FC2ブログ

仲宗根美樹「川は流れる」

61年、仲宗根美樹、16,7歳の頃の歌唱。



これはこの世で自分が初めて好きになった歌かも。なんだか、知らずに歌ってた。「わくらば」なんてなんだろうとか思いながら。
もともとjはb面の歌だったらしい。

こちらがA面かな。


森昌子


舟木一夫

スポンサーサイト

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

70年代の「冬」の歌

冬が来る前に、77年
ま、これは忘れられたわけではないが、いい歌だったなあ。


白い冬、74年
個人的に好きだった曲。ニューミュージックブームの真っ最中か。


最後の一葉、76年
こういうのを思い出すと泣けて来るのだが^^;


ハローグッバイ、の繰り返しが妙に記憶に残ってる。
オー・ヘンリーってのはやたらに印象的な話が多かったなあ。警官と泥棒の話とか、夫婦のプレゼントの話。タイトルは忘れたが。
小説って、意味ないんじゃないかと最近は思うが、しかし、オー・ヘンリー、宮沢賢治、それにドストエフスキーだけは別格

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

ニュージーランドでテロ、50人死亡・・・リベラリズムの終焉

まあ、いつかは起こるとは思っていたが。→ サイト
(ここにアドレスを書き込んだら、おかしな知らせが来るようになった。どういう事かわからない。内容は例の犯人が殺して回るもの。見ただけの時は来なかったのだが。
興味ある人は以下からどうぞ。空欄を消して。
ht tps:/ /f o rum.de athaddict.co/threads/mos que-shooting-in-new-ze aland.30185/)

そもそも殺し合いでは白人には敵わない(笑)。歴史的に他人種をもっとも殺してきたのは白人。いまムスリムが大きな顔ができているのは、白人が遠慮がちにしてるから。まともにぶつかったらかてるわけがない。今後これをキッカケに似た事例が起こるんでないかなあ。死刑廃止してるし(笑)。好きなだけ殺しても、いきていけるのだ。もはや欧州の人権に配慮した理念の敗北である。

ばかげた話である。77人殺したブレイビクも20年ぐらいで出てこれるらしい。もう何かの基準が崩れてる。フランス革命や共産主義思想を元にした思想が現実に合っていないのだ。理由はキリスト教を元にしてるから。それを絶対視してしまった。原始共産制なんてまさにそのままである。アダムとイブの拡大バージョン。この世に突然生まれた人間が、澄んだ魂のまま生きていたと思ったのだ。だからそんな妄想が生まれた。キリスト教のままである。しかし、人間は野獣から進化したのだ。そんなものがあるわけがない。

しかし欧州の白人はそっちには思考がいかない。理念的には絶対にいかない。キリスト教的理念に支配されている。そしてその支配は、アメリカや太平洋にまで及んでいる。豪州やNZもである。一方で、それに否応なく反対している人たちが出てきた。それは人間としての当然の反応であってもはや留められない。トランプがそうであるし、フランスのルペン、そして今回の犯人など。


☆ 左翼思想というもの

いわゆる左翼的思想というもの、これが問題の根源である。人間は理想的な状態に辿り着けると信じた。理想を唱え、それに向かって努力すべきだと。多分ポルポトなんかは本気で信じたのではないかなあ。あの顔のどこにもいい加減な所は見えない。あるいは毛沢東も。そしてそれが不可能だと思える人間を殺した。国民の3分の1も。それは要するに、どんな人間にも不可能な事なのだ。最後には全員を殺さないではおかない。

今問題になっている、移民難民問題、多文化共生問題もそう。主導している連中は、できるのだとおもったのだろう。しかし、それは無理なのだ。異なった原理で生きている集団を一つにはまとめられない。LGBTなどもそう。理由は、「今までそんな事はやってない」ということだ。別に遅れていたからやらなかったわけではない。それに近い人達はあらゆる地域に昔からいた。しかし、国家社会のシステムにはしなかった。それは不適当だったのだ。哺乳類の根本的なシステムに合わない。哺乳類の基本は、オスメスで役割が異なる、ということだ。それが爬虫類以前の生物との最大の違いだ。要はDNAの問題になる。

もちろん、いままでやって居なくても新たにできることはある。しかし、それは着実な変化が必要だ。いきなりそういったものを押し付けようとするのはいけない。しかし、人間は夢見がちな存在だ。一気にそういう社会になる事を夢想した。それが革命。

また、ここにちょっとした問題がある。なぜあえて無理をするのか。これは多分、個別的文化の破壊が目的だったろう。背景には共産主義者がいる。EUの母体になっているのはフランクフルト学派らしい。これは共産主義の西欧における別働隊である。彼らにはDNAの存在は見えていなかった。しかし、共産主義同様、歴史の破壊を目指していた。

サイト 参照

☆ ちょっと特殊な性癖

そして、他人に自分達の考えを押し付けようとする種類の人間がいる。いまはそれが主体かもしれない。沖縄で騒いでるのもそれだろう。





続く

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

当サイトについて

☆ サイトの宣伝など(笑)

ページも多くなったので、一応宣伝をしてみる。

新規ページについて

No 548 森山加代子さん死去・・・上手い人だったなあ・・・当時は分からなかったが、歌上手いなあ

No 547 米朝会談決裂、まあいい事だ・・・まあ、ムンジェインと二人お似合い

No 546 ”アリータ・バトル・エンジェル”・・・’銃夢’の映画化・・・映画化の話を聞いてから、20年経ったかなあ。

No 545 河津桜見物・・・なかなか大したものだった。


追記のページ

基本的には、書換はしないようにはしているが、追記はかなりある。一応、書いておく。

No 534 韓国軍艦の火器管制レーダー照射事件・・・北高官の亡命か? 櫻井さんの話追加。

No 524 日本の戦争責任問題は、全て国内サヨクのでっちあげ・・・ちょっとタイトルがなんだが、要するに、戦後賠償問題というのは、サヨ連中のカネ目当てのものなのではないか、ということ。彼らは、心からの謝罪が必要だとか、なんだか良心的な言い方をしていて、それに騙されてる面があるのではないか。そんなことではなく単に賠償金の上澄みを狙ってるのでは、という事。これは実際に、中東での人質問題でそれをやってるようだ。それと同じ狙いでは。

No 271 パレスチナがイギリスに謝罪を要求・・・アラブは一方的な被害者なのか・・・昔からおかしいなと思っていたのが、中東諸国の扱い。まるで英仏に一方的に収奪された可哀想な民族という扱いだった。しかし、英仏はちゃんと約束通り独立させている。もうそれだけで、十分であって、それ以上の事をやる必要はない。イスラエルの独立は戦後の国連による。こんなことがいつまでも糾弾されるのはおかしい。戦後サヨクの意図による攻撃である。フィリピンなどと比べてはるかによいのだが。

No 480 沖縄の異常・・・youtubeが消されすぎて、もとの映像がどんなだったのか分からない(笑)。ま、こんなだったかなあ、って感じで。

No 291 樋口中将のユダヤ人救出、肥沼医師のドイツでの治療活動、工藤艦長・・・戦争中の日本人の心こもる活動


それ以外のおすすめページ

No 226 Su-metalの音声周波数分析ー真似事としてやってみました・・・Su-metalの特殊な音声の性質を探ったページ。赤ちゃんの声に似ていた。

No 263 リオ五輪閉会式について・・・君が代の編曲、ブルガリア民謡の事など・・・あの安倍マリオの閉会式。とりわけ、ブルガリア民謡の事など。

No 414 「御成敗式目」ってなかなか面白い・・・これは、日本人の骨格を作ったのか、と思える法律。「裁判中に相手の悪口をいったら負け」という世界で日本にしかないのではないか、という規定。北条氏はなんとなく批判されがちな傾向があると思うが、かなりいい治世だったのでは。

沖縄関係のまとめページ
No 421 沖縄での米軍機からの落下事故で驚いたこと
No 349  辺野古反対派の徹底排除を!・・・これほどに無意味で有害な運動もない

No 384 アメリカのポリコレ狂いはどこまでいくのか・・・世界に吹き荒れるポリコレ。要するに人に自分の信条を押し付けようという性質の強い人達。こちらの方が問題ではないのかね。


HPでのページについて

「多文化共生」というまやかし・・・多文化共生などというまやかしについて。ただ、一番の謎、誰がそれを推奨してるのか、というのが分からんのだが。どこが言い始めたのか。ま、EU方面だとは思うが。

なぜ、慰安婦の強制連行という捏造が行われたのか?・・・この腐れ切った問題。もはや議論するまでもないが、一応根拠を示す。いい加減朝日をなんとかしないと。

聖書「天地創造」神話の驚くべき解釈 by 中小路駿逸氏 ・・・聖書の有名な天地創造についての、驚くべき解釈。あれは世界の創造ではなくて、大洪水にあった子どもの経験だという解釈。ほぼ問題なしかな。

歌集「瀬音」より・・・今年の歌会始めのお題に関連して。


テーマ : ブログ
ジャンル : ブログ

森山加代子さん死去・・・上手い人だったなあ

数日前亡くなられたらしい。
私にとっては、記憶が遠ざかるギリギリの人だった。





芸術やね。私もバックで歌わせてほしい、これだったら。


青江三奈って、右から二人目かね?








中尾ミエがおとなしく歌ってるってのが笑える。


ポケット・トランジスターって、別の意味で使われてたんだが、いつからなのかな。

テーマ : 女性アーティスト
ジャンル : 音楽

”アリータ・バトル・エンジェル”・・・’銃夢’の映画化

早速見てきた。IMAX3Dで。
まあ、とにかく面白い。しかも、原作に非常に忠実。それでいて映画としてよくできているんだから、もう何も言うことはない。
最初の方のエピソードを、アリータの成長(というのか)に合わせて上手くまとめてあって、ああいう所がキャメロンはうまいんだなあ。また原作にはなかったと思うが、火星軍で戦っている時のエピソードもいくつか入っていて興味深かった。

また現実感を与える細部の描写も非常に丁寧で圧倒的。ローラーボールの対戦も迫力満載。かつてベン・ハーで戦車戦で見せた時に匹敵するのかもしれない。とりあえず、あと数回は行くつもり。

2回めを見てきた。普通の3D、吹き替えで。
ま、特に新しいj発見があったわけではないが、ちょっと全体として、端折りすぎかなあ、と思った。ゆっくり見れるシーンがない(笑)。全部が必死になって見てしまう。もとの3時間レベルのキャメロンの原稿を2時間ぐらいにっロドリゲス監督がカットしたらしい。まあ、しょうがないかなあ。ローラーボールのシーンは、案内というか解説が古舘伊知郎がやっているんだが、あんまり乗っていない感。

全体としては、このアニメの進行に似ていた。以前見たときはよく分からなかったのだが、映画のあとならよくわかる。また、映画自体がこのアニメを取り入れてるらしい。これにローラーボールのシーンを入れた感じ。



→ 前のページ

テーマ : 2019年映画感想
ジャンル : 映画

米朝会談決裂、まあいい事だ

c7f2f947 (1)
まさに憮然とした表情の金正恩。
甘く見たねえ(笑)。
トランプの本心なんか分かりはしない。ツイッターでやたら大げさに褒めたりしてるが、本心は違う。
しかし、記者会見の2時間後にはベトナムを発つとか早いなあ(笑)。もう情なんかないね。

また、金正恩は今回の会談は成功すると思い込んでたらしい。
北のメディアでは、「大長征」だとか言って盛り上げてたとか。ま「長征」も失敗みたいなもんだけど。
これで何も成果なくて帰ったらヤバイかもしれんなあ。制裁の解除が絶対条件のはず。「瀬取り」でやってる量なんてたかがしれてる。

韓国のムンジェインが勘違いさせたのではないかなあ。あの脳天気な表情とか見てると。
明日の、3・1運動100週年はどうなるのかなあ。



テーマ : 北朝鮮問題
ジャンル : 政治・経済

河津桜見物

♪青い海を見つめて、伊豆の山かげに、エリカの花は・・・
♪山をいくつ越えても、うすい紅いろの、エリカの花は・・・

いや、エリカの花じゃなくて河津桜を見てきた。1週間前。まあ、開花は6、7割とか言っていたが、実際は満開と言っても良かったかな。よく咲いていた。しかし、距離が長い。延々と続いていて、最後どころが、半分ぐらいでギブアプで引き返し。しかも通りの川側は桜なんだが、陸側はお店がずらっと並んでいる。まあ、これでもかこれでもってほどに。いろんなものを売ってる。私も、つい色々と買ってしまった。チーズを裏に挟んだ椎茸焼きとか、鮎焼きとか(笑)。ここで食わんでもいいだろうとも思ったが。まあ、お祭りみたいなもんで、なんとなく雰囲気だなあ。

河津桜は、1955年に飯田勝美氏によって発見されたらしい。74年に新種と認定された。下3枚が原木。
kawaDSC03108.jpg

kawaDSC03513.jpg

kawaDSC03109.jpg
こちらは横の方から。少し入っちゃったかも。しかしよく咲いてた。

kawaDSC03092.jpg

kawaDSC03085.jpg

kawaDSC03117.jpg

kawaDSC03494.jpg

kawaDSC03498.jpg

kawaDSC03489.jpg

kawaDSC03505.jpg

kawaDSC03484.jpg


テーマ :
ジャンル : 写真

京都橘高校吹奏楽部

旭川の永嶺高校のビデオを見てたら、京都の橘高校のマーチングバンドの演奏に気を惹かれた。
いやあ、すごい演奏だなあ、最初の方、トロンボーン、トランペットだけで、50人以上、そのあとの、ホルン、チューバで30ぐらい、打楽器で20ぐらい? 
さらにその後、あの白い印象的な、スーザホンで9人。これで9人なんて記憶にないなあ。せいぜい4人とかだろう。さらにその後のサックス、クラリネット、フルートが数十人、そうぜい150人以上、200人近くかな。







ところが、2011年頃には、バンドの総勢60名程度で、他校に差をつけられていたらしい。



いやあ、こういう練習は自分には無理だな。何かそういったものとは違う何かがないと。単なる音楽好きでは無理な気が。下を見ないで、特定の場所に戻るとか無理。絶対に無理。無理無理むりむりかたつむり(笑)。この中の誰かに会って、なにか具j体的な事を聞かないと、実際に行われたってのが信じられない(笑)。


聞き惚れてしまうな。

同じ演奏か。


スーザフォン、12kgもあるとか。
それかついで飛び跳ねるのか。




頭で判断してやってるのではなくて、体で覚えてるんだろうなあ。そういう動きに見える。













テーマ : 吹奏楽
ジャンル : 音楽

旭川永嶺高校の、BABYMETALカバー

この高校のカバーは前から知ってはいたが、どうしてもソリストの技術的な面で気になるので(笑)、あまり取り上げてこなかった。
しかし、このカバーは気に入ったな。全員で合唱している。
彼ら、彼女らの身の丈にあった歌だろう。自分がそんな舞台に立てたならきっと思い出に残ったろう。








テーマ : 合唱
ジャンル : 音楽

プロフィール

kifuru

Author:kifuru
FC2ブログへようこそ!
元のHPは"kifuruの長文系ページ"、http://kiyo-furu.com (政治詩文関係)と ”kifuruの写真音楽系ページ http://www.kiyo-furu.sakura.ne.jp/(写真音楽関係)に移転しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR