが、ここで食ったお菓子の話。”やま柿”という名。
ainokaze_21527.jpg
食事の際に出てきたのだが、これがいたく美味かった。干し柿を長方形に切って整えたものらしいのだが、いたく美味くて感激。いやこれはよかったなあ。










テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

木曽路、3日ほどの(3)

3.妻籠宿

翌日、南木曽(なぎそ)駅からバスで妻籠(つまご)宿へ。ここはそんなに規模は大きくないが、なかなかまとまってた。
まあ、一番思い出深いのは、蕎麦が美味かったこと(笑)。まじで美味かった。人が並んでる店があったので私も何気なく並んだのだが、美味かったなあ。蕎麦の香りをあれほどかいだことはなかったかな。私は旅行に行くと、蕎麦が食いたく成る。理由はわからない。うどんは嫌いではないのだが、旅先では食いたくない。なんでかなあなんて思ってたら、某TV番組である言葉を聞いた。

”うどんは空腹を満たすもの、蕎麦は心を満たすもの”。うーん(笑)。出来過ぎ(笑)。

しかし確かにこれに近い感覚はあるのだ。そばを食うまでにはかなりの人手をかけたはず。まあ、うどんもそうだろうけど、なんだか掛け方が違う気が。人手が恋しくなるのかしらん。旅先で蕎麦が食いたくなる、この理由はなんなんだろう。まあ、とにかくここに限らず蕎麦は良かった。

妻籠宿、本陣。最近になって復元されたもの。島崎藤村の実家だったとか(間違い、藤村の母の生家。藤村は隣の馬籠宿生まれ)。
tumaDSC03313.jpg

脇本陣。いろんな資料があった。
tumaDSC03308.jpg

その内部
tumaDSC03321.jpg

併設された資料館にあった、林ゆふ、の絵。藤村の初恋の人。
tumaDSC03325.jpg
まだあげ初めし前髪の
林檎のもとに見えしとき
前にさしたる花櫛の
花ある君と思ひけり

やさしく白き手をのべて
林檎をわれにあたへしは
薄紅の秋の実に
人こひ初めしはじめなり

tumaDSC03319.jpg

tumaDSC03310.jpg

tumaDSC03307.jpg

テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

木曽路、3日ほどの(2)

2.寝覚の床

これが謎の場所。私は、正直言って全然知らなかった。場所自体はもとより、そこが浦島太郎と関係あるとか言う話。そんなアホなとしか思えないのだが^^;。
中央線、上松駅から歩いて30分ぐらいかな、寝覚山、臨川寺という所にある。

kisoDSC03298.jpg

ま、お寺は割とちゃんとしている。芭蕉や正岡子規の碑もあるし、戦時中になくなった中国人労働者の碑も。
しかし、そこから川底に降りるのが大変。標高差100mぐらいあるんではないかなあ。
kisoDSC03299.jpg

kisoDSC03301.jpg

kisoDSC03303.jpg

kisoDSC03305.jpg

降りるだけで大変。ここで恥をさらすのだが、そこで動けなくなってしまった^^;。もう足はガクガクだし、いつ倒れるのかわからない。昔ならこんな石の道なんて大喜びであるいたと思うが。実際、子供や女性の人たちは、何の気もなく歩いて渡っていた。私はかなり考えて、結局諦めた。うっかり滑って頭打ったら大変だし。最近は、バランス崩すことが多いしね。苦渋の決断ではあった^^;。ま、このあと、引き返そうとした途端に転んだし^^;。まあ、無理だなあ。

ここを渡らないと、浦島太郎が住んでたという浦島堂には行けないのだが。

kisoDSC06228.jpg

kisoDSC06222.jpg

kisoDSC06223.jpg

まあ、ちょっと残念ではあった。
しかし、こんなところと浦島を結びつけるって、どういう事なんだろう。

テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

木曽路、3日ほどの(1)

もう3週間前になるのか、木曽路に行ってきた。

1.奈良井宿

ま、取り敢えず、ここにこないと。今まで2回来たのだが、なんだかよくわからなかった。とにかく矢鱈に大きい、というか長い。前にも書いたが、1回めと2回目は全く違う場所に降りたので、さっぱりわからなかった。
例えば、木曽の大橋。これがどこなのかわからない(笑)。あんな大きなものなんだが、若干外れたところにあった。ちなみにそんなに古いものではないらしく、30年前のものだとか。
naraDSC03269.jpg

そこの逆の位置にある、鎮神社。やや高台、南の端にある。
naraDSC03291.jpg

そこから見下ろす街。
naraDSC03292.jpg

ま、とにかく天気が悪くて。
naraDSC06215.jpg

naraDSC03279.jpg

明治天皇行幸の間だとか。
naraDSC03282.jpg

この宿には、こういう自然水が出る場所が数箇所あって、旅人を迎えたとか。
naraDSC03289.jpg

naraDSC06216.jpg

naraDSC03270.jpg

テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

3年めのバラ”アンネフランクの思い出”

最初に見たのは5年前かなあ、谷津バラ園で見つけた。その後2年前に神代植物園で購入。(→ ページ

バラの育て方とか全く知らずに育てていたのだが(ま、水をやるだけだが)、数ヶ月前ちょっとしたセミナーみたいなのに出て剪定の仕方とか学んだ。なんと冬は葉っぱを全部切って落とすとか。私は信じられずに、そんな事したら死ぬんで無いのとか思ってしまった(笑)。しかし、デカイ株でぱしゃぱしゃ落としてたから嘘じゃないんだろうなあと。まあ、枝葉という言葉は重大な部分ではないものに使うが、しかし、植物の中心部ってなんなんだ? 根かねえ。根と茎かしらん。

で、2月頃に切ってたら、3月4月にもの凄い葉や花の芽が出てきてた。それ以前に植えていたミニバラも何だか冷めた雰囲気がったのがびっしり葉っぱがついていた。先達とはあらまほしきかな、というレベルじゃないな。たんなる無知でしかなかったわけだけど。

annDSC06279.jpg
蕾が20個近く一斉に出ていた。

annDSC06274.jpg
これは別枠でかった、アンネフランク。たしか苗だったかな。かなり安かったが、ちゃんと花が出た。

annDSC06277.jpg
これは落とした枝葉を栽培してみたもの。なかなか上手く行かなかったのだが、これ一個がなんとか生きていた。鉢に移すのは心配だったのだが、ちゃんと生きてくれるのか。

annDSC06272.jpg
これはミニバラ。以前はまともに葉っぱも出ずに、蕾もわずかしかなかったのだが、やはりかなりいい状況。

翌日は天気もよく、かなり咲いていた
annDSC03377.jpg

更にその二日後
annDSC03380.jpg
左下のがピンク色になってて、他はオレンジ、橙みたいな色。

テーマ : バラが好き!
ジャンル : 趣味・実用

柏市、あけぼの山農業公園

これも10日前になるのだが、柏の人以外は誰も知らないようなところに行ってきた。なんだかよくわからん所だった。バスを乗り継いて行くような所。もう一度いけと言われても出来ない気が。まあ、それなりに悪くはなかったが。場所としては、我孫子に近いのかな。

akeDSC06213.jpg

akeDSC06204.jpg

akeDSC06200.jpg

akeDSC06203.jpg

akeDSC03265.jpg

akeDSC06208.jpg

風車の前にじっと動かなかったから人形かと思ったが、暫くしたら動いていた(笑)。写真撮影かね。
akeDSC06199.jpg

akeDSC03262.jpg


テーマ : 花・植物
ジャンル : 写真

根津神社のツツジ

もう2週間も前になるのだが、時間が経つのは速い。有名なツツジを見てきたが、まだ盛りではなく、3,4分咲きって感じだった。今頃が最盛期かなあ。人もそんなにはいなかったのだが、やたらに外人が多かったなあ。半分位は外人って感じ。白人、東南アジア系、それに多分中国韓国もいただろう。ま、別にだからどうというわけではないが(笑)。おとなしく見てくれればね。

nezuDSC03216.jpg

nezuDSC03226.jpg

nezuDSC03224.jpg

mizuDSC03231.jpg

mizuDSC03235.jpg

nezuDSC06162.jpg

mizuDSC03237.jpg

mizuDSC03241.jpg

nezuDSC06166.jpg

nezuDSC06159.jpg

nezuDSC06157.jpg
これがなあ。鳥居がしょぼいんだよね。傾いてたり、壊れかけていたり。なんとかしないのかね。

テーマ : 花・植物
ジャンル : 写真

しだれ桜は綺麗だなあ

やはりしだれ桜だなあ。









テーマ : 季節の花たち
ジャンル : 写真

プロフィール

kifuru

Author:kifuru
FC2ブログへようこそ!
元のHPは"kifuruの長文系ページ"、http://kiyo-furu.com (政治詩文関係)と ”kifuruの写真音楽系ページ http://www.kiyo-furu.sakura.ne.jp/(写真音楽関係)に移転しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR